野良WiFiの危険性!フリーWiFiとの違いを知っていますか?

突然ですが、あなたは知らない人にLINEや位置情報をみられたり、いつの間にかスマホを乗っ取られることを考えたことがありますか?

「そんなドラマや映画みたいなこと……」

と思われるかもしれませんが、実はこれ、実際に今問題になっている上に日常茶飯事なことなんです。

あなたの個人情報も知らないうちに観られ、流出しているかも……。

今回は個人情報を守るために知っておきたい野良Wi-Fiについてと、フリーWi-Fiとの違いを解説します。

知らないうちに個人情報を流出させちゃう前に是非ご一読ください。

とよ
この記事はためになりますよ!

野良Wi-Fiとは

野良Wi-Fiとは、簡単に言うと【提供者不明のWi-Fiサービス】のことです。

外を歩いていると見知らぬWi-Fiをキャッチすることはありませんか?

「利用可能なネットワークを検知しました」

そんな通知が出て、「ラッキー♪」と思わず繋いでしまったことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし野良Wi-Fi、場合によっては個人情報を抜かれる可能性がある危険なWi-Fiなので注意が必要です。

野良Wi-Fiが危険な理由

私たちが普段使えるカフェなどのフリーWi-Fiは、パスワードを入力して使用することが多いですよね。

パスワードは通信の暗号化に必要なものなので、面倒でもパスワードがある方がセキュリティ上安心なのです。

しかし野良Wi-Fiはパスワードなども必要なく、スムーズに接続できてしまいます。

パスワード入力が不必要な野良Wi-Fiは通信の暗号化をそもそもされていないので、個人情報流出のリスクが高いと見ていいでしょう。

暗号化されていない通信は、通信について少しでも勉強している人なら簡単に覗けますし、場合によっては知らないけど検索して調べるだけで覗けます。

野良Wi-Fiについ繋いじゃっただけでも個人情報を覗きたい人にあなたの通信が見られ放題になってしまうリスクは無視できませんね。

野良Wi-Fiを提供する人とはどんな人?

こんなに危ない野良Wi-Fiを提供するのはどんな人なのか、考えられるのは3パターンです。

  • 誰でも簡単に使えるように善意で提供している親切心のある人
  • 設定を間違えて野良Wi-Fiにしてしまっているおっちょこちょいな人
  • 個人情報を抜く目的で野良Wi-Fiを提供している悪い人

野良Wi-Fiを大きく分けると、善意・無意識・悪意に分けられます。

みんなに使ってほしくて善意で提供されている公衆Wi-Fi、設置した人が間違えてパスワード無しで提供してしまっている無意識の野良Wi-Fi、そして個人情報を盗むために罠として提供されている悪意の野良Wi-Fi、しかし実は分けたとしてもこれに意味はありません。

何故なら野良Wi-Fi提供に悪意があってもなくても、パスワードがなければ暗号化されていない通信なので、提供者以外でも誰でも簡単に覗き見れてしまうからです。

そう、提供者に悪意がなかったとしても、あなたの個人情報は危険に晒されちゃうわけですね。

とよ
悪意のある人は、誰でも利用できるWi-Fiを立て、接続した人がデバイス上でやり取りしたデータを傍受しています。以前、こんな動画を見ました。その動画の企画は鍵無しWiFiを町中で立てたら「どれくらいの人が知らずに接続して来るのか?」という実験です。この結果多くの人が無料でWiFiが利用できると、飛び乗ってきている光景でした。実際に悪意のある人はデータ傍受して何をするのか?それはオンライン口座などのログイン認証情報を盗んだり、SNSなどにログインした際にアカウント情報を盗んだり、いろんなことがなされています。この泥棒行為自体は高度なプログラミングが必要ではないようです。海外などではハッキングする方法の動画があふれ、ハッキング用のアプリもあるようです。ほんと怖いですね^^;

良い野良Wi-Fiと悪い野良Wi-Fiというものはなく、野良Wi-Fiは全て危険

パスワードが設定されていない野良Wi-Fiなら、誰でも簡単に覗き見れてしまうことを上で言及しましたが、ここまでで既にお気づきの方もいらっしゃるように良い野良Wi-Fi、悪い野良Wi-Fiというものも実は存在しておらず、全ての野良Wi-Fiはセキュリティ的に危険であることをお判りいただけたでしょう。

中には毎月のギガ接続のためにあえて野良Wi-Fiを活用しているという方もいらっしゃるかもしれませんが、流出してはいけない個人情報が少しでもあるのなら、野良Wi-Fiは利用しない方が賢明です。

しかしここで敢えて良いWi-Fi・悪いWi-Fiを分けるとすれば、悪意のない人が提供する野良Wi-Fiと悪意がある人の提供する悪い野良Wi-Fiですね。

どの野良Wi-Fiでも覗き見られる可能性はありますが、この中でも最悪なのがWi-Fiを通じてのスマホやパソコンの乗っ取りです。

悪い野良Wi-Fiは接続した機器にウイルスを送るといった罠をしかけてある可能性もあり、簡単にスマホやパソコンを無自覚なまま乗っ取られてしまう危険性がありますから、どんな野良Wi-Fiであっても乗っ取りやウイルスなどの危険性を考えておく必要があります。

野良Wi-FiとフリーWi-Fi、どう違うの?

