無制限のホームルーターは自宅のWiFi環境として本当に使えるのか?

無制限のホームルーターは自宅のWiFi環境として本当に使えるのか?

※当サイトで取り扱っている情報については、料金やキャンペーンなどを含め急に内容が変更になる場合があります。必ず各社公式サイトで最新の情報を確認するようにしてください。

光回線は通信速度が速く、回線も安定しています。

しかし回線工事には時間も費用もかかる上、工事への立ち会いが必要な場合もあるなど、なかなか面倒ですよね。

光回線の代用としては、工事不要で月のデータ容量が無制限の「ホームルーター」もおすすめです。

ホームルーターはモバイル回線で提供されている据え置き型の端末で、アンテナの性能がよく、電波が届きやすいという特徴があります。

ここでは、月のデータ容量が無制限のホームルーターについて解説していきます。

ただし以下に当てはまる方は、光回線を選ぶのがおすすめです。ホームルーターでは通信速度の低下や遅延が生じる可能性があります。

  • 家族の人数が多いなどの理由で、たくさんの通信機器を接続する場合
  • オンラインゲームをする方

無制限のホームルーターなら、自宅のインターネット環境を手軽に作れる

主なインターネット回線には、大きく分けて「光回線」と「モバイル回線」の2種類があります。

▼光回線とモバイル回線の違い

  • 光回線:通信速度が速く、回線も安定しているが、月額料金は高め。回線工事が必要で開通までに1カ月ほどかかることもある。
  • モバイル回線:通信速度は光回線に及ばないものの、安定しているものもある。月額料金は安く、工事不要で即、開通する。

「引っ越しが多い」「開通を急いでいる」などの理由で光回線の導入を避けたい方は、モバイル回線のホームルーターを選ぶのもおすすめです。

ホームルーターは工事不要で、端末が届けばすぐに使えます。さらにデータ容量が無制限のものを選べばギガ数を気にせず利用可能です。

据え置き型のホームルーターは、持ち運べるモバイルルーターよりアンテナの性能が優れています。

より遠くに電波が届き、繋がりやすいのがメリットです。

無制限のホームルーターの特徴

モバイル回線で月のデータ容量が無制限のホームルーターを提供しているところとしては、SoftBank AirとWiMAXが有名です。

ここからは、SoftBank AirとWiMAXを比較しながら、月のデータ容量が無制限のホームルーターの特徴を解説していきます。

特徴1. 工事不要で即、開通する

無制限のホームルーターを選ぶ一番のメリットは、工事不要という点です。

光回線は回線工事が必要になることも多く、開通までに1カ月ほどかかることもあります。また工事費用も18,000円~40,000円ほどかかるなど、申込のハードルは高めです。

一方、ホームルーターはWiMAX・SoftBank Airともに、回線を申し込んで自宅に端末が届けば、コンセントに繋ぐだけですぐ開通します。

ホームルーターは工事不要で初期費用も安く済むため、気軽にはじめられます。

特徴2. 通信速度は、WiMAXなら安定して速い

ホームルーターの通信速度は、WiMAXで下り最大440Mbps(一部エリアで1.2Gbps)、SoftBank Airは下り最大481Mbps(ごく一部のエリアで1.2Gbps)と比較的高速です。

WiMAXの場合、現時点で多くのエリアが下り最大440Mbpsに対応済みなので、自宅でも利用しやすいでしょう。こちらのUQ WiMAX公式サイトのピンポイントエリア判定で「○」の場所なら、快適な速度で利用できる可能性が高いです。

SoftBank Airの場合、公式サイトに記載のない住所では、下り最大175Mbps/165Mbps/112.5Mbps/110Mbpsになります。事前にこちらのSoftBank Air公式サイトで下り最大481Mbpsに対応しているか確認してから申し込むのがおすすめです。

なお、WiMAXやSoftBank Airは、地下や山間部には電波が届きにくい傾向です。住んでいる場所によっては、光回線やドコモ・au・ソフトバンクのLTEを検討した方がいい場合もあります。

