【まだ契約しないで!】WIMAX契約前の最終確認するべき7つのこと

「間違った契約はしたくない」

当たり前のことですが、

誰でも間違った契約は避けたいものです。

このページでは契約前、契約後のことを考えて基本的なことから最終の確認事項として7つのことに触れています。

知っていることがほとんどだと思いますが、

契約前の最終Checkだと思ってご覧いただければと思います。

1.WiMAX(モバイルルーター)か光ファイバーを選ぶ境界線

境界線は何と言ってもこの2つ!
この境界線を越えるようであればWiMAXはおすすめしません。

  1. 3日で10G制限は問題ない?
  2. オンラインゲームやPS4などをがっつりやりたい場合

①3日で10G制限は問題ない?

これがクリアーすれば大半の方はWiMAXを選んでも大丈夫です。
ご存知の方も多いとは思いますがおさらいとしてご覧ください。

3日間で10GB以上利用の通信制限

速度制限データ量直近3日間10G以上(WiMAX2+とau 4G LTE合計値)
制限のかかる時間帯4日目の夕方18時〜翌夜中2時
制限後の最大通信速度 おおむね1Mbps

※2018年2月時点
※夜中の2時前より継続して利用している場合は速度制限が続いてしまいます。その場合の解消方法は一度回線を切断するようにすれば大丈夫です。

では3日10GBのWiMAXで何ができるの?

内容データ量10GB1日平均
メール送受信(添付ファイル付き含む)約500KB/1通約62700通約20900通
ニュースサイトなどの閲覧約300KB/1ページ104700ページ34900ページ
音楽のダウンロード約4KB/1曲約2500曲約833曲
高画質の動画約60MB/5分約13時間約4.3時間
標準画質の動画約3.5MB/5分約47時間約15.6時間

表をご覧いただいた通り1日でできる量が多いことがわかります。
Web閲覧やメールなどは蚊に刺されるほどですので問題はないはずです。
あとは使用レベルと利用人数で考えなくてはなりません。
平均的な使用レベルであれば2人〜3人までであればまかなえるはずです。

一番利用の多いサービス、データの大きいYouTubeをもっと詳しく

画質

データ量
(5分)

10G 1日平均
超高画質  HD1080約113M約7時間 2.3時間
高画質      HD 720約60M約13時間 4.3時間
適正画質   SD 480約23.3M約35時間 11.6時間
標準画質   SD 360約17.5M約47時間 15.6時間
低画質      SD 144約10M約83時間 27.6時間

※ 超画質である1080pがBlu-ray相当
※高画質720pがDVD相当
※スマホで見るなら480pで十分

画質別の体感レビュー

2160p綺麗!4Kコンテンツは少ない
1080pBlu-ray相当
720pDVD相当 キレイな画質で見れる
480pスマホだったら十分な画質
360p映像として見れるレベル
240p荒い映像
144p 結構荒い

4K画質2160pなども存在していますがコンテンツが多くはありませんが、
用途的には必要な方は光ファイバーを選ぶようにしてください。
※光ファイバーといえど住んでいる環境によって混雑状況の時間帯など速度が出ないという事例も多々ありますので注意が必要です。

あくまで個人の感想ではありますがスマートフォンでYouTubeを見る際は番組によりますが480p以上であればいいなとは感じています。ミュージックや音声コンテンツなどはもっと低くても問題ありません。テレビ番組系コンテンツは480p、映画やアニメなどは720pあると良いかもしれません。またテレビなどに大きく映し出す際はそれよりも高い画質がないと荒く見えてしまいます。ちなみにYouTube画質がどうなっているかを見る方法はスマホは右上の設定項目から、パソコンは右下からご覧ください。

②.オンラインゲームやPS4などをがっつりやりたい場合

全てがダメなわけではありませんが、
自宅の電波状況などにもよりますがping値というのがとっても重要。

ここについては別ページにわかりやすく書いているのでそちらご覧ください。

>>WiMAXでPS4などのオンラインゲームを快適に遊ぶことはできるのか?

以上がWiMAXと光ファイバー選びの境界線でした。

いかがでしたでしょうか?

もしこの時点でこれは無理そうだ!という方は光ファイバーに変更してくださいね。
利用者の使用用途や使用レベル、何を優先して行くかが大切な判断材料になるはずです。

もし境界線を越していなければ、
間違いなくWiMAXはおすすめです。

最近はスマホのデータ量も右肩上がり状態です。
そんな時にほぼ制限なしのWiMAXを手に入れることで、移動中の合間などでもちょっと贅沢な使い方ができるようになります。

何よりスマホの料金プランの見直し・話題の格安スマホにも心置き無く変更することができるので、
毎月の通信料金もさらに安くすることができます。
まさに一石二鳥ですね!

