国内のWiFiレンタルサービスを比較!期間・目的別おすすめサービスを紹介!

「引っ越し先の光回線が開通するまでのインターネット回線が欲しい」

「旅行や帰省する時の移動中や移動先で使える回線が必要」

「急に入院することになったけど病院にWiFi環境がない」

「コロナの影響でテレワークになったけど家にWiFi環境がない」

などなど理由はひとそれぞれですが

「短期間だけポケットWiFiを利用したい」

「急にWiFi環境が必要になった」

という時に役に立つのがWiFiレンタルサービスです。

WiFiレンタルであれば年間の長い契約をする必要がないですし、最短で当日から利用することもできます。

ですがひとことに「WiFiレンタルサービス」といってもたくさんのサービスが存在していてどこがいいのかよくわかりませんよね?

そこで今回は有名なWiFiレンタルサービス10社以上を調査、比較した中で見つけたおすすめのWiFiレンタルサービスを紹介します。

期間別や目的別のおすすめはもちろん、WiFiレンタルサービスを選ぶ時のポイントなども解説しているのでWiFiのレンタルを考えている人はぜひ参考にしてみてください。

利用期間別おすすめWiFiレンタルサービス!

WiFiレンタルは「数日~数週間」くらい利用の短期利用と、年間契約をするほどではないけど「1カ月以上」は使う場合の2パータンでおすすめできるサービスが変わります。

前者の場合はシンプルにWiFiをレンタルした方が、後者の場合は契約年数の縛りのないWiFiを契約した方がコストを抑えることが可能です。

それではさっそくそれぞれの期間のおすすめWiFiレンタルサービスを紹介していきましょう!

1カ月未満の短期利用ならWiFiレンタルどっとこむがおすすめ!

サービス名WiFiレンタルどっとこむ
運営会社株式会社ビジョン
主な貸し出し端末

SoftBank:601HW,501HW

T6,E5383,303ZT

WiMAX:W06,WX06,L02

au:FS030W

レンタル料金(1日)※通信無制限409円 ※当サイト限定キャンペーン適用額
レンタル料金(30日)※通信無制限6,138円 ※当サイト限定キャンペーン適用額
支払い方法クレジットカード
受け取り方法自宅・病院・ホテル・空港など
返却方法宅配返却・空港返却・ポスト返却

※料金は通信無制限で利用できる端末、ない場合は可能な限り通信容量の多い端末の料金を紹介しています。レンタルする端末や時期によって料金は変わるので詳細は公式サイトで確認するようにしてください。

短期間でポケットWiFiをレンタルしたいという人は「WiFiレンタルどっとこむ」がおすすめです。

  • 値段が安い
  • 通信無制限の端末をレンタルしている
  • 運営は安心の上場企業

と3拍子そろったサービスなので、短期間でポケットWiFiをレンタルしたいと思った時はとりあえずWiFiレンタルどっとこむを選んでおけば失敗することはありません。

他ではあまりやっていない「自動延長」も地味に便利で

「引っ越し先で光回線を引くまでの繋ぎとして使っているけど、工事日がなかなか決まらない」

「入院中に使っているけど、退院できる日がわからない」

といった時などに役立ちます。

とよ
しかもWiFiレンタルどっとこむはWiFiランド限定のキャンペーンで通常よりも安くレンタルすることが可能だよ。

それもあって料金面を含めて断トツでおすすめできるサービスという結果になったよ。

限定キャンペーンは下のリンクから公式サイトにアクセスすると適用されるので、安くWiFiをレンタルしたいという方はぜひ利用してみてください。

1カ月以上で安く利用したいなら縛りなしWiFiがおすすめ!

