BroadWiMAXの評判は?契約前に口コミを確認して失敗を防ごう!

※当サイトで取り扱っている情報については、料金やキャンペーンなどを含め急に内容が変更になる場合があります。必ず各社公式サイトで最新の情報を確認するようにしてください。

テレワークやオンライン授業などで家に通信回線を引きたいという人が増えていますよね。なかでも光回線のような工事が不要で、料金も安いWiMAXは人気が出てきています。

「WiMAX」で検索すると上位に出てくるBroadWiMAXは、はじめてWiMAXを契約する人に選ばれることも多いようです。

しかしBroadWiMAXの評判を検索すると、「速度が遅い」「解約金が高い」など不安になるような口コミが散見されます。

ここではBroadWiMAXの悪い口コミの真偽や、こうした口コミが増える理由、うまく利用する方法などを解説していきます。

BroadWiMAXとは?

BroadWiMAXはリンクライフが提供しているWiMAXのプロバイダです。

WiMAXにはたくさんのプロバイダがあるものの、使っている回線は基本的に同じ「WiMAX2+」というものです。

回線自体はどのプロバイダも同じものを使っているので、プロバイダによってWiMAXの通信速度が大きく変わることはありません。

またリンクライフというと「名前を聞いたことがない」という人も多いと思いますが、格安スマホの「UQモバイル」などさまざまな通信サービスを提供している、きちんとした届出電気通信事業者なので安心です。

BroadWiMAXの評判が悪いのはなぜ?

「BroadWiMAXってどうなの?」と思って口コミを確認してみたら、評判が悪くて驚いたという人も多いのではないでしょうか。

WiMAXは先ほど触れたとおり、基本的にはどのプロパイダも同じ回線を利用しているので、実際にはどのプロバイダを選んでもそれほど大きな差はありません。

BroadWiMAXやGMOとくとくBBは、WiMAXのプロバイダの中でも「料金の安さ」や「キャッシュバック」で有名なので、WiMAXというものをよく理解していないユーザーがなんとなく契約して「こんなはずじゃなかった…」となることも多いのかもしれません。

BroadWiMAXの口コミを調べてみたところ、大きく分けて3つの悪い評判がありました。

  • BroadWiMAXは速度が遅い!という口コミ
  • BroadWiMAXは解約時に違約金が高い!という口コミ
  • BroadWiMAXはサポートサービスが悪い!という口コミ

上記の評判は本当なのでしょうか。またBroadWiMAXをうまく利用するにはどうすればいいのでしょうか。BroadWiMAXを契約する前に、簡単にチェックしてみましょう。

【評判その1】BroadWiMAXの速度が遅い!という口コミは本当?

BroadWiMAXの口コミでもっとも多いのが、「速度が遅い」というものです。

速度が遅いという口コミは、BroadWiMAXに限らずWiMAX全体に見られます。

WiMAXの特徴を知らないで契約するとこうしたミスマッチが起きやすいので、まずは契約前にWiMAXの特徴を簡単に確認しておきましょう。

速度が遅いルーターを使っている、速度が遅い地域に住んでいる

WiMAXでは基本的にハイスピードモードの高速通信を利用します。このハイスピードモードの速度は一定ではなく、ルーターの機種や利用エリアによって最大速度が大きく変わってきます。
※110Mbps、220Mbps、440Mbps、1.2Gbps(1,200Mbps)など

最大速度が遅い古い機種を使っていたり、最大速度が遅い地域に住んでいたりすると、思ったような通信速度が出ません。

ルーターの選び方がわからないという人は、持ち歩くのであればモバイルルーターのW06、家に据え置きで使うのであればホームルーターのL02を選ぶといいでしょう。
「ルーターは安心の国内メーカー製がいい」という人は、モバイルルーターならWX06、ホームルーターならHOME02を選ぶという手もあります。
※2020年7月時点

「自分の住んでいる地域はWiMAXの最大速度がどれくらいなのか」を調べたい人は、公式サイトのサポートエリアを見れば大まかに確認できます。契約前に必ずチェックしておきましょう。

ユン
速度自体は光回線が速いんだ。でもこれも利用する場所が大きく影響するよ。僕がAU光の戸建てタイプを利用していた時、実際にでた速度が99Mbps、WiMAXが108Mbpsだったよ。こればかりは使ってみないとわからないんだよね。

インターネット通信の使い方によってはWiMAXを選ばない方がいい場合もある

そもそもWiMAXは光回線ほど安定した速度は出ません。たとえばネットゲームをする人や、同じネット回線を利用する家族の人数が多いなど、大量のデータをやり取りする場合はWiMAXではなく光回線を選ぶのが無難です。

逆に、Webサイトの閲覧・YouTubeなどの動画鑑賞・SNSの利用などライトな使い方をする人や、同じネット回線を利用する家族が少ないという人は、光回線より月額料金の安いWiMAXを試してみる価値があります。

回線が混雑していると通信速度が遅くなりやすい

どの回線にも言えることですが、回線が混雑する時間帯、とくに夜間帯は通信速度が低下します。

大きなデータのダウンロードは夜間帯を避けるようにするといいでしょう。

ユン
この現象は光回線だからないってわけじゃないんだ。光でもトラフィック量の上がる時間帯に1Mbps以下って経験もあるよ。

WiMAXは使い放題プランでも速度制限がある

WiMAXは、データ使い放題の「ギガ放題プラン」でも、一定の通信料を超えると速度制限が行われます。
※3日間のデータ使用量が10GBを超えると、翌日18時頃~翌2時頃までの8時間、速度制限を実施

速度制限を受けると最大1Mbpsの低速通信しかできなくなるため、気を付けておきたいところです。

またこのほかにも別の速度制限があります。通常、WiMAXでは「ハイスピードモード」という高速通信モードを利用することになります。しかしWiMAXにはこの「ハイスピードモード」のほかに、au 4G LTE回線を使った「ハイスピードプラスエリアモード」というものがあります。この「ハイスピードプラスエリアモード」をうっかり利用してしまうと、月間7GBまでしか高速通信ができなくなってしまうため注意が必要です。

WiMAXを利用する場合、基本的には「ハイスピードプラスエリアモード」は利用しないと覚えておきましょう。

ユン
10GBって実際どれくらいか?