野良Wi-FiよりもフリーWi-Fiの方が聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

ここまでの解説を見ると、フリーWi-Fiと野良Wi-Fiは同じように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この2つには大きな違いがあります。

それは「提供者」が「判明」しているか「不明」かの違いです。

フリーWi-Fiはカフェや商業施設、スーパーなどで提供されている提供者が明確なWi-Fiで、中にはパスワードが必要ないものもありますが多くがパスワード必須のWi-Fiです。

一方野良Wi-Fiは誰が提供しているのかわからない、パスワード不要のWi-Fiですね。

言わずもがな、パスワードが設定されていて更にWi-Fiの名前の横に鍵マーク(🔏)がついているフリーWi-Fiなら野良Wi-Fiと比べて安全と言えますが、それでもパスワード付の暗号化が甘いWi-Fiもありますので、フリーWi-Fiは野良Wi-Fiとは違うけれども確実に安全というわけではないことを留意しておきましょう。

とよ
重要なデータなどを扱う際は独自のWiFiで利用するのがいいでしょう。簡易的であればテザリングもいいでしょうし、大きなデータを扱うのであればデータ使用量に上限のないWiFiルーターなどを選ぶのもよいかもしれません。

もし野良Wi-Fiを使ったらこんな【危険】があります

「もし野良Wi-Fiを使ったら」

考えられる危険性をここでは紹介します。

野良Wi-Fiで被害を受ける例には以下のようなものがあります。

  1. 覗き見されて仕事のデータが漏れる
  2. SNS乗っ取り!知り合いが詐欺に……
  3. カード情報流出、勝手に買い物やお金を引き出される
  4. LINEメッセージや電話履歴を見られる上に盗聴の恐れも
  5. GPS機能を使い場所特定・監視される
  6. 遠隔操作で自宅を盗撮……一人の時間を特定されて犯罪に発展することも
  7. 乗っ取られた上にサイバー攻撃の踏み台に使われ知らないうちに犯罪者になる
  8. 架空請求・アダルトサイトの迷惑メールが急に沢山届くように
  9. ウイルスを送り込まれ個人情報が駄々洩れに

ざっと見るだけでもなかなか怖い例の数々ですが、もっと詳しくみていきましょう。

危険性1.覗き見されて仕事のデータが漏れる

スマホは今では生活に欠かせないツール、中には仕事にも欠かせないという方も少なくないでしょう。

資料を写メして送ったり、重要事項をメールで送信したり、取引先との連絡もスマホを使う場合もあるかと思いますが、そんなスマホを覗き見されたらどうなるか……想像してみてください。

社外には出せない情報を覗き見されたら……とても大変な事態になることがわかるかと思います。

お客様の個人情報や社外秘情報を漏らしたとして訴訟に発展するケースもあるので、覗き見はたかが覗き見、されど覗き見で中々リスクが高いのです。

危険性2.SNS乗っ取り!知り合いが詐欺に……

TwitterやInstagram、FacebookなどSNSで活動をされている方も多いですが、覗き見されることでSNSアカウントやパスワードがバレ、乗っ取りにあうこともあります。

乗っ取りに合うとあなたと繋がりがある人にあなたのアカウントでDMが送られ、詐欺事件に発展する場合も……。

例えば知らない人から怪しいメールがきても開かないという人が大半でも、知っている人からのメールなら例え怪しい内容でも開いちゃう人、少なくないのではないでしょうか。

人が良い人なら「この人が困っているなら……」と、詐欺なのにお金を渡してしまうこともあるかもしれません。

SNSを乗っ取られるとあなたと繋がりがあるというだけで多くの人が危険に晒されます。

危険性3.カード情報流出、勝手に買い物やお金を引き出される

スマホやパソコンの情報を見られるという事は、カード情報が流出してしまう可能性も示唆されます。

ネットでお買い物をしたことがない人の方が少ない昨今、ワンクリックで商品を購入できちゃうショッピングサイトもありますよね。

クレジットカードなどと繋げていたりすると、そこから覗き見した人がスマホやパソコンなどを操作し買い物もできちゃいますし、カード情報を奪ってお金を引き出したり勝手に買い物をされちゃうことも。

あなたには身に覚えのない支払いが降りかかることもありますので注意したいところです。

とよ
このケースではないですが、僕もカードを不正利用された経験はあるので、怖さは身に染みてます

危険性4.LINEメッセージや電話履歴を見られる上に盗聴の恐れも

覗き見されるということは、LINEメッセージや通話履歴も見られちゃうという事です。

個人的な内容を知らない人に自由にみられるのは良い気もしませんし、個人的な内容なのに世界中にばらまかれる可能性だってありますから「ただ見られるだけ」「聞かれるだけ」というのも怖い話です。

