在宅勤務で家にWiFiない人はどうすればいい?3つの方法を解説【2021年最新版】

在宅勤務で自宅にWiFiが無い人向け

近年はスマホでインターネットをする人が増えているので、「会社が在宅勤務を推奨しているけれど、自宅にWiFiがないよ……」という人は意外と多いかもしれません。

ここでは、いざ在宅勤務になったときに「パソコンをインターネット接続する環境がない」という人に向けて、「家にインターネット環境を用意する3種類の方法」を解説していきます。

とよ
こんにちは、トヨです。WiFiを探す上で重要なのは、利用期間・用途・予算ですのでこの辺りを明確にしてからご覧くださいませ。

家にWiFiないのに在宅勤務になりそう!インターネット環境を用意する主な方法は3種類

在宅勤務になったけれど、家にWiFiない……」という場合、少しの間はカフェなどの無料WiFiでしのげても、さすがに何か月も通うのは無理がありますよね。

無料WiFiはだれでも使えるように解放されているので、そこには悪意のある第三者が紛れていることも。無料WiFiだとセキュリティの面で不安が残りますフリーWiFiの危険性はこちら

業務効率やセキュリティ面を考えると、「在宅勤務がしばらく続きそう」もしくは「今後も不定期で在宅勤務が発生しそう」という人は、自宅に安全なインターネット環境を用意するのがオススメです。

インターネット環境を用意する主な方法には、以下の3種類があります。

  1. がっつり利用する光回線
  2. バランスの取れたWiMAX
  3. 短期利用目的のレンタルWiFi(クラウドWiFi)

それぞれ簡単に見ていきましょう。

速度や安定性に優れた光回線を利用する

光回線にはフレッツ光やau光、nuro光などさまざまな種類があります。

光回線の主な特徴は以下の通りです。

汚い(笑)いまはもう少し綺麗にまとめていますが、どうしても配線周りにごちゃってしまいますよね

光回線の特徴

  1. データ容量は完全無制限
  2. 通信速度は速く、安定している
  3. 回線工事が必要
  4. 月額料金が高い
  5. 契約期間は2年のところが多い 

1.データ容量は完全無制限

光回線はデータ容量が完全無制限で、どれだけ使っても速度制限がありません。

日常的に大量のデータをやり取りする、オンライン会議を頻繁にする、

また、家族みんなでWiFiを使うなどもデータ容量が多くなるため光回線が良かったりします。

2.通信速度は速く、安定している

光回線は通信速度が最大概ね1Gbpsと速く、安定しているのが一般的です。

通信の安定性が必要なコールセンター業務などを在宅勤務で行う場合は光回線が適しています。

とよ
この辺りは住んでいるところによっても異なります。うちではドコモ光とWiMAXを利用していますが、最大速度こそは光の方が速いですが、一日通して速いのはWiMAX(Galaxy 5G Mobile WiFi)だったりします。

光が良い部分は何といっても容量制限の部分かなと思いますね。

WiMAXは回線速度や安定度は良いと言っても、制限があり、WiMAX2+は3日10GBWiMAX5Gだと3日15GBという制限が存在します

3.回線工事が必要

光回線は、契約後に回線工事をする必要で、回線工事には15,000円~20,000円程度の費用がかかります。

回線工事はすぐに来てくれるわけではなく、1ヶ月程度はかかることが多いので、「すぐに在宅勤務がはじまるのに家にWiFiないよ……」という場合はWiMAXやレンタルWiFiを選ぶのがオススメです(後述します)。

4.月額料金が高い

光回線の月額料金は、以下のように「基本料金+プロバイダ料金+ルーターのレンタル代」で計算できます。

光回線の月額料金

  • 基本料金:3,000円~5,000円
  • プロバイダ料金:500円~1,000円
  • ルーターのレンタル代:300円~500円

光回線の場合、マンションであれば月額料金は4,000円前後で済むこともありますが、戸建ての場合は5,000円~6,000円かかることになります。

WiMAXやレンタルWiFiと比べると月額料金は高めです。

5.契約期間は2年のところが多い

光回線は契約期間が2年間に設定されていることが多いです。

2年以内に解約すると、解約金は戸建てで10,450円、マンションで1,650円程度かかります。

この解約金に加えて、プロバイダの違約金が~5,000円程度かかってきます。

とよ
業務内容がより多くのデータを必要とする(オンライン会議など双方間のビデオ通話が多い・重いデータを取り扱う)場合や、利用者が複数人になりそうなどの場合はデータ量が無制限で利用ができる光回線はやはりいいですよね