 

サービス名縛りなしWiFi
運営会社フォン・ジャパン株式会社
主な貸し出し端末

SoftBank:601HW,501HW

T6,E5383,303ZT

WiMAX:W06,WX06,L02

au:FS030W

料金

30GBプラン(月30GB):3,366円

50GBプラン(月50GB):3,575円

通常プラン(月60GB/1日2GB):3,630円

WiMAXプラン:4730円

事務手数料3,300円
解約金なし※縛りなしプランの場合
支払い方法クレジットカード・口座振替
データ容量追加不可

年間契約をするほどではないけど、1カ月以上は使うという場合は縛りなしWiFiがおすすめです。

初月だけ3,300円の事務手数料がかかってしまいますが、それ以降は1カ月3,630円(通常プランの場合)で利用することができます。

通常、ポケットWiFiを契約する場合は3年契約など、年単位の縛りがあるのですが縛りなしWiFiにはそれがありません。

2か月目にやめても、3カ月目にやめても解約金は0です。

とよ
普通は契約期間内にやめると、数万円の解約金がかかったりするよ

プランは3種類あって

30GBプランと50GBプランは月に使える容量がそれぞれ30GBと50GBで1日の制限はなし。

通常プランは1日に使える容量が2GBになっています。

とよ
通常プランは1カ月あたり60GBくらい使える計算だね

合計の容量は通常プランが一番多いですが、制限が1日単位なので休みの日にがっつり動画を見る…という場合は制限がかかってしまうかもしれません。

とよ
最近受付中止中だったWiMAXプランが受付を再開したよ!

WiMAXプランは3日で10GBの制限はあるものの月間の制限はないからトータルではWiMAXが一番多くの容量を使えるね。

ただしその分料金も高めなのでそこは注意しよう!

もし月50GBや1日2GBじゃ足りなそうという場合は次に紹介するZEUS WiFiがおすすめです。

1カ月以上で大容量を使いたいならZEUS WiFi(ゼウスWiFi)がおすすめ!

サービス名ZEUS WiFi
運営会社株式会社Human Investment
貸し出し端末

H01

料金

20GBプラン:2,618円

40GBプラン:3,278円

100GBプラン:4,708円

事務手数料3,300円
解約金なし※フリープランの場合
支払い方法クレジットカード
データ容量追加

+2ギガ:550円

+5ギガ:1,100円

+10ギガ:1,980円

 

「1日2ギガじゃ不安!」

「できるだけ多く通信がしたい!」

という人にはZEUS WiFiがおすすめです。

ZEUS WiFiも縛りなしWiFi同様に契約期間の縛りがありません。

そしてZEUS WiFiは縛りなしWiFiの倍近い通信が使える100GBプランが存在します。

しかもデータ容量の追加もできるので、追加分の料金はかかりますが通信制限に悩まされる心配はありません。

動画を結構見るという人や、結構通信量が必要という人は縛りなしWiFiよりもこちらのZEUS WiFiがおすすめです。

とよ
実は30GBのプランで比べた時は縛りなしWiFi(3,366円)よりもZEUS WiFi(2,618円)の方が安いから、逆にあまり通信を使う予定がないという人にもZEUS WiFiはおすすめだよ

その他WiFiレンタルサービス紹介

とよ
今回は11種類のWiFiレンタルサービスを調査して比較してみたよ。

おすすめから外れたサービスの紹介は長くなるから閉じてあるので、気になる人は+マークを開いて見てみてね

今回比較したその他WiFiレンタルサービス

WiFiレンタル屋さん

サービス名WiFiレンタル屋さん
運営会社株式会社ジェイフィールド
主な貸し出し端末

SoftBank:601HW,809SH

WiMAX:WX05

レンタル料金(1日)※通信容量100GB590円 
レンタル料金(30日)※通信容量100GB8,850円 
支払い方法クレジットカード
受け取り場所自宅・病院・ホテル・空港・店頭など
返却方法宅配返却・ポスト返却・店舗返却

※料金は通信無制限で利用できる端末、ない場合は可能な限り通信容量の多い端末の料金を紹介しています。レンタルする端末や時期によって料金は変わるので詳細は公式サイトで確認するようにしてください。