内容データ量10GB1日平均
メール送受信(添付ファイル付き含む)約500KB/1通約62700通約20900通
ニュースサイトなどの閲覧約300KB/1ページ104700ページ34900ページ
音楽のダウンロード約4KB/1曲約2500曲約833曲
高画質の動画約60MB/5分約13時間約4.3時間
標準画質の動画約3.5MB/5分約47時間約15.6時間

 

あと、ハイスピードプラスエリアモードのLTE回線月間7GBを超えると全て制限かかるから注意が必要。あくまでサブ回線として活用すると便利な場合もあるかな。NECのWX06は3日10GBとLTE7GBを同時で見ることができるから検討してみてね。

WiMAXのNEC「WX06」を実際に使った感想レビュー|評判と口コミまとめ

WiMAXのルーターには2.4GHzと5GHzの二種類の周波数があり、状況に応じて使い分けると速度が安定しやすい

WiMAXのルーターには2.4GHzと5GHzの二種類の周波数があり、2.4GHzは「壁などの障害物があっても電波が届きやすいものの、電波干渉がおきやすい」、5GHzでは「電波干渉が少なく通信速度は上がりやすいものの、壁などの障害物に弱い」という特徴があります。

ルーターと使用する通信機器との間に壁があるなら2.4GHz、ルーターと同じ部屋で通信機器を使うなら5GHzといった具合に使い分けると、速度が出やすくなります。

ユン
WiFi接続を5GHzで行うと速度自体も3倍から4倍くらいになったよ。もし繰り替えが面倒であればWX06を選ぶといいよ。バンドステアリング機能があるから自動で切り替えてくれるんだ。

その他、WiMAXの通信速度を上げるコツ

その他、WiMAXには通信速度を上げるさまざまなコツがあります。

  • 家の中だけで利用するのであれば、モバイルルーターではなく据え置き型のホームルーターを選ぶと、電波が届きやすくなり通信速度は上がりやすい
  • ルーターと通信機器は、無線接続ではなくLANケーブルやUSBケーブル使って有線接続をすると、通信速度が上がりやすい
  • モバイルルーターを家で使うのであれば、設置場所を窓際に変えてみる、パラボラアンテナを自作してみるなど工夫をすると、通信速度が上がりやすい

【評判その2】BroadWiMAXは解約時に違約金が高い!という口コミは本当?

「BroadWiMAXを解約したら、違約金が高くて驚いた」「騙された」といった口コミも多いです。

BroadWiMAXの契約解除料自体は他社と変わりません。ただし初期費用18,857円割引キャンペーンを利用した人が24か月以内に契約を解除すると、契約解除料にキャンペーン違約金9,500円(税抜)が上乗せされます。BroadWiMAXを24か月以内に解約すると違約金が高いというのは本当なので、この点には注意しましょう。

しかしBroadWiMAXの違約金を無料にする方法もあります。「通信速度が思ったより遅かった」「利用エリアで繋がらなかった」といった場合は、BroadWiMAXが紹介するほかのインターネット回線へ違約金無料で乗り換えができます。紹介してくれるインターネット回線には光回線もあるので、「WiMAXを試してみたいけれど速度が不安」という人はまずBroadWiMAXを試してみて、不満があれば光回線に乗り換えるという方法もオススメです。

BroadWiMAXの解約金についてはほかの記事で詳しく解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。

【評判その3】BroadWiMAXはサポートサービスが悪い!という口コミは本当?

BroadWiMAXは充実したサポートサービスをオプションとして提供し、その代わり月額料金を安く抑えているという面があります。

そのためオプションを付けていなければ、サポートサービスは他社より悪いと考えられます。

BroadWiMAXの場合、契約内容の変更や解約は電話だけでなくWebでもできるようになっているので、手厚いサポートが不要という人にはとくに問題なさそうです。

逆に、サポートサービスに頼りたいという人は、BroadWiMAXに別途オプションをつけるか、サポートの充実したほかのWiMAXプロバイダを選ぶといいでしょう。

【分かる】BroadWiMAXはこれを読めば丸わかり|リアルな口コミや評判を大公開!

2017年11月10日

まとめ

WiMAXは光回線のような回線工事をすることなくインターネット通信ができ、モバイルルーターを選べば外でも高速通信ができるなど、使い方さえ分かっていれば便利なものです。

BroadWiMAXの場合、初期費用がかからず月額料金を安く抑えることもできるので、WiMAXのプロバイダとしてはオススメできます。

BroadWiMAXを契約する前には以下の点を確認しておけば、大きな失敗を防げますよ。

  • WiMAXの特徴や、通信速度の上げ方を知っておく
  • 解約時の注意点を確認しておく
  • 充実したサポートサービスを求めるなら、WiMAXの回線提供元であるUQ WiMAXを契約する(月額料金は多少上がります)

BroadWiMAXはキャッシュバック系のキャンペーンはほぼありませんが、その分月額料金を安くしてくれています。またBroadWiMAXは他社からの乗り換えで違約金を負担してくれるサービスや、他社への乗り換えで違約金を負担してくれるサービスがあるので、「一度はWiMAXを試してみたい」という人にもBroadWiMAXはオススメです。