問題点としては工事が必要で開通までは時間がかかっちゃうことです。光回線の選び方はこちら

工事不要ですぐ使えるWiMAXなどのポケットWiFiを利用する

UQWIMAX出典:UQ WiMAX(公式サイト)

WiMAXはKDDIグループのUQコミュニケーションズが提供しています。

とは言っても、私たちが直接契約するのはUQコミュニケーションズだけではなく、提携している「プロバイダ」「MVNO」などから選べるようになっています。

家電量販店(ビックカメラ・ヨドバシカメラ・ヤマダ電機など)で申し込みができたり、オンラインでは「Broad WiMAX」や「GMOとくとくBB」「ビックローブWiMAX」などさまざまなプロバイダがあるので自分の納得のいくサービスを選ぶといいでしょう。

とよ
WiMAX5Gを取り扱いしているのは現在BroadWiMAX・UQ公式・家電量販などです

WiMAXの主な特徴は以下の通りです。

WiMAX

一番上の液晶が大きい端末がWiMAX+5G対応端末で、左下がW06、緑色のルーターがWX06です。

WiMAXの特徴 

  1. 回線工事が不要
  2. 月額料金が安い
  3. 通信速度はそこそこ速い
  4. データ容量は無制限だが、速度制限がある
  5. 契約期間は3年のところが多い

1.回線工事が不要

WiMAXは光回線のような回線工事をすることなく、契約をしてルーターが届けばその日からインターネット通信を利用できます

「在宅勤務が始まりそうだけど、家にWiFiない」という場合、急いでいる人はWiMAXを選ぶとすぐに開通するので便利です。

2.月額料金が安い

WiMAXの月額料金は、使い放題のプランで3,500円~4,000円程度と光回線より安く設定されています。

3.通信速度はそこそこ速い

通信速度は利用するエリアや選ぶルーターによって変わります。


出典:UQ WiMAX(公式サイト)

上記のピンク色の地域はWiMAX2+のエリアです。このエリア内であれば、通信速度は上りで最大112.5Mbps、下りで最大440Mbpsとなります。

ルーターはW06やWX06、L02といった新しい端末を選べば問題ありません。手持ちの古いルーターを再利用する場合は、速度が遅い機種の場合もあるのでよく確認してください。

WiMAXは光回線ほどの速度は出ないものの、普通に使う分には十分な速度が期待できます。

通常のオフィスワークや、Zoomなどのオンライン会議程度であれば問題ないでしょう。

WiMAXの実測テストを行っているので気になる場合はGalaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01の記事でも紹介していますのでご覧ください。

4.データ容量は無制限だが、速度制限がある

WiMAXのデータ容量は、使い放題のプランを選べば無制限となっています。

ただし「3日間で10GB以上」使うと速度制限がかかり、「最大1Mbps」となるため注意してください。
※速度制限がかかる時間帯は「3日間で10GBを超えた翌日のネットワーク混雑時間帯」で、

通常であれば18時頃~翌2時頃なので日中の在宅勤務への影響は少ない可能性があります。

とよ
繰り返しになるけど、仮に3日で10GBを利用したとして制限のかかる時間帯は夕方18時~夜中の2時まで。日中は制限対象外になるんだ。そういった意味でも多くの人は影響が出にくいかもしれない。

勤務スタイルによっては、3日10GB超える利用が考えられたり、日中だけではないという人もいると思う。そういった場合はそれらを踏まえて考えてみてください。

とよ
ちなみに4月8日に発売した5G対応のWiMAX「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」は3日15GBになりました!