2.WIMAXエリアは大丈夫?

まだエリアチェックをしていない方は調べて見てください。

WiMAXは固定の光ファイバーとは異なり電波を利用します。
簡単にいえば携帯電話と固定電話の違いと同じです。

当たり前なことですが電波が入らないことには利用はできません。

エリアの確認方法は2通り

  1. 全体のエリアを見る方法
  2. ピンポイントでエリアを見る方法

移動時のエリアを見る場合は全体エリアを検索して、
自宅の電波を見る場合はピンポイントを見るようにしてください。

このエリア判定はこれで大丈夫!と言うものではないと言うことを理解しておいてください。

ピンポイントエリア検索方法

自宅での電波状況がどうなっているかはピンポイントエリア検索をしてください。

WIMAXの◯×判定の見方

1段階  ✖ これはダメです
2段階 ✖〜△ おすすめしません
3段階  △ これは建物の向きや構造、地形などが問われます。
4段階 △〜◯ これであれば上々です
5段階  ◯ 良いです。

自宅回線としての利用を考えている場合

判断ラインとしては4段階 △〜◯です。
3段階△ については試して見るしかありません。

WiMAXエリア評価の基準

近くに海や山、林、坂道、高層マンションが立ち並んでいるなどはマイナス判定になるようです。
例えば近くに海があったりするとその方面にはアンテナは0ってことになりますよね。逆に四方八方から電波が入ってくる場所であればその分繋がりやすくなるということです。

また建物構造や階数などによっても変わります。階数については30階でも利用できたと言う話も耳にはしますが、基本的には電波を利用する場合は高層階は弱いと言われていますので備え付けのインターネット回線などに委ねたほうが無難です。

いずれにせよ、
まずは試してみてから考えたほうが良いのだと思います。

また一本化を考えている方も注意すべきことがあります。
たまにWiMAXを契約したからとすぐに光ファイバーを解約する人もいますがこれはおすすめいたしません。

仮に電波が入らなかった時がめんどくさいことになりますので、
間違っても慌てて光ファイバーなどを解約しないようにいたしましょう。

仮に電波状況が悪かった場合は初期契約解除(クーリングオフに似た制度)が8日以内であれば適用できます。
解約金無しで契約を辞めることができる消費者の強い味方です。

初期契約解除制度
- 平成28年5月21日施行の改正電気通信事業法令 -
インターネット回線を契約をしたものの、自宅では電波の入りが悪く正常にサービスを利用できないといった場合、端末を返品して回線を解除できる、クーリング・オフに似た制度です。

 

3.WiMAX端末選びを間違えない!

簡単にまとめると持ち出し予定はなく、
単純にインターネット回線の工事などの費用や手間をかけたくないという人はL01ないしL01がおすすめです。
ずっとつけぱなしになる場合は内蔵バッテリーでないことでバッテリー膨張などを避けられるからです。

持ち運びのできるルーターとしては、
現行モデルとしてはW05とWX04があります。
あとは旧モデルであるWX03やW04など在庫次第、またプロバイダーによって取り扱いがあるところないところがあります。
ここでは一番新しいW05とWX04について簡単に話します。

  • バッテリーや機能重視の方はWX04
  • 速度重視の方はW05

単純な機能だけを見た比較となると甲乙つけがたです。

WX04については多機能なのでおすすめするところは多いですが、
ユーザーの評判でも回線が安定していないという声がありましたので自身でも調査してWX04の回線の不安定さは私も確認しております。

ただ先日公開された
2018年2月22日 WX04 最新のバージョン1.5.0
これを入れることにより回線が安定しました。

Speed Wi-Fi NEXT WX04 アップデート情報

データ通信端末「Speed Wi-Fi NEXT WX04」につきまして、下記の通り「オンラインアップデート」を公開しております。アップデート内容および注意事項をご確認いただき、アップデートを実施いただきますようお願い申し上げます。

1.主な改善内容

以下の事象が改善されます。

1. Wi-Fi通信の安定性の改善
2. 特定環境化における通信速度の改善

※更新されるソフトウェアには、上記以外に、より快適にWX04をご利用いただくための改善内容が含まれております。

2.アップデートに必要な時間

更新時間は次の通りです。
アップデート方法
更新時間
アップデートファイルサイズ
WiMAX 2+/LTE利用
約6分
約50MB
※お客様のご利用環境や回線の状況により異なります。

その後は調子は良さそうですが、それでも不安であればW05を選んでおくと良いでしょう。

4.WIMAXプロバイダー選びに関して

プロバイダー選びをする上で悩むところがあります。

それは、「トクトクBBのようなキャッシュバック型」のものもあれば、

「broadwimaxのような月額還元型」もあります。

実際はどちらを選ぶべきなんでしょうか?