また以下に当てはまる方は、光回線を選ぶのがおすすめです。ホームルーターでは通信速度の低下や遅延が生じる可能性があります。

  • 家族の人数が多いなどの理由で、たくさんの通信機器を接続する場合
  • オンラインゲームをする方

特徴3. SoftBank Airならデータ容量が完全無制限

SoftBank Airのホームルーターは、月のデータ容量が完全無制限です。

気兼ねなくインターネットを使いたい人はSoftBank Airを選ぶといいでしょう。

ただし、回線の混雑する時間帯(とくに夜間)は速度制限があります。

口コミをみると、速度制限中はかろうじてインターネットが使える程度との声も多いので、とくに21時~翌2時頃の利用が多い方はSoftBank Airを選ばない方がいいかもしれません。

WiMAXは、月のデータ容量は無制限ですが、3日10GBの制限があります。ただ、その分SoftBank Airより回線は安定している傾向です。

速度制限も18時~翌2時の8時間、概ね1Mbpsと緩めなので、常にある程度の快適な速度を期待するなら、WiMAXを選ぶのが無難でしょう。

特徴4. 月額料金が光回線より安い

無制限のホームルーターは、光回線より月額料金が安く設定されています。

  • 光回線:戸建てタイプで5,000円~6,000円、マンションタイプで4,000円~5,000円程度
  • WiMAX:3,500円~4,000円程度
  • SoftBank Air:3,000円~5,000円程度

WiMAXは光回線より月額料金が1,000円ほど安く済みます。

SoftBank Airの場合は最初の1年~2年、月額割引で料金が安くなります。ただ月額割引が終われば4,880円になるので、長く使うと少し割高です。

SoftBank Airは、ソフトバンク/ワイモバイルのスマホユーザーであれば毎月1,000円引きになるためお得ですが、それ以外の方にとっては料金面でのメリットが薄めです。

特徴5. WiMAXなら契約期間の縛りがないところもある

無制限のホームルーターというと、契約期間が長く、途中解約で解約金・違約金が高いというイメージをもつ方もいるかもしれません。

しかし実際は、WiMAXには契約期間の縛りなしのプロバイダもあります。

たとえば、UQ WiMAXは契約期間の縛りのない料金プランがあり、それを選べば解約金や違約金がかかりません。

またBIGLOBE WiMAXは1年契約ですが、途中解約でも解約金は1,000円と安く、2年目以降は解約金0円とほぼ縛りなしです。

一方、SoftBank Airは契約期間が2年で、途中解約では解約金9,500円がかかります。

特徴6. 支払方法に口座振替が選べるところもある

モバイル回線の支払方法はクレジットカード払いのみというところも多いのですが、無制限のホームルーターを提供するWiMAXやSoftBank Airは、支払方法に口座振替を選ぶことも可能です。

SoftBank Airはクレジットカード払いと口座振替に対応しています。また、デビットカードを使える場合もあるようです。

WiMAXだとUQ WiMAX、BIGLOBE WiMAX、BroadWiMAXなどがクレジットカード払いと口座振替に対応しています。

特徴7. 端末無料や、端末レンタルのところもある

無制限のホームルーターでは、キャンペーンやレンタルなどで端末代がかからないものもあります。

SoftBank Airの場合、ホームルーターを購入すると端末代は総額59,400円と高めですが、毎月割引があるため端末代は実質無料です。

ただ途中解約をすると、端末代の残債(1,650円×残りの月数)が発生するため注意が必要です。

SoftBank Airでは月490円で端末をレンタルできるので、長く使うか分からないという人はレンタルするといいでしょう。

WiMAXのホームルーターは端末代が15,000円~19,200円ほどとなっています。ただ、以下のようにキャンペーンでホームルーターが無料・格安になるプロバイダも多いため、初期費用を抑えての利用開始も可能です。

