元販売員がWiMAXのW04を徹底解説!

 

2017年2月17日発売から販売している「W04」の特集記事です。

  • 「W04」のスペックや特徴
  • 11月1日から発売になった「WX04」との違い
  • どちらの方がおススメなのか?

を知りたい方のために、不明点やわかりにくい点は大元のUQに確認しながら、「W04」について解説していきます。

 W04のスペック徹底分析

HUAWEI製「W04」

下り最大速度708Mbps※

上り最大速度30Mbps

 

※下り最大速度について…W04で「ハイスピードプラスエリアモード」(au電波のモード)利用で最大下り速度が708Mbps、「ハイスピードモード」利用で一部エリアは最大下り速度が558Mbpsになります。(UQサポートセンター確認)でも、440Mbpsである時点で充分速いので、あんまり理論値の最大ばかり気にしなくても…とすしたろうは思います。サポートセンターの人も、「実測がどうかが重要なので、あんまり理論値だけを気にしないで下さいね><」と言ってました!

製品名SpeedWi-Fi NEXT W04
製造元HUAWEI(ファーウェイ)
対応ネットワーク・WiMAX 2+
・au 4G LTE
質量約140g
「NECのWX04は128g」
同梱物・USB3.0 Type C-A変換ケーブル(試供品)
「最近増えたUSB Cでの充電」
・取扱説明書
・保証書
外形寸法(mm)約H130×W53×D14.2mm
対応OSWindows10 ,8.1,7
Mac OS Sierra 10 .12
Mac OS X 10.11,10.10 ,10.9,10.8,10.7,10.6,10.5
Wi-Fi規格IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)11n/g/b(2.4GHz帯)
アクセサリ(別売り)・TypeC共通ACアダプタ01
「意外に落とし穴の別売りACアダプタなのでお忘れなく」
・MicroB-TypeC変換アダプタ
・クレードル(1000BASE-T/100BASE-t)
Body-SAR値0.553W/kg
本体色グリーン
「鮮やかな緑色をしています」
ホワイト

上の表は「W04」のスペック(性能)です。

気になる部分は、

  • 140gなので持ち運びタイプの中では重量はある方(「WX04」は128g)
  • USB C対応の充電(今までとケーブル形状が異なるが、ケーブルは同梱)
  • ACアダプタは別売り
  • カラーバリエーションは結構鮮やか

前回の「W03」は派手なオレンジ、横型でしたが、少し形状が変わりました。

※ACアダプタ別売りとは以前は、コンセント部分のACアダプタも箱の中に同梱で入っていたのですが、気づいたら同梱で入っているのは充電ケーブルのみになっていました…。「じゃあどうやって充電するの?」大丈夫です。同梱のUSBケーブルは、ルーターに挿す側は「USB C」という規格ですが、相手側は見たことがあるであろう、通常のUSBの形になっています。そのため、ケーブルだけであれば、PCから充電をもらうこともできます。コンセントから充電したい場合は、ACアダプタが必要になりますが、純正品はauショップで3000円とバカみたいに高いです。実はこの純正ACアダプタの代わりに、スマホやタブレットのACアダプタを差し替えて使う方がほとんどです。保証の対象外にはなりますので声を大にしては言えないですが、ご自宅にすでに左側の画像のようなACアダプタが転がっているなら、「充電できるかチャレンジしてみて、ダメならauショップで買う」という手もあります。(というかそれでいいと思います!)

 W04の最大の特徴は初の「縦型」

縦型のモバイルルーターは過去にe-mobile(現Y!mobile)で存在しましたが、WiMAXとしての縦型は「初」ですね。

スマホと同じ縦向きになったので、操作もしやすいです。

W04は4×4MIMO・CA両方に対応で高速通信

  • HUAWEI製では初の4×4MIMOに対応

データの送信側(基地局側)と受信側(ルーター)どちらにも4つのアンテナを搭載することで、複数のデータを同時に送受信できる技術。1人でやるより4人で作業した方がはやいのと同様、当然4つのアンテナでやり取りすることでWiMAXの超高速通信が実現します。

  • 従来のCA(キャリアアグリゲーション)にも対応

キャリアアグリゲーションとは、(キャリアの)複数の帯域を束ねて(アグリゲーション)同時に通信することで、高速通信を実現する技術の一つ。こちらは人では表現しづらいですが、図を参考にしてください。