とよ
レンタルWiFi屋さんは配送だけでなく、店頭での受け取りも可能

急にポケットWiFiが必要になったという場合でも、秋葉原の店舗に行けば注文したその日に受け取ることができるよ。

NETAGE

サービス名NETAGE
運営会社株式会社モバイル・プランニング
主な貸し出し端末

SoftBank:802ZT,801ZT,

601HW,501HW,FS030W

docomo:FS030W,E5383

au:FS030W,W07

Y!mobile:305ZT,GL06P

WiMAX:W06

クラウドSIM:G4Max

レンタル料金(1日)※通信無制限715円
レンタル料金(30日)※通信無制限9,850円
支払い方法クレジットカード
受け取り場所自宅・病院・ホテル・会社・店頭受け取り(中止中)
返却方法宅配便・ポスト返却

※料金は通信無制限で利用できる端末、ない場合は可能な限り通信容量の多い端末の料金を紹介しています。レンタルする端末や時期によって料金は変わるので詳細は公式サイトで確認するようにしてください。

とよ
NETAGEも店頭受け取りをしていたけど、残念ながら今は新型コロナウイルスの影響で中止中。

docomo、au、SoftBankの3キャリアの電波が使えるクラウドSIMをレンタルしているのも特徴だね。

ただし、値段は1日1,500円と高めなので注意!

WiFiレンタルジャパン

サービス名WiFiレンタルジャパン
運営会社株式会社デジテル
主な貸し出し端末

SoftBank:601HW,607HW,303ZT

auWiMAX:W01,W04,W05

docomo:FS030W

レンタル料金(1日)※通信容量100GB480円
レンタル料金(30日)通信容量100GB7,450円
支払い方法クレジットカード
受け取り場所自宅・病院・ホテル・空港など
返却方法空港返却・ポスト返却

※料金は通信無制限で利用できる端末、ない場合は可能な限り通信容量の多い端末の料金を紹介しています。レンタルする端末や時期によって料金は変わるので詳細は公式サイトで確認するようにしてください。

とよ
WiFiレンタルジャパンではWiFiレンタルの他にも売り切りWiFiや売り切りSIMの販売も行っているよ。

ただ単発で使いたい場合は、30日+1日間45GBで12,300円と値段が安いわけではないからあえて使う必要はないというのが正直な感想かな。

カシモバ

サービス名カシモバ
運営会社株式会社ヒッツカンパニー
主な貸し出し端末

Y!mobile:603HW,502HW

WiMAX:W04,W05,L01s

docomo:HUAWEI E5577

レンタル料金(1日)※通信無制限(一部エリア)460円 
レンタル料金(30日)※通信無制限(一部エリア)6,630円
支払い方法クレジットカード
受け取り場所自宅・ホテル・空港など
返却方法ポスト返却

※料金は通信無制限で利用できる端末、ない場合は可能な限り通信容量の多い端末の料金を紹介しています。レンタルする端末や時期によって料金は変わるので詳細は公式サイトで確認するようにしてください。

とよ
カシモバも無制限の端末をレンタルしているけど、カシモバの通信無制限の端末はY!mobileの端末だから注意が必要。

無制限で通信ができるのは一部のエリアだけで、スマホのような広いエリアで使いたい場合は月7GBで制限がかかってしまうよ。

WiFiレンタル便【RTMモバイル店】

サービス名WiFiレンタル便
運営会社株式会社シムス
主な貸し出し端末

SoftBank:601HW,501HW

E5383,303ZT

Y!mobile:502WH、GL04P

docomo:FS030W

WiMAX:NAD11,WX03

クラウドWiFi:U2s

レンタル料金(1日)※通信無制限750円
レンタル料金(30日)※通信無制限8,400円
支払い方法クレジットカード・銀行振り込み・代金引換・コンビニなど
受け取り場所自宅・病院・ホテル・空港など
返却方法ポスト返却

※料金は通信無制限で利用できる端末、ない場合は可能な限り通信容量の多い端末の料金を紹介しています。レンタルする端末や時期によって料金は変わるので詳細は公式サイトで確認するようにしてください。

とよ
WiFiレンタル便の特徴は何と言っても支払いの方法が豊富な点!