▼ホームルーターが無料もしくは格安のWiMAX

  • 端末無料:BroadWiMAX、So-net WiMAX
  • 実質端末無料(後日キャッシュバック):GMOとくとくBB
  • 端末代が格安:BIGLOBE WiMAX(実質4,200円)

無制限のホームルーター3機種の性能を比較

無制限のホームルーターは、WiMAXの「HOME02」、「L02」、SoftBank Airの「Airターミナル4」があります。

それぞれの性能は以下の通りです。

 【WiMAX】
HOME02
【WiMAX】
L02
【SoftBank Air】
Airターミナル4
本体
大きさ約118×50×100mm約178×93×93mm約225×103×103mm
重さ約218g約436g約635g
製造元NECHUAWEIHUAWEI
最大通信速度・下り440Mbps(一部エリアで1.2Gbps)
・上り75Mbps
・下り558Mbps(一部エリアで1.0Gbps)
・上り75Mbps
・下り481Mbps(ごく一部のエリアで962Mbps)
・上りは記載なし
回線・WiMAX2+
・au 4G LTE
・WiMAX2+
・au 4G LTE
・ソフトバンク(LTE)
(周波数帯は2.5GHz帯、3.5GHz帯、2.1GHz帯のみ)
Wi-Fi規格IEEE802.11b/g/a/n/acIEEE802.11b/g/a/n/acIEEE802.11b/g/a/n/ac
または
IEEE802.11b/g/a/n/ac /ax
同時接続台数21台42台64台
機能・高性能アンテナ
・バンドステアリング機能
・4本の高感度アンテナ
・TXビームフォーミング
端末代0円~19,200円0円~19,200円・購入:59,400円(1,650円×36回) ※実質無料
・レンタル:月額490円
月額料金2,726円~4,679円2,726円~4,679円2,880円~4,880円
データ容量月間無制限
(3日10GB)
月間無制限
(3日10GB)
無制限
発送最短当日最短当日最短当日

WiMAXの「HOME02」、「L02」、SoftBank Airの「Airターミナル4」を比較すると、L02がもっとも高性能です。

また、WiMAXとSoftBank Airで比較すると、以下のようにデータ容量以外はWiMAXが優れています。

どのホームルーターを選べばいいのか分からない人は、まずWiMAXのL02を選ぶのがおすすめです。

▼WiMAXとSoftBank Airの比較

  • 端末代:WiMAXが安い
  • 月額料金:WiMAXが安い
  • 通信速度:WiMAXが速い
  • データ容量:SoftBankAirは完全無制限、WiMAXは月間無制限(3日10GBの制限あり)

ただデータ容量についてはSoftBank Airが完全無制限でお得です。またソフトバンク/ワイモバイルのスマホユーザーなら月額料金が毎月1,000円引きになるため料金面でもメリットがでてきます。

「ソフトバンク/ワイモバイルのスマホユーザーで、完全無制限なら通信速度にはこだわらない」という人はSoftBank AirのAirターミナル4を選ぶのもいいでしょう。

まとめ

無制限のホームルーターには以下の特徴があります。

▼無制限のホームルーターの特徴

  • 工事不要で即、開通する
  • 通信速度は、WiMAXなら安定して速い
  • SoftBank Airならデータ容量が完全無制限
  • 月額料金が光回線より安い
  • WiMAXなら契約期間の縛りがないところもある
  • 支払方法に口座振替が選べるところもある
  • 端末無料や、端末レンタルのところもある

WiMAXのホームルーターは、3日10GBの制限はあるものの、通信速度はその分安定しています。自宅のインターネット環境としてはもっともおすすめです。端末無料のプロバイダを選べば、初期費用も契約事務手数料の3,000円で済みます。

SoftBank Airは通信速度が不安定な面はありますが、完全無制限で利用できるのはメリットです。通信速度にこだわらない人はSoftBank Airを選んでみてもいいでしょう。