この2つの高速通信技術が今回両方とも搭載され、440Mbpsの通信が更に強化されました。さらにエリアカバーのためにハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)も対応。当然ながらルーターは5GHz(無線LAN以外では使用されることがほぼない帯域)対応で、電子レンジなど、まわりの家電製品との電波干渉もしにくく安定した通信が可能です。状況に応じて2.4GHzとも切り替え可能です。

W04は専用アプリでルーターの通信状態を確認できる

お手持ちのスマホにHUAWEIの無料専用アプリ「HUAWEI HiLink」を使うことで、

  • ネットワーク状態(電波強度)
  • 接続端末
  • 通信容量

などの確認ができます。

いちいちルーターの画面を確認せずにスマホで状態を知ることができるので、とても便利です。

W04はNFC対応でHUAWEI機種同士なら初期設定もカンタンに

  • スマホ・タブレットなどの通信機器
  • ヘッドセット・スピーカー・TVなどのAV機器
  • マウス・キーボードなどのPC周辺機器
  • カメラやビデオカメラ
  • 活動量計・冷蔵庫・電子レンジ

など、メーカーはHUAWEIだけではなく、「NFC対応」さえしていればカンタンに接続することができます。

まだ国内ではそこまで浸透していない機能ですが、これから対応機器はどんどん増えていくと思います。

※NFC対応とは?…Near Field Communicationの略で、近距離無線通信技術です。ワンタッチ(触れるだけで)機器同士の認証ができるので、SSIDを選択したり、パスワード入力の必要がなくカンタンに接続することができます。目印は左記のNFCマークが目印です。

「W04」と最新機種「WX04」とどっちがおすすめなの?

ハイスピードモードはW04の方が速い

こちらはUQ公式発表の記事です。

ご覧の通り、ハイスピードモード(通常のWiMAX)での通信で、

W04は下り最大558Mbpsの通信が可能です。

  • 対応機種は今の所「W04」(WX04はアップデート等で対応するかは未定)
  • 最新のソフトウェアであること

が条件ではありますが、現状のWiMAX端末の中では、メイン回線となるハイスピードモード(通常のWiMAX)の下り最大速度がいちばん速いのは「W04」です。

今回WX04は4×4MIMO・CAに両方対応していますので、アップデートなどでもしかしたら今後対応になることもありえますが、現在ののWX04のハイスピードモードの下り最大速度は440Mbpsです。

速度が混在していてわかりにくかったのでUQのサポートセンターに問い合わせましたが、これが全てです。どこかのMVNOのサイト上で誤った表記がありました><

ハイスピードプラスエリアモードは「WX04」の方が速い

「W04の方がスピード速いのでは?」

たしかにW04の最大下り速度には708Mbpsと記載がありますが、これはハイスピードプラスエリアモード(auモード)の話。

「WX04はハイスピードプラスエリアモードで5GHz帯利用なら867Mbps」です。なので

「WX04の方が速いです。」しかもあくまでハイスピードプラスエリアモードは、ハイスピードモードが使えない部分のエリアカバー的な役割です。月間7GBまでの利用ということもあるし、あくまで月間制限なしのハイスピードモードがメイン回線と言えるでしょう。

結論=結局は最大速度では無く「実測」重視!

では、最大速度が速い「W04」の方がオススメなのか?

すしたろう的には、

  • 実測3〜5Mbpsくらいでてれば動画見るのもネットするのも快適です、オンラインゲームなどしない限り、それより速くても「速さに気づかない…」(すしたろうがばかなのだろうか…)
  • ビームフォーミング機能や、クレードル(別売)も強化されたので、実測は逆にWX04のほうが速度出やすいのでは?(実際は使う場所、帯域設定によっても異なります)
  • 個人的には使えないところがあると嫌なので、ハイスピードプラスエリアモードが無料になる3年契約がおすすめ。だから、内蔵バッテリー(付け替え不可)の「W04」よりバッテリー付け替え可能な「WX04」の方があとあとバッテリー持ちで悩むこともないのでは??

と感じました。

主観は人それぞれだと言えばそれまでですが、最大速度ばかり気にせず、

  • バッテリー長持ち
  • 省電力機能や本体が軽めなこと
  • バッテリーの付け替え可能

などの方が実際には重要だとすしたろうは思います。

使い勝手のいいところが「WX04」のポイントです。

なので、すしたろうはあくまで

「WX04」は過去最高の機種!いちばんオススメ!

