【分かる】ドコモ光はこれを読めば丸わかり|料金やキャンペーン、評判や口コミ!

※当サイトで取り扱っている情報については、料金やキャンペーンなどを含め急に内容が変更になる場合があります。必ず各社公式サイトで最新の情報を確認するようにしてください。

様々な回線がある中で、やはり安定している回線と言えば光回線ですよね。

光回線の中でも、あの大手docomoが「ドコモ光」という光回線をサービス展開しており、フレッツ光と同じ回線で速さも変わらないながら月額料金が安くなるととても評判が良いです。

更に、docomoのスマホを使っている人ならもっと割引されちゃうんです。

そんなドコモ光ですが、公式サイトを見るとやや料金やキャンペーンなど分かりづらいんですよね。

そこで今回、ドコモ光の料金やプラン、最新キャンペーン、実際に使っている人の口コミなどの評判を全てわかりやすく解説することにしました。

そろそろ安定した回線にしたいなと考えている人も、ドコモ光を検討している人も是非参考にされてください。

ドコモ光とは?

ドコモ光は最大1Gbpsの高速通信で、更に月額料金が4,000円~と安く、キャッシュバックも手厚いと人気の光回線です。

更にドコモのスマホを使っていると更に割引特典がついてくるので、ドコモキャリアのスマホを使っている人は一度は検討しておきたい光回線ですね。

今なら600万回戦突破記念として新規工事費が無料なので、なるべくコストをおさえて光回線を始めたい人にもお得な内容です。

そんなドコモ光を検討するうえで必ず知っておきたいのは以下のポイントです。

  • 料金プラン
  • 24種類のプロバイダの中からあなたに合ったプロバイダを的確に選ぶ方法
  • 最新キャンペーン

ドコモ光は料金プランもいくつかある上に最新キャンペーン、プロバイダも選べるとあってどこをみて検討したらいいか少々わかりづらいですが、ひとつひとつみていけばなんてことありません。

詳しくみていきましょう。

料金プラン

通常であれば自宅で光回線を使うとなると、フレッツ光の月額料金とプロバイダ(フレッツ光をインターネットにつなげるための事業者)料金が必要になるのですが、ドコモ光であればフレッツ光、プロバイダを別々に契約することなく1回ですむので簡単です!

更に別々で契約するよりもお得なので、ドコモ光は簡単&コスパが良いんですよね。

そんなドコモ光の月額料金はマンションと一戸建て、プロバイダの種類によって変わります。

プランマンション一戸建て
1ギガタイプA月4000円(5,000円)月5,200円(6,700円)
1ギガタイプB月4,200円(5,200円)月5,400円(6,900円)
1ギガタイプC月4,000円(5,000円)月5,200円(6,700円)
1ギガ単独タイプ月3,800円(4,800円)月5,000円(6,500円)
10ギガタイプAナシ月6,300円(7,800円)
10ギガタイプBナシ月6,500円(8,000円)
10ギガ単独タイプナシ月5,900円(7,400円)
ドコモ光ミニナシ月2,700円~5,700円(4,200円~7,200円)

※2年と書いてあるものは2年契約縛り、契約縛りナシの場合は()内に記載しています。

1ギガタイプというのは、1Gbpsの速さのプランですよ、ということです。

1Gbpsは1Mbpsの1000倍、大体のポケットWi-Fiが最高下り150Mbpsであることを考えるととても速いことがわかりますね!

一戸建てにだけ10Gbps出るプランも用意されているため、少し高くなっても良いから最高速通信が良いという方はこちらもオススメできます。

プロパイダによってグループ分けされています!

プロパイダはA~Cにグループ分けされており、グループごとに料金が決まっています。

プロパイダAグループを選んだら1ギガタイプAの料金になる、といった感覚ですね!

プロパイダによって特徴が違いますので、料金だけではなくプロパイダのオプションなどもみて選ぶと良いですよ。

コスパを考えるなら2年縛りがオススメ

2年定期契約の場合、契約満了付きの当月、翌月、翌々月以外はマンションタイプで8,000円、一戸建てタイプで13,000円の解約金が必要になります。

しかし契約縛りナシのプランもありますから、2年以内に解約する可能性があるなら契約期間ナシのプランがオススメです。

ただし、契約期間ナシだと1,000円以上高くなるので、月々の料金を抑えたいなら2年定期契約がお得ですね。

タイプABCのプロバイダーの中からあなたに合ったプロバイダーを的確に選ぶ方法

ドコモ光ではA・B・Cにプロバイダがグループ分けされており、グループごとに料金も違いますが、プロバイダごとでも内容が変わってくるので契約するならプロバイダごとの違いも知ってからどのプランにするかを決めると後悔がないですよ!