値段に関してはそこまで安いわけではないけど、クレジットカードを持っていない・使いたくないという人はここでレンタルするのがおすすめだよ。

WiFiレンタル本舗

サービス名WiFiレンタル本舗
運営会社株式会社エイダ
主な貸し出し端末

SoftBank:601HW

WiMAX:W05

Y!mobile:GL06P

レンタル料金(1日)※50GB430円
レンタル料金(30日)※50GB6,450円 
支払い方法クレジットカード
受け取り場所店頭・自宅・病院・ホテル・空港など
返却方法宅配返却・ポスト返却

※料金は通信無制限で利用できる端末、ない場合は可能な限り通信容量の多い端末の料金を紹介しています。レンタルする端末や時期によって料金は変わるので詳細は公式サイトで確認するようにしてください。

とよ
WiFiレンタル本舗はWiMAXを除くと月の通信容量は50GBの端末が最大だから、たくさん通信を使いたいという人にはおすすめはできないよ。

ただ、月の通信容量5GBの端末が1カ月2,160円でレンタルできるから、動画などは一切見ないから容量が小さくてもとにかく安く借りたいという人は利用してみてもいいかもね。

88モバイル

サービス名88MOBILE
運営会社株式会社ジェネット
主な貸し出し端末

SoftBank:601HW,607HW

502HW

WiMAX:W05,W04,W01

レンタル料金(1日)※100GB480円 
レンタル料金(30日)※100GB7,450円 
支払い方法クレジットカード
受け取り場所自宅・病院・ホテル・空港など
返却方法ポスト返却

※料金は通信無制限で利用できる端末、ない場合は可能な限り通信容量の多い端末の料金を紹介しています。レンタルする端末や時期によって料金は変わるので詳細は公式サイトで確認するようにしてください。

とよ
88モバイルには100GBという大容量の端末をレンタルしているものの、特別値段が安いとか、支払いの方法が豊富というわけでもないから「ここにしたほうがいい!」というポイントは特になさそうだったよ

e-ca

サービス名e-ca
運営会社ベストリンク株式会社
主な貸し出し端末

SoftBank:E5383,303ZT

601HW,501HW,T6,801ZT

WiMAX:W06,WX06

au:FS030W

レンタル料金(1日)495円 
レンタル料金(30日)7,425円 
支払い方法クレジットカード
受け取り場所自宅・病院・ホテル・空港など
返却方法宅配返却・空港返却

※料金は通信無制限で利用できる端末、ない場合は可能な限り通信容量の多い端末の料金を紹介しています。レンタルする端末や時期によって料金は変わるので詳細は公式サイトで確認するようにしてください。

とよ
e-caの運営会社の「ベストリンク株式会社」は実は「WiFiレンタルどっとこむ」を運営している「株式会社ビジョン」の子会社なんだ。

それが理由かはわからないけど、ここもWiFiレンタルドットコム同様「レンタルの自動延長」をやっているよ。

ただし値段に関してはWiFiレンタルどっとこむの方が安いからレンタルするならそっちの方がおすすめだよ!