実際に僕も購入して利用しています。レビュー記事も書いているので気になる方はご覧ください。

5Gエリアじゃなくても、結構早いんですよね。

≫≫Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01レビュー記事

通常のオフィスワークであれば、必要なデータ容量は1日1GB~3GB程度です。

とくに一人暮らしの人など「WiFiを使うのは自分1人」という場合はWiMAXで十分賄えます。

5.契約期間は3年のところが多い

多くのWiMAXプロバイダでは契約期間が3年間に設定されています。

1年以内で解約すると20,900円(税抜)、1年超~2年以内では15,400円(税抜)、2年超~3年以内では10,450円(税抜)の違約金がかかります。

3年の契約期間を終えた後の1か月間は「更新月」となり、この間に解約すれば解約金がかかりません。

また契約期間が3年超になれば、いつ解約しても解約金は10,450円(税抜)のところが多いです。

とよ
手軽に使えるWiMAXは一人暮らしや単身赴任などにも良く選ばれています。

持ち運びも自由だから出先のカフェで作業したり、今流行りのワーケーションにも対応できる。もし3年契約が気になる場合は、ビックローブWiMAXなどを選ぶのもいいかもしれません。ビックローブWiMAXの契約期間は1年になっているので意外に狙い目なんですよね

WiMAXの5G端末が良い場合はUQ(公式)。端末費用は掛かりますが期間条件無しプランが選べます。

WiMAXプロバイダ比較!便利な絞り込み検索ツール

2020年11月1日

ゼウスWiFiなどの年間契約の縛りがないポケットWiFiを利用する


出典:ZEUS WiFi(公式サイト)

ポケットWiFiには年間契約の縛りがないクラウドWiFiサービスがあります。

その中でZEUS WiFiは吉野家を彷彿とさせる特盛・大盛・並盛プランの2年契約と期間条件無しのフリープランを用意しています。

またZEUS WiFi他クラウドWiFiサービスと比べても回線品質は良好とされてます。

ZEUS WiFiの主な特徴は以下の通りです。

ZEUS WiFiの特徴

  1. 回線工事は不要
  2. 月額料金は安い
  3. 契約期間の縛りはない
  4. 通信速度はあまり速くない

 

1.回線工事は不要

ZEUS WiFiもWiMAX同様、回線工事不要でルーターが届いたその日からインターネット通信を利用できます

2.月額料金は安い

ZEUS WiFiは2年契約、フリープランの月額料金が1,980円~4,280円程度と比較的安く設定されています。

並盛20GB、大盛40GB、特盛100GB。

月額料金はWiMAXより少し安いか同程度で、光回線より安く済みます。

3.契約期間の縛りはない

フリープランを選ぶと基本的に契約期間の縛りがなく、いつ解約しても解約金がかかりません

光回線やWiMAXには契約期間があり、更新月以外の解約では違約金がかかるケースもあります。

解約金がかからないというのは大きなメリットと言えるでしょう。

4.通信速度はあまり速くない

ZEUS WiFiで利用できる端末は通信速度が最大150Mbps程度と、WiMAXより劣ります。

実測値でも5Mbps~20GBほど。オフィスワークで利用する分には問題はないレベルです。

その代わりキャリア回線(Softbank・AU・docomo)を利用した端末なので、WiMAXよりも広いエリアで使うことができます。

ただし利用者が多くなると通信速度が遅くなったり、通信が切れたりといったことが起こりがちなため、長期的な利用にはあまり向かないかもしれません。

迷ったらまずはWiFiレンタルサービスを試してみるのもあり

光回線にしようかWiMAXなどのポケットWiFiにしようか迷っている人はWiFiレンタルサービスを利用してみるのもおすすめです。

WiFiレンタルどっとこむ」など、もっと短い期間(1日~)で借りることができるサービスが存在します。

とよ
WiFiレンタルどっとこむではWiMAXやSoftBankなどのポケットWiFiを最短1日からレンタルすることができます。

数日単位の短期的な利用が良いのであればWiFiレンタルはうってつけなんだよね。

WiFiレンタルどっとこむさんからSoftbankルーター(E5383)を借りてみた上での感想です。

Softbankルーター(E5383)の大きさはこんな感じです。

速度自体は5Mbps~20Mbpsくらいなので速いとは言えないかな。オフィスワークでの利用程度であればと言いたいんですが、ZoomなどのWEB会議を利用する上ではもう少し速度が欲しいところですかね。