特徴ごとにどう見たら良いのかを解説しながら見ていきましょう。

インターネットを快適に使いたいならIPv6対応のプロバイダーがオススメ

IPv6対応のプロパイダー
  • タイプA
  • タイプB

※タイプCはケーブルテレビの設備を利用しており対応していないプロバイダーもあるため注意

※プロバイダーによって別途契約・機器が必要な場合がある

IPv6はインターネットプロトコルバーション6の略ですが、このプロトコルは情報の送受信の際のルールをさしています。

IPアドレスという単語を耳にしたことのある人も多いと思いますが、このプロトコルが実はIPアドレスを管理しているのです。

しかし近い将来、現在使われているIPv4が管理しているIPアドレスを使い切ってしまうため、IPv6が誕生したわけですね。

ではなぜそんなIPアドレスを管理しているプロトコルのバージョンを変えることが速さに関係しているのかというと、IPv4とIPv6は管理しているアドレスの数の違いもありますが、接続方法も異なりそれが速さに関係しているからです。

IPv4とIPv6の違い、イメージ画像

IPv4はPPPoEという接続方法を使っていて、プロバイダーを通してインターネットの接続するという流れだったのですが、これだと接続者数が増える時間帯に接続口が混雑してしまうというデメリットがあります。

しかしIPv6はPPPoEに加えてIPoEという接続方法も採用しているので、すいている方へどんどん流していけるので接続口が混雑することを避けられるのです。

だからこそ安定した速さを求めるならIPv6対応のプロバイダーがオススメです。

初期設定が不安な場合は訪問サポートがついているプロバイダーがオススメ

訪問サポートがついているプロバイダー

タイプA

  • ドコモnet(有料)
  • plala(初回無料)
  • GMO(初回無料/12カ月以内)
  • @nifty(初回無料/3ヶ月以内)
  • DTI(初回無料)
  • ic-net(2回無料)
  • タイガースネット(初回無料/180日以内)
  • BIGLOBE(初回無料)
  • アンドライン(初回無料)
  • SYNAPSE(初回無料/6カ月以内)
  • ビービーエキサイト(有料)
  • エディオンネット(有料)
  • スピーディアインターネットサービス(初回無料/60日以内)
  • ラクテンブロードバンド(初回無料/60日以内)
  • ティキティキインターネット(有料)
  • hi-ho(初回無料)
  • ゼロワンコアラ(有料)

タイプB

  • OCN(初回無料)
  • @TCOM(初回無料/60日以内)
  • TNC(有料)
  • ワクワク(有料)
  • @ちゃんぷるネット(沖縄本島内に限り最大12カ月間無料)

インターネットを少しかじったことがある人なら問題ない初期設定も、初めてのインターネットだったり、光回線だったりすると初期設定が不安なこともあるかと思います。

その場合は訪問サポートがついているプロバイダーが安心ですね。

コスパを抑えるならルーター無償レンタルできるプロバイダー

ルーターをレンタルできるプロバイダー

タイプA

  • plala
  • GMOとくとくBB
  • @nifty
  • DTI
  • ic-net
  • BIGLOBE
  • アンドライン
  • スピーディアインターネットサービス
  • hi-ho

タイプB

  • ONC
  • @TCOM
  • @ちゃんぷるネット

光回線と契約してもルーターがなければインターネット接続できません。

ルーターは家電屋さんで購入も可能ですが、IPv6を使用したい場合、IPv6対応のルーターを選ばなければならないなど少々ややこしいので、すぐに使いたかったり自分家で使えるものを選ぶ自信がなかったり、そもそもルーター代を浮かせたいといった場合はルーターを無償レンタルできるプロバイダーを選びましょう。

セキュリティソフトを持っていない場合はセキュリティソフトがついてくるプロバイダーを選ぼう

セキュリティソフト付きのプロバイダー

タイプA

  • ドコモnet(12カ月無料)
  • plala(24カ月無料)
  • GMOとくとくBB(12カ月無料)
  • @nifty(12カ月無料)
  • DTI(12カ月無料)
  • ic-net(36カ月無料)
  • タイガースネットドットコム(永年無料)
  • BIGLOBE(12カ月無料)
  • アンドライン(12カ月無料)
  • SYNAPSE(12カ月無料)
  • ビービーエキサイト(36カ月無料)
  • エディオンネット(有料)
  • スピーディアインターネットサービス(永年無料)
  • ラクテンブロードバンド(12カ月無料)
  • ティキティキインターネット(有料)
  • hi-ho(12カ月無料)
  • @ネスク (有料)

タイプB

  • OCN(12カ月無料)
  • @TCOM(12カ月無料)
  • TNC(12カ月無料)
  • アサヒネット(有料)
  • @ちゃんぷるネット(有料)

インターネット接続するならセキュリティソフトは絶対に必要です。

特にこだわりがないのであれば、セキュリティソフトがついてくるプロバイダーを選びましょう。

プロバイダーによって無料期間や有料・無料が違いますのでコストをおさえたいひとは無料期間が長いものを選ぶと良いかもしれませんね。

その他サービスについて

ドコモ光で契約できるプロバイダーには、それぞれ違ったサービスがついてきますが、webメールやメール転送サービス、ブログやホームページなどを作席できるというものなので特に注目する必要はないです。

Googleメールなど無料で利用できるサービスが既にありますから、あえて既存サービスがあるものを決め手にする必要はないでしょう。

  • 快適なインターネット環境が必要か→必要ならIPv6対応
  • 初期設定が自分でできるか→できないなら訪問サポートつき
  • ルーターを自分で用意するのか→用意しないならレンタルできるプロバイダー
  • セキュリティソフトを持っているか→持っていないならセキュリティソフトがついてくるプロバイダー