おすすめWiFiレンタルサービスまとめ

おすすめのWiFiレンタルサービスをまとめるとこんな感じです。

利用期間サービス名
数日~数週間利用したいWiFiレンタルどっとこむ
1カ月以上で安く利用したい縛りなしWiFi
1カ月以上でたくさん使いたいZEUS WiFi

短期間のレンタルなら現状は「WiFiレンタルどっとこむ」一択で問題ないと思います。

1カ月以上のレンタルに関しては個人的には1日あたりの制限がなく、容量の追加もできるZEUS WiFiの方がおすすめです。

とよ
縛りなしWiFiとZEUS WiFi、どちらがいいかは人によるから自分の使い方に合った方を選んでみてね

WiFiレンタルのメリットとデメリット

おすすめのWiFiレンタルサービスは上で紹介した通りですが、ここからはWiFiレンタルのメリットやデメリット、選び方などを解説していきたいと思います。

WiFiレンタルを探すときの参考にしてみてください。

契約期間の縛りがなく1日単位で利用できる

ポケットWiFiを使いたいという場合は、通常2年や3年などの年間契約をしなければいけないので

「旅行先で使いたい」

「田舎に帰省する時に持っていきたい」

「引っ越し先で光回線が繋がるまでの繋ぎに使いたい」

など短期間だけ使いたいという時に気軽に契約することができません。

とよ
契約期間の途中で解約すると1~2万円くらいの高い解除料金がかかるよ

ですがWiFiレンタルであれば1日単位で利用することでできます

WiFiレンタルは年間契約をせずに気軽に利用できるのが一番のメリットです。

長期間使う場合は1日当たりの利用料は割高になる

1日単位で借りることができるのがWiFiレンタルのメリットですが、長期間利用した場合は割高になる傾向にあります。

年間契約のポケットWiFiであれば無制限のものも月額4,000円前後で利用することができますが、WiFiレンタルの場合だと1カ月のレンタルで10,000円くらいになるケースもあります。

とよ
この記事では、なるべく安いWiFiレンタルを紹介する参考にしてみてね

もし、あなたがポケットWiFiを1年以上使うつもりならレンタルよりも普通に契約する方が安くなるかもしれません。

自分がどのくらいの期間使うのかを考えて契約するのかレンタルにするのかを考えましょう。

とよ
1~数か月使いたいという人向けのポケットWiFiもあるから、それもこの記事で解説するよ

端末はレンタルなので破損・紛失すると費用がかかる

年間契約のポケットWiFiを契約する場合、端末は購入(0円の場合もあり)するので自分のものになることが多いです。

なので、端末にひびが入っても使えるなら我慢すればいいですし、USBケーブルをなくしても家にある別のケーブルで代用すれば大丈夫です。

ですが、WiFiレンタルの端末は使い終わったら返さなければいけないものなので紛失・破損をすると弁償をしないといけません

とよ
端末本体を無くすと数万円かかる場合もあるよ

借りた端末や付属品はなくしたり壊したりしないように大切に扱うようにしましょう。

とよ
大体のWiFiレンタルサービスには紛失や破損の料金を無料、もしくは安くできる保障オプションがあるから、心配な場合は入っておくのがおすすめだよ

WiFiレンタルを選ぶ時のポイント!

WiFiをレンタルする時は、普通にポケットWiFiを年間契約する時とは選ぶ時のポイントも変わってきます。

ここではWiFiレンタルを選ぶ時の大事な3つのポイントを紹介します。

料金の安さが重要!

WiFiレンタルサービスは、あくまで既存のポケットWiFi(WiMAX,Softbank,au,docomoなど)をレンタルしてくれるだけなので独自の回線を持っているというわけではありません。

なので基本的には同じ回線を使用している同じ端末であればどこで借りても性能は一緒です。

とよ
端末は同じでも使える通信量が違うことはあるからそこは注意しよう

WiFiレンタルを利用する際は料金を重要視するようにしましょう!

通信容量も必ずチェック!可能なら無制限がおすすめ!