今回借りたE5383は端末が小さくとにかくバッテリー持ちが良いですね。この部分はWiMAXの端末よりも優秀かな。数日充電していなくても、バッテリーは長かったので、外出先ではこのバッテリ—持ちなどは助かるはずです。

レンタルWiFiは、

ネット回線が最低限使えれば良い」「短期で利用したい」という人にはおすすめです。

 

端末については種類があり、金額は変わります。

回線の速度を求める場合はWiMAX。バッテリーの持ちや繋がりやすさ、コンパクトさを求めるならWiMAX以外のルーターでも。個人的にはWiMAXが良いと思いますが在庫次第になりますよ。

まとめ:「在宅勤務が始まるのに家にWiFiないよ……」という場合、総合的にはWiMAXが一番オススメ

在宅勤務が迫っているのに家にWiFiない」という人は、

  • 回線工事が不要
  • 通信速度が速い
  • 月額料金が安い
  • ルーターが届けばすぐにインターネット通信ができる

という点から総合的にはWiMAXが一番オススメです。

Broad WiMAX
【新端末WiMAX5Gあり】
他社WiMAXからの乗り換え違約金負担!初期費用の20,743円(税込)が無料(条件あり)
  • 最新機種含む全ルーター代無料!
  • 他社から乗り換えの方は違約金負担!
  • 「いつでも解約サポート」で安心!
月額割引
あり
キャッシュバック
あり
端末代金
なし
事務手数料
あり
支払い総額
140,766円
※3年総額計算になっています
平均月額料金
3,910円
※支払い総額÷36ヶ月で計算しています

株式会社リンクライフ(Link Life)が運営するWiMAXサービス。サポート、わかりやすさ、料金の安さから高い人気を誇っています。

ギガ放題は月間制限なしで利用のできるプラン、ライトプランが月間7Gのプラン。WiMAXの強みである制限なしのギガ放題プランを選ぶ人がほとんど。

キャンペーン
  • 初期費用20,743円(税込)割引キャンペーン
  • 全端末無料キャンペーン(最新機種含む)
  • 他社からの乗り換え違約金最大19,000円負担キャンペーン
  • 新規2台同時申し込みで10,000円キャッシュバックキャンペーン
BIGLOBE WIMAX
【1年/解約1,100円(税込)】
唯一、WiMAXを1年契約ができるプロバイダ!解約金も1,100円(税込)のみ!狙い目WiMAXプロバイダ!
  • 1年契約プランがある!しかも解約金は驚きの1,100円(税込)のみ!縛りが弱いのがメリット!
  • SIM単体(microSIM/nanosim)契約ができる!もし、WiMAX端末を所持していたら購入の必要なし
  • 1年プランは4,378円(税込) 後々、価格は上がっていかないから安心!
月額割引
あり
キャッシュバック
あり
端末代金
あり
事務手数料
あり
支払い総額
157,608円
※3年総額で計算しています。
※端末代金21,220円(税込)、キャッシュバック17,000円は計算にいれておりません。
平均月額料金
4,378円
※支払い総額÷36ヶ月で計算しています

プロバイダ歴が25年以上で安心の通信品質とサポート!

他プロバイダにはない1年契約やキャッシュバック157,000などがあるので、WiMAXを短期利用したい人にとってもおススメのプロバイダです。

WiMAXは3年契約、長期契約というのが懸念材料になっているなかで、ビックローブWiMAXは1年契約なので実はかなりの狙い目なのかもしれません。

BIGLOBE WIMAXをおすすめする人

  • 長期契約に懸念がある
  • 短期契約が良い

縛りなしのクラウドWiFiなどもありますが、BIGLOBE WIMAXは負けてはいません。

BIGLOBE WIMAXは端末代金21,120円(税込)、キャッシュバック17,000円、登録料3,300円(税込)、月4,378円(税込)、1年契約、解約金1,100円(税込)。

回線品質【速度・安定度】など比較するまでもなく間違いなくWiMAXがいいですよ!安さばかりを求めることでの失敗ということもありますからね。

WiFiランド運営としても本当におススメするプロバイダです!