というように決めていくと、あなたにぴったりのプロバイダーが選べますよ。

ケーブルテレビを契約しているならドコモ光タイプCがコスパが良いです

ドコモ光のタイプCは正直、どのようなオプションがついてくるなど公式サイトでも明かされていないので強くお勧めできないプランには違いないのですが、しかしケーブルテレビを契約しているドコモユーザーであれば安いというメリットがあるのでスパを抑えたいケーブルテレビを契約しているドコモユーザーはタイプCを考えても良いかもしれません。

ただし、IPv6に対応していないプロバイダーがあったりキャンペーンの対象外であることも多く、更にひかり電話やテレビオプション、ひかりTVを利用できないというデメリットもあるのでその点だけ注意してください。

タイプCが利用できるケーブルテレビ
  • 株式会社シー・ティーワイ
  • 株式会社ケーブルネット鈴鹿
  • 近鉄ケーブルネットワーク株式会社
  • 株式会社エヌ・シィ・ティ
  • 株式会社ニューメディア
  • 株式会社テレビ小松
  • 多摩ケーブルネットワーク株式会社
  • 香川テレビ放送網株式会社
  • 株式会社秋田ケーブルテレビ
  • 伊賀上野ケーブルテレビ株式会社
  • 上越ケーブルビジョン株式会社
  • 射水ケーブルネットワーク株式会社
  • 株式会社アドバンスコープ
  • 株式会社テレビ岸和田
  • 株式会社ケーブルテレビ富山
  • 株式会社ケーブルメディアワイワイ
  • 株式会社ベイ・コミュニケーションズ
  • 株式会社キャッチネットワーク
  • 株式会社TOKAIケーブルネットワーク
  • 株式会社KCN京都
  • 株式会社上田ケーブルビジョン
  • 鹿沼ケーブルテレビ株式会社

【2020年】最新キャンペーン情報

ドコモ光は大手ドコモの光回線と言うだけあってキャンペーンも豊富です。

最新キャンペーンはなんと6つ!わかりやすく表にまとめたものがこちらになります↓

キャンペーン名内容
最大20,000円キャッシュバック5,000円~20,000円のキャッシュバック
dポイントプレゼントdポイントを最大10,000ポイントプレゼント
工事費無料一戸建てなら18,000円、マンションなら15,000円の工事費が無料
※代表的な費用になり、実際は異なる場合もあります
ドコモ光セット割家族全員のスマホ料金が永年最大1,000円割引される
カケホーダイ&パケあえる場合は毎月100円~3,500円割引
光★複数割ドコモ光を2回線以上契約で月額300円割引
更新ありがとう定期契約プラン更新のたびに3,000ポイント(dポイント)プレゼント

キャッシュバックや工事費無料など、とてもお得なキャンペーンだらけですね!

新規契約なら、「最大20,000円キャッシュバック」+dポイントプレゼント+工事費無料のコンボでとてもお得に契約できます。

ただこれらキャンペーンはドコモ光公式サイト、各プロバイダーで若干違ってくるので、必ず目当てのキャンペーンがあるか確かめてから申込してくださいね。

ドコモ光は実際どう?使っている人の口コミ評判を検証!

ドコモ光はコスパもよくプロバイダーも自分で選べる光回線ですが、実際のところどうなのでしょうか?

実際に使っている人の口コミ評判で実際のところどうなのかを検証してみましょう。

ドコモ光の速さはどう?

 

ドコモ光の速さは申し分ないと言えますね!

中には遅い!という口コミもあったのですが、おそらくIPv6に変更していない可能性がありますので、遅いと感じたらIPv4からIPv6へと変更することをオススメします。

ルーターによってIPv6対応していないものもあるので、ドコモ光に申し込む際は対応しているかどうか絶対にチェックしてくださいね!

キャッシュバックは実際受けられるの?

ドコモ光に限らず、キャッシュバックを実際に受けられるかどうかはしっかり見ておきたい点のひとつです。

中にはキャッシュバックキャンペーンがあるのに受け取れなかったというものも多いですが、ドコモ光は口コミを見る限り問題なくキャッシュバックを受け取れそうですね。

受け取り期限があるので自分でしっかり期限を把握し申請する必要はありますが、最近はスマホに先の予定を入れておくとしっかり通知してくれるのでキャッシュバックを受け取りたいと考えている方は申込した日にスマホのカレンダーに予定として打ち込んでおきましょう。

やはり受け取れるものは受け取っておかないと損ですからね。

しっかり受け取り期限に申請したら口コミにあるように受け取れますので、忘れなければ大丈夫です!

まとめ

ドコモ光は光回線の中でも使える回線だとわかりました。

大手ドコモが出している光回線とあってキャンペーンも思い切ったものが多かったですね。

更新のたびにポイントが貰えるのも熱い上にドコモユーザーはとてもお得な回線と言えるので、ドコモユーザーでそろそろ安定した回線が欲しいなと考えている人は是非チェックしてみてくださいね。