危険性5.GPS機能を使い場所特定・監視される

GPS機能を使って場所を特定されることもあります。

場所を特定されるということは、監視されやすくなるということ。

「別に場所特定とか監視されたって何が危険なことはないだろう」

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、場所を特定されるということは自宅も特定されやすくなるということであり、あなたが家にいない時間を見計らわれるということでもあるのです。

俄然、空き巣のリスクが高まります。

GPS機能は便利ですが気を付けたいですね。

危険性6.遠隔操作で自宅を盗撮……一人の時間を特定されて犯罪に発展することも

技術のある人なら覗き見以外にもカメラを遠隔操作することだってできます。

カメラを操作することができるということは、一人の時間をも特定されやすくなりそれが犯罪に繋がってしまうこともあるのです。

女性の一人暮らしもそうですが、男性の一人暮らしだって覗き見されたら危険です。

カメラの遠隔操作は犯罪に繋がりやすいですし、そもそも何か思う所がなければ遠隔操作で盗撮なんて考えませんからそうならないために野良Wi-Fiは避けた方が良いですね。

危険性7.乗っ取られた上にサイバー攻撃の踏み台に使われ知らないうちに犯罪者になる

スマホを乗っ取られてサイバー攻撃の踏み台に使われてしまうと、あなたが犯罪者として特定されてしまう可能性だってあります。

寝耳に水でも、あなたが実際に関わりなくても「関係者」として調べられてしまう可能性もありますから、乗っ取りは重大な問題として捉えておいた方が良いですね。

危険性8.架空請求・アダルトサイトの迷惑メールが急に沢山届くように

あなたの個人情報がもれるということは、あなたのメールアドレスや住所も相手に知られるという事でもあります。

となれば、これが詐欺師にわたるとあの手この手であなたを詐欺に陥れようとするわけですね。

警視庁の特殊詐欺認知・検挙状況を見てみると、令和3年1月に検挙件数468件、被害総額1,800,964,690円……とんでもないですよね。

「私だけは絶対に詐欺に合わない」

そう思っても、詐欺にあった人だって「詐欺にひっかかろう」と思って詐欺にあったわけじゃないので、いくら詐欺に合わない自信があったとしても絶対はない以上、詐欺リスクを下げておいた方が良いと言えるでしょう。

個人情報が詐欺の現場で使われないように、野良Wi-Fiは使わない方が良さそうです。

危険性9.ウイルスを送り込まれ個人情報が駄々洩れに

パソコンなどはウイルス対策をしているけど、スマホはウイルス対策をしていないという方、結構いらっしゃるかもしれません。

しかし実はスマホにもウイルス問題、ありますので注意が必要です。

覗き見された場合、覗いた人だけに個人情報が渡りますが、ウイルスを送り込まれた場合はネットの海にあなたの情報を無尽にばらまかれる可能性もあるのです。

ウイルスをばらまく人の中には、ただの愉快犯という場合もありますから、遊びであなたの個人情報をばらまかれることだってありえます。

正直よしてほしいですが、こういうことは実際あるので注意したいですね。

まとめ

野良Wi-Fiはパスワードも必要なく自由に使えるので便利ですが、そんなメリットよりもリスクの方が高いので使わない方が良いですね。

今回紹介した野良Wi-Fiの危険性はどれも現実味のないもののように思えたかもしれません。

しかし、実際におこりうることばかりなので、野良Wi-Fiには注意してください。

中には「こんな個人情報を掴んだ、ばらまかれたくなければ○○円振り込んで」というような要求メールが届くこともありますから、余計な不安に脅かされないためにも野良Wi-Fiはよほどのことがない限り使わないようにしましょう。

更新日付が最終情報となっておりますのであらかじめご了承くださいませ。各公式ページでご確認お願いいたします。

WiFiランド編集部
カフェ

■WiFiランド編集部メンバー(とよ・ユメコ・まっすー)
記事は(とよ・ユメコ)が中心に書いています。僕が書いていなくても吹き出しで参加したり監修していたりするよ^^
まっすーは裏方で、ほかのメンバーも複数いるんだ。

WiFiランドは家電量販店歴18年(主にパソコン・インターネット回線・スマホ)のトヨが初心者から上級者、学生から高齢者まで8万件を超える接客をしてきた経験をもとに発信をしているサイトです。

≫≫とよの自己紹介はこちら

Twitterやインスタのフォロー待ってるよ!そこからのメッセージとかもOKなのでジャンジャン送ってね。
それとYouTubeも始めることにしたよ♪
「※まだ準備中なのでしばらくお待ちください!」
あまり表にでるタイプの人じゃないから緊張するけど、勇気振り絞って頑張るとするので応援よろしくね!