キャンペーン
  • 17,000円キャッシュバック!
UQ WIMAX(公式)
他にはない特徴を持ち合わせているのがUQ公式サービス!
  • SIM単体(microSIM/nanosim)契約ができる!もし、WiMAX端末を所持していたら購入の必要なし
  • 2年契約プランがある!しかも解約金は驚きの1,100円(税込)のみ!
  • ギガ放題ハート割3,848円(税込)「障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳」いずれかの交付を受けている方対象
月額割引
なし
キャッシュバック
なし
端末代金
あり
事務手数料
あり
支払い総額
153,648円
※3年総額で計算しています。端末代金16,500円は別途です
平均月額料金
4,268円
※支払い総額÷36ヶ月で計算しています

株式会社UQコミュニケーションズが運営するUQ WIMAX(公式)サービス。

WiMAXルーターの提供元で他プロバイダにはない独自のプランを用意している。

現在WiMAXのルーターを持っている人はUQ公式から申し込むのもおススメ!

UQ WIMAXをおすすめする人

  • すでにWiMAX旧端末を持っている
  • ハート割プラン対象

最近のWiMAX端末だけではなく、microSIM対応の旧端末も利用ができるのは嬉しいですね。

もし、過去にWiMAXを利用したことがあり、端末が自宅にある場合は検討してみても良いかもしれません。

身の回りのご家族様、友人知人、オークションなどで手に入れてUQWIMAXを申し込むという人もいますよ。

また、ハート割に対応しているので、「障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳」いずれかの交付を受けている方は検討してみるとよいかもしれませんね。

WiMAXは各プロバイダにより、強みが異なりますので自身にあったWiMAXサービスを選びましょう

注意点としては、WiMAX2+が3日10GB制限、WiMAX5Gが15GB制限があることです。

どれくらい利用できるのか?各WiMAXの実測値は?などもGalaxy 5G Mobile Wi-Fiのレビュー記事でまとめていますので一度ご覧になってみてください↓

【WiMAX+5G対応】Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01を実際に使った感想レビュー|WX06・W06比較と評判と口コミまとめ

2021年3月31日

その上で、

  • 在宅勤務が始まるまでに時間的余裕がある
  • 月額料金は高くても構わない
  • 通信の速さや安定性を追求したい

という場合は光回線がいいでしょう。

とよ
「仕事の関係上しっかりとした回線が必要」「この機会にWiFi環境を整えたい」という場合は上限のない光回線はおすすめです。光回線の選びかたはこちらから
とりあえず短期間だけWiFiが使えればいい

という場合は1年契約のあるビックローブWiMAX、5G対応WiMAXが利用できて期間条件無しプランのあるUQ(公式)。さらに数日単位の短期なのであればWiFiをレンタルでも。

とよ
テレワークなどの在宅勤務が一時的なもので、長期間行う予定がない場合は契約期間の厳しくないプロバイダを選ぶのもありですよね

 

在宅勤務でテレワークをする際に必要なセキュリティ対策についても記事を書きましたので、

お時間あるときに目を通してみてください。VPNあたりのことをまとめています。

セキュリティー対策

テレワークや在宅勤務で必須とされるPCの「セキュリティ対策」は万全ですか?

2021年4月14日
WiFiランド編集部
カフェ

■WiFiランド編集部メンバー(とよ・ユメコ・まっすー)
記事は(とよ・ユメコ)が中心に書いています。僕が書いていなくても吹き出しで参加したり監修していたりするよ^^
まっすーは裏方で、ほかのメンバーも複数いるんだ。

WiFiランドは家電量販店歴18年(主にパソコン・インターネット回線・スマホ)のトヨが初心者から上級者、学生から高齢者まで8万件を超える接客をしてきた経験をもとに発信をしているサイトです。

≫≫とよの自己紹介はこちら

Twitterやインスタのフォロー待ってるよ!そこからのメッセージとかもOKなのでジャンジャン送ってね。
それとYouTubeも始めることにしたよ♪
「※まだ準備中なのでしばらくお待ちください!」
あまり表にでるタイプの人じゃないから緊張するけど、勇気振り絞って頑張るとするので応援よろしくね!