ハイスピードプラスエリアモードは使わない!という2年契約の方の場合のキャッシュバックの特典が最大なのは「W04」。なので、使い勝手と、みなさまのお財布と相談して決めてね!LTEオプションは無料になる3年契約は「WX04」の方が高いよー。

キャッシュバックではなく、月々の料金が安いWiMAXのMVNOでは料金変わらないよ!

W04を契約するならどこがいい?

ご紹介の通り、機種の性能で言えば「WX04」がおススメです。

ですが、

「W04」はキャッシュバック金額がいちばん高いことがメリットです。

特に、

ハイスピードプラスエリアモード(auモード)が不要な方=2年契約の「W04」

を選択することで、いちばん安くWiMAXを使うことができます。

なので、いちばんおトクにWiMAXを使うための選択として、

「W04」を選ぶ場合のキャッシュバック金額を見てみると、(2年)

  • GMOとくとくBB(2年契約で33000円キャッシュバック)
  • BIGLOBE WiMAX(2年契約で13000円キャッシュバック)
  • 3WiMAX(2年契約で33000円キャッシュバック)

※11月時点でのキャッシュバック特典

など、契約する会社によってキャッシュバック金額は異なります。

その中でも、

2年契約×キャッシュバック×「W04」=GMOとくとくBB WiMAX

キャッシュバックするなら「GMOとくとくBB WiMAX」がいちばんオススメです!

GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバックで人気のWiMAXです。

  • 初回オプション加入が必須(もちろんあとからはずせます!)
  • サイト内がわかりにくい部分もあり…
  • キャッシュバックは11ヶ月後なので手続き必須

なのですが、そちらはwi-fiランド内の別記事に徹底解説してありますのでそちらをご覧ください!

GMOとくとくBB WiMAXへのお申し込みはこちらから

まとめ

いかかでしたでしょうか?

2017年2月17日発売の「W04」は、

  • W04の最大の特徴は初の縦型
  • W04は4×4MIMO・CA両方に対応で高速通信
  • ハイスピードモードは一部エリア下り最大558Mbps(WX04は440Mbps)
  • ハイスピードプラスエリアモードは下り最大708Mbps(WX04は867Mbps)
  • W04は専用アプリでルーターの通信状態を確認できる
  • W04はNFC対応で初期設定もカンタンに

オールマイティにこなせるスタイリッシュなモデルです。

元モバイルルーター販売員のすしたろう的には、特にバッテリーなどの部分を総合的に見て「WX04」推しではありますが、

「W04」は現状キャッシュバック額が一番高い機種

なので、みなさまもおトクにWiMAXを!

是非チェックしてみてください。

おすすめプロバイダー3選

初期契約解除制度について
2016年5月21日より初期契約解除制度が試行され、8日以内であれば契約先である電気通信事業者の合意なく契約解除できるようになりました。
これにより使えなかった時のリスクを考えることなく安心して契約できるようになりました。
※初期契約解除制度の詳細については各社公式サイトにて確認するようにして下さい。
1位

Broad WiMAX

月額最安級2,726円から!

Broad WiMAXの特徴はなんといってもその月額の安さ!月々2,726円からWiMAX2+を使うことができます。

毎月の出費を抑えたいという人におすすめのプロバイダーです!

最短即日発送も行っているのでスグ使いたいという人にもおすすめです!

今ならWEBからの申し込みで初期費用18,857円引きのキャンペーンを実施中!

※キャンペーン内容は急に変更になる場合があるので必ず公式ホームページで最新の情報を確認するようにしてください。

 

dui

2位

42,000円以上のキャッシュバック!

GMO とくとくBBの特徴はそのキャッシュバック金額!

時期よっては30,000円以上のキャッシュバックをやっていることも!

インターネット会社として有名なGMOが運営しているので安心して利用できるのも大きなポイントです!

また、GMOとくとくポイントを毎月もらうことができ、そのポイントをそのままとくとくBBの支払いに使うこともできます。

※キャンペーン内容は急に変更になる場合があるので必ず公式ホームページで最新の情報を確認するようにしてください。

 

biufa

3位

サポートが充実!

こちらもインターネットのプロバイダとして有名なso-netが運営するWiMAXです。

SonetのWiMAXは土日でもメールやFAX、電話でのサポートに対応しています。

また、ウィルス対策ソフトも12ヶ月間無料で使えるのでインターネットをする際にセキュリティが不安な人も安心して使うことができます!

※キャンペーン内容は急に変更になる場合があるので必ず公式ホームページで最新の情報を確認するようにしてください。

 

yuefo