料金の安さは大切ですが、安くてもよく見たら「実は月に5GBしか使えない端末でした」という落ちだったりすることもあります。

「そんなに使わないから大丈夫!」

と思っていても予想以上に通信量を使っていたということもあるので、特に動画をよく見るという人は気を付けましょう。

参考までにYouTubeの消費通信量の目安を紹介しておきます。

YouTubeの画質設定1時間あたりの通信量
480p(SD画質)612MB
720p(HD画質)1GB
1080p(フルHD画質)2GB
とよ
PCなどではHD画質が標準化してきているから、1日1時間YouTubeを見るだけで月に30GBも使ってしまう計算になるよ。

続いて、最近需要が増えていテレワークで利用される「Zoom」のざっくりとした通信量も紹介します。

映像の有無10分40分1時間
音声のみ10MB40MB60MB
映像あり100MB400MB600MB
とよ
これは僕も調べて驚いたけど、思った以上に通信を使っているんだね。

昔に比べて動画が高画質になったり、気軽にビデオ通話ができるようになったことで、通信量も以前に比べてかなり多くなっています。

通信量無制限の端末なら容量を気にせず安心して使うことができるので、レンタルする端末は可能であれば通信制限のない無制限のものを選ぶのがおすすめです。

補足
無制限の端末でも、過度に使いすぎたり、回線が混雑していると速度が低下する場合があります。

これはポケットWiFiの仕組み上仕方がないことなので、短期間のレンタルだからと割り切って、常にヘビーに使うという人は光回線を引くようにしましょう。

通信速度はそこまで気にしなくても大丈夫!

ポケットWiFiも進化していて、最近では最大通信速度が1Gbps以上のものもあります。

しかし、WiFiレンタルの場合は古い機種をレンタルしていることも多く、そういったものは最大通信速度が180Mbps程度だったりします。

とよ
ちなみにこれらの通信速度はあくまで最大速度(ベストエフォート)だから、実際の速度は1/5~1/10くらいになるよ

これだけ速度が違うと「100Mbpsくらいの古い端末で大丈夫なの?」と不安になる人もいるかもしれませんが心配はいりません。

参考としてYouTubeの再生に必要な通信速度を動画の解像度別に紹介します。

動画の解像度推奨の通信速度
4K20Mbps
HD 1080p5Mbps
HD 720p2.5Mbps
SD 480p1.1Mbps
SD 360p0.7Mbps

参考:https://support.google.com/youtube/answer/78358

このように4Kの動画でも20Mbpsの速度があれば視聴可能です。

実際のところ4Kの動画というのはそこまでないので、5MbpsあればYouTubeの動画は快適に見ることができます

YouTubeのHD動画が視聴できる環境であれば、メール送信やウェブサイトの閲覧はもちろん、LINEやtwitter、TikTokなどのSNS、Zoomやskypeなどのビデオ通話も問題なく行うことが可能です。

とよ
実は特別なことをしないなら通信速度は10Mbpsもあれば十分すぎるくらいなんだ

もちろん、ギガ単位の大容量のデータをダウンロードしたりするのであれば速度が速いに越したことはありません。

これからポケットWiFiを3年契約するとかであれば先のことを考えると最新の端末を選んだほうがいいでしょう。

ですが、短期間で軽く使うだけであれば端末の新しさや速度はそこまで気にする必要はありません。

最大速度にこだわりすぎず、自分の目的にあった速度のルーターを選びましょう!

利用目的別おすすめレンタルWiFi

最初の方でおすすめのWiFiレンタルサービスを紹介しましたが、ここでは具体的にどんな時にどんなWiFiを借りればいいのかを解説します。

引っ越し時の繋ぎ回線としての利用

引っ越し先で、光回線などの固定回線が開通するまでの繋ぎとしてWiFiをレンタルする場合は工事日によっておすすめするものが変わってきます。

工事が数週間以内に行われるのであれば「WiFiレンタルどっとこむ」のような通常のWiFiレンタルサービスを、工事予定日が1カ月以上先なら「ZEUS WiFi」のような年間契約縛りのないポケットWiFiを契約するのがおすすめです。

とよ
工事日が不明な場合はWiFiレンタルどっとこむの「自動延長」を利用するのもありだね。

ただし、それで実際の工事が3カ月後とかになってしまった場合は割高になるので注意しよう!