一見お得なキャッシュバック型がインパクトは大きいのですが、
私は月額還元型であるプロバイダーが良いのではないかと考えています。

料金が安いというだけが全てではないと考えているからです。

多少の金額が負けていても「 確実なお得さ 」というものをおすすめします。

キャッシュバック型であるトクトクBBについて

もしあなたが、
トクトクBBを検討しているのであれば、お得さであれば間違いがありません!
ただしキャッシュバック型であるならばそのリスクを考えなければなりません。

それは、
『11ヶ月後の一通の申請メールを待って、手続き後にキャッシュバックを受け取る』
一見簡単のようです。

しかし、

「 1年近く 」「 待つ 」「 意識をする 」というのは大きな負担となりますし、

申請を忘れたら 」「 全てがなくなるリスク 」があります。

30000円を超えるキャッシュバックがあったとしても忘れる可能性があればもらえないことがあります。 月々料金が安くし「 確実なお得さ 」を得ることが返って良いのだと思います。

月額還元型であるbroadwimaxについて

broadwimaxを検討しているあなたはそのまま決めて良いと思います
最大のメリットは「 月々の料金が安い 」ということ、後々の「 手間が少ない 」ことがあげられます。

あえてbroadwimaxに対して気になることを言えば初期費用18857円がかかるというところです。これはbroadwimax特有のもので他のプロバイダーでは請求される費用ではありません。ただこれはWeb限定で費用がかからなくなるのですが適用されると契約期間内にやめる時の解約金に9500円が上乗せされてしまう仕組みです。

とはいえこういった仕組みは、
au公式であれ、トクトクであれ、So-netやBIGLOBEでも言えることでプロバイダー特有の契約がうまく組み込まれているものです。

純粋にWiMAXのサービスを利用したい方はお得さとして少々負けたとしてもbroadwimaxを選んでも良いかと思います。
あまり手間がかかりませんし、お得さも満足できるレベルです。

実際に自身がいくら払うかを知ることです。
プロバイダーを運営している会社はあの手、この手で契約数を伸ばそうと奮闘しています(笑)
そのカラクリを見抜き、お得な買い物や契約をして行きましょう!

プロバイダーによっては他ではかからない費用を契約に組み込んでいることもあります。
それが後でどのように影響してくるのかも見越していかなければなりません。

broadwimaxの費用
端末代0円
事務手数料3000円(税抜)
最大3ヶ月月2726円(税抜)
4ヶ月〜24ヶ月月3411円(税抜)
25ヶ月〜36ヶ月月4011円(税抜)
契約期間 3年 

※LTEモードが無料で利用することができます。

もしあなたがbroadwimaxを選ぶ際に注意すべきことは、

いらないオプションは解約しましょう!ってことです。

5.オプションが不必要な場合の解約方法とタイミングを知る

不必要なオプションは解約し忘れるとこれほどもったいないことはありません。

契約時の条件にもなっているオプション契約。
その中にはいらないオプションというのが必ず紛れ込んでいたりします。

その解約方法とタイミングについてお話をして行きたいと思います。

トクトクBB WIMAXのオプション条件

いずれかを選ぶ
●安心サポート(月額300円/税抜)●安心サポートワイド(500円/月)
最大2ヶ月無料 初月無料 2ヶ月目200円

 

Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプション(月額362円/税抜)
 最大2ヶ月無料

※チェックを外せないようになっています。
※最低利用期間1ヶ月

トクトクBBは電話がないので自身でマイページから解約することが必要です。

マイページにログインする

次にBBnaviを開く

ログイン

ここからログインをしたら、

サービス・オプションの削除解約の項目から解約したいオプションの「 削除 」ボタンを押してください。

ただある一定の期間が立っていないと削除ボタンがない場合があります。

Broad WIMAXのオプション条件

安心サポートプラス(月額550円/税抜)MyBroadサポート(月額907円/税抜)
2ヶ月無料 無料なし

※MyBroadサポートは1ヶ月目はかかります。

商品が届いたらBroadWIMAXのサポートに連絡していらないオプションを解約してください!