通信の容量に関しては、短い期間とはいえメインの回線として利用するものなので可能な限り容量の大きいものを選ぶようにしましょう。

とよ
家でしか使わないならWiMAXの置き型ホームルーターなどをレンタルするのもいいね

年間縛りのないポケットWiFiを契約する場合は、容量を使い切ってもギガの追加ができるZEUS WiFiがおすすめです。

引っ越し先の繋ぎ回線には当日発送のレンタルWiFiサービスがおすすめ!

2020年12月14日

国内旅行・帰省

国内旅行や帰省でポケットWiFiをレンタルする場合は、旅行先にもよりますが基本的にはエリアの広いdocomo・au・SoftBank系のポケットWiFiがおすすめです。

上記大手3キャリアのポケットWiFiならスマホが繋がる場所ならほぼ使えるので、よほどの場所に行かない限り困ることはありません。

とよ
成田空港や羽田空港など、各空港で受け取れるところを利用すれば受け取りや返却の手間も省けるからおすすめだよ

通信容量に関しては、利用期間が2~3日であれば無理して無制限のルーターを選ぶ必要はありません

自分の使い方を考えて、足りそうであれば容量が小さくても料金の安いルーターを選べば節約にもなります。

とよ
ただし、制限のあるルーターの方が無制限のものより安いとは限らないから料金はしっかりチェックするようにしよう!

国内旅行・帰省のときには大容量のWiFiレンタルが便利!数日の短期間でも利用可能!

2020年12月14日

ワーケーション

ワーケーションとは、「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた新しい言葉で、観光地やリゾート地でテレワークなどを活用、働きながら休暇をとる過ごし方のことです。

ワーケーションの場合も国内旅行や帰省と同じく、WiFiレンタルを利用するならエリアの広いdocomo・au・SoftBank系のポケットWiFiがおすすめです。

仕事をする場所がホテルなどの宿泊先のみで、そこにWiFi環境が整っているならわざわざレンタルをせずに宿泊先の設備を利用するのもありです。

ですが、場所によってはWiFiはあるものの速度が遅くて使い物にならなかったり、不特定多数の人がアクセスできるのでセキュリティ面が弱かったりする場合もあります。

そういったことが心配な場合はWiFiレンタルサービスを利用するといいでしょう!

とよ
ポケットWiFiをレンタルすれば宿泊先だけでなく、出先のカフェなどでも仕事ができるようになるよ

たまにワーケーションをしたい人にはWiFiレンタルサービスがおすすめ!短期間で格安利用が可能!

2020年12月14日

急な入院など病院での利用

病院でWiFiレンタルを利用したい場合、まずは病室でポケットWiFiが使用可能かどうかを病院側に確認しておきましょう。

ポケットWiFiも電子機器のため、場所によっては使用できない場合があります。

そして病院は壁が厚かったり、頑丈にできたりしていて電波が入りにくい可能性があるのでWiMAXよりも電波強度が強いdocomo,au,SoftBankなどの4G・LTE回線を利用するといいでしょう

とよ
WiMAXが室内で全く使えないということはないけど、不安な場合は大手3キャリア(docomo,au,SoftBank)の4G・LTE回線を選んでおけば安心だよ

病院ではできることも限られ、必然とインターネットを利用する時間も増えるので通信容量は可能な限り大きなものを選んでおくのがおすすめです。

とよ
退院時期が未定だったり、急に伸びてしまったりする可能性があるならWiFiレンタルどっとこむの「自動延長」が便利!

手続きなしで延長ができるから返却時期が不明な状態でも安心して借りることができるよ

病院に入院時にはWiFiレンタルが便利!4G・LTEが繋がりやすくておすすめ!

2020年12月14日

テレワーク利用

このコロナ渦で、仕事がテレワークに切り替わったという人も多いと思います。

この状況は数週間や数カ月で落ち着くものではなさそうなので、もしテレワーク用にポケットWiFiを用意するなら短期間のレンタルではなく、年間契約の縛りのないポケットWiFiを契約することをおすすめします。

とよ
「一時的なものではなく完全に仕事がテレワークに移行した」「コロナに関係なく普通にこれからテレワークで仕事をしていく予定」という人はこの機会にポケットWiFiを年間契約したり、光回線を引いたりするのもありだね

データの容量に関してはこれも利用用途によって変わってきます。

さっきも紹介しましたが、オンライン会議でよく利用されるZoomアプリのデータ使用量は以下の通りです。

映像の有無10分40分1時間
音声のみ10MB40MB60MB
映像あり100MB400MB600MB

一日1~2時間のオンラインミーティングとWEB閲覧、メッセージのやりとりくらいしかしないのであれば縛りなしWiFiがおすすめです。

とよ
縛りなしWiFiなら3,300円で1日2GB利用可能なので、比較安く利用することができるよ

もし、もっと長めに会議をしたり、動画を見たりするのならZEUS WiFiがおすすめです。

ZEUS WiFiには月額4,280円で月100GB使えるプランがあり、1日当たりの制限がないので制限を気にせず利用できます。

とよ
縛りなしWiFiは制限に引っかかったら、解除されるまで待つしかないけど、ZEUS WiFiの場合は通信容量を追加することもできるよ

仕事でWiFiを利用する場合は

「通信制限になったけど解除されるまで待てばいいや」

というわけにもいかないので、結構通信を使うかもしれないという人はZEUS WiFiにしておけば安心です。

まとめ

WiFiレンタル

今回はWiFiレンタルについておすすめのサービスや、選び方のポイントについてなどいろいろまとめてみました。

WiFiレンタルは気軽に借りることができて便利ですが、適当に借りてしまうと

「別の場所で借りたほうがよかった」

「普通に年間契約した方が安かった」

「そもそも借りる必要すらなかった」

ということにもなりかねません。

自分の利用期間や利用目的に合ったサービスを選んで、損をしないWiFi環境づくりをするようにしましょう!

YouTubeコラボ ふじもん×トヨサポ

とよの運営するYouTubeチャンネル「トヨサポ」の方で、モバイルルーター業界では有名人のふじもんとのコラボしました。

はじめたばかりの弱小チャンネルなんかと快くコラボしていただいてありがたい限りです。

クラウドWi-Fiや最近流行りのドコモの5Gルーター「home5G」について、さらには業界の裏話など色々お話を聞いちゃいます!

 

更新日付が最終情報となっておりますのであらかじめご了承くださいませ。各公式ページでご確認お願いいたします。

WiFiランド編集部
カフェ

■WiFiランド編集部メンバー(とよ・ユメコ・まっすー)
記事は(とよ・ユメコ)が中心に書いています。僕が書いていなくても吹き出しで参加したり監修していたりするよ^^
まっすーは裏方で、ほかのメンバーも複数いるんだ。

WiFiランドは家電量販店歴18年(主にパソコン・インターネット回線・スマホ)のトヨが初心者から上級者、学生から高齢者まで8万件を超える接客をしてきた経験をもとに発信をしているサイトです。

≫≫とよの自己紹介はこちら

Twitterやインスタのフォロー待ってるよ!そこからのメッセージとかもOKなのでジャンジャン送ってね。
それとYouTubeも始めることにしたよ♪
「※まだ準備中なのでしばらくお待ちください!」
あまり表にでるタイプの人じゃないから緊張するけど、勇気振り絞って頑張るとするので応援よろしくね!

ABOUTこの記事をかいた人

見てくれてありがとう! この記事は僕(とよ)が書いているよ。
Twitter、インスタのフォローしてね。
要望や問い合わせなどもTwitter、インスタ経由でもOK♪
それと、YouTubeも不慣れながら始めることにしたよ! 気になるコンテンツとかがあったら登録してね♪