解約窓口 0120-001-827
(11〜18時 月〜土/年末年始は除く)

6.到着後に電波が入らなかった時の初期契約解除の適用条件

申し込んで終わりではありません。
実際に自宅で試してみないとまだ安心はできません。

まずはパソコンやスマートフォンなどを設定してください。

WI-FI設定が不安な方はこちら

問題なく電波が入って使えれば良いのですが、
稀に使えないこともあるということを覚悟しておくべきです。

「電波入らなかったらどうするの?」

「満足できないんだけど!」

安心してください。
仮に使えなかったとしても初期契約解除制度というものが用意されています。
いわゆるクーリングオフに近いもので8日以内であれば解約料金なしで解除できます。

ただ初期の手数料や日割りなどは負担が必要です。
その際必ず端末の返却が必要なので、送られてきた箱や本体の取り扱いに注意してください。

注意すべきことは、
20日間とかありますがあれは極力避けたほうが良いと思います。
あれはまずエリア判定で○判定がなされていることが条件、そして同社で他のサービスを契約することが条件となっていたりします。
あえて選択肢を狭めなくても良いと思いますので、ダメだと思ったらすぐにサポートに連絡をしてください。

到着次第、満足いただけなかったら条件なしに初期契約解除できます。

7.端末の設定方法を知らないと損をする

端末の使い方はマニュアルを見ればわかるはずです。

ただその中で知っておいたほうが良い設定方法があります。
知らないで使っていると損しているってこともありますからね。

ハイスピードプラスエリアモードをしっかり活用しよう!

最新のW05やWX04のWiMAXのルーターは、

上限なしのWiMAX回線以外に「 au 4G LTE 」を利用することができます。

WiMAXの強みは何と言っても、
上限が無く通信を利用できるということです。

しかし周波数が高いということもあり、
建物や移動中など繋がりやすさではau 4G LTE回線には負けてしまいます。
そんな時にこの機能の出番となります。
W05なら通信モードの切り替えを行ってください。WX04であればワンタイムボタンを押してください。
7Gまでだったら通信は利用できるので使えるところまで使いましょう!

通信量カウンターのおすすめ設定

通信量カウンターといって使用した分のデータ量をカウントする機能があります。
これをLTE回線を利用した時だけカウントされる設定をしましょう!
カウンターの容量についても6Gに設定をしておいてください。
1G分は余裕を持たせておかないと、万が一7G超えてしまうと制限なしのモードも制限がかかってしまいます。

5GWi-Fiを活用しよう

Wi-Fi接続するには2通りの方法があります。
2.4Gと5Gのいずれかで接続することができます。あくまで5Gに対応した機器を持っている場合に限ります。
この接続を5Gで接続することで速度が早くなる場合があります。
これは知っている人からすればごく当たり前のことですが、知らずに2.4Gのみで利用している人が以外に多いのが現状です。

最近の機器は5Gに対応していることが多いので、ぜひお試しください!

まとめ

いかがだったでしょうか?

WiMAXの契約にあたり最終確認はこれで大丈夫ですね!

最初に話した通り、

境界線をクリアしていること、

そして電波さえ入ることさえ確認できればWiMAXは本当におすすめなインターネット回線ですね。

 

あとは実際に利用してみてご自身で納得できるかの最終チェックをしてみてください。

ダメだったらすぐに初期契約解除です。

それではおすすめプロバイダーをご覧ください。

初期契約解除制度について
2016年5月21日より初期契約解除制度が試行され、8日以内であれば契約先である電気通信事業者の合意なく契約解除できるようになりました。
これにより使えなかった時のリスクを考えることなく安心して契約できるようになりました。
※初期契約解除制度の詳細については各社公式サイトにて確認するようにして下さい。
1位

Broad WiMAX

月額最安級2,726円から!

Broad WiMAXの特徴はなんといってもその月額の安さ!月々2,726円からWiMAX2+を使うことができます。

毎月の出費を抑えたいという人におすすめのプロバイダーです!

最短即日発送も行っているのでスグ使いたいという人にもおすすめです!

今ならWEBからの申し込みで初期費用18,857円引きのキャンペーンを実施中!

※キャンペーン内容は急に変更になる場合があるので必ず公式ホームページで最新の情報を確認するようにしてください。

 

dui

2位

42,000円以上のキャッシュバック!

GMO とくとくBBの特徴はそのキャッシュバック金額!

時期よっては30,000円以上のキャッシュバックをやっていることも!

インターネット会社として有名なGMOが運営しているので安心して利用できるのも大きなポイントです!

また、GMOとくとくポイントを毎月もらうことができ、そのポイントをそのままとくとくBBの支払いに使うこともできます。

※キャンペーン内容は急に変更になる場合があるので必ず公式ホームページで最新の情報を確認するようにしてください。

 

biufa

3位

サポートが充実!

こちらもインターネットのプロバイダとして有名なso-netが運営するWiMAXです。

SonetのWiMAXは土日でもメールやFAX、電話でのサポートに対応しています。

また、ウィルス対策ソフトも12ヶ月間無料で使えるのでインターネットをする際にセキュリティが不安な人も安心して使うことができます!

※キャンペーン内容は急に変更になる場合があるので必ず公式ホームページで最新の情報を確認するようにしてください。

 

yuefo