5Gの時代にWiMAXはどう変化する?WiMAX3の登場時期はいつ?

5GでWiMAXはどう変化する? WiMAX3の登場時期はいつ?

※当サイトで取り扱っている情報については、料金やキャンペーンなどを含め急に内容が変更になる場合があります。必ず各社公式サイトで最新の情報を確認するようにしてください。

次世代通信規格「5G」のサービス開始にともない、WiMAX R3.0(いわゆるWiMAX3)が登場予定です。

これまでのWiMAX2+とはどのような違いがあるのでしょうか?簡単に解説していきます。

WiMAXの5GHz帯について調べたい人は、目次から「参考:WiMAXの5GHz帯について」に移動してくださいね。

5Gとは


出典:KDDI(公式サイト)

5Gとは、「第5世代」の通信規格のことです。

これまでは「第4世代」の4Gでしたが、その後継として5Gが登場しました。

5Gでは4Gより、データ通信に用いる周波数の幅が広く、一度に多くのデータを運べます。

5Gの大きな特徴は以下の3点です。

  • 高速・大容量:5Gの通信速度は4Gの20倍
  • 低遅延:5Gの遅延は4Gの10分の1
  • 多数同時接続:5Gの同時接続台数は4Gの100倍

すでにNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクでは5Gの提供が始まっています。

WiMAXと5G

5Gではまず、新たにSub6と呼ばれる低周波帯の3.7GHz帯、4.5GHz帯と、ミリ波と呼ばれる超高周波帯の28GHz帯を利用することになっています。

3.7GHz帯、4.5GHz帯、28GHz帯は、キャリア各社へ以下のように割り振られました。

  • NTTドコモ:3.7GHz帯(1枠)、4.5GHz帯(1枠)、28GHz帯(1枠)
  • KDDI:3.7GHz帯(2枠)、28GHz帯(1枠)
  • ソフトバンク:3.7GHz帯(1枠)、28GHz帯(1枠)
  • 楽天モバイル:3.7GHz帯(1枠)、28GHz帯(1枠)

このほか、今後は30GHz以上の高周波数帯の利用も考えられています。

現在のところ、5Gの新しい周波数帯の割り当てはキャリアのみに限られています。
WiMAXを提供するUQコミュニケーションズへの割り当てはありません。

WiMAXでは既存周波数2.5GHz帯の5G化を希望

総務省の審議会では新周波数の割り当てだけでなく、既存の周波数帯の5G化も検討中です。

すでにNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは4Gで利用しているすべての既存周波数帯の5G化を希望しています。

一方、WiMAXの提供を行うUQコミュニケーションズでは、既存の2.5GHz帯(バンド41)の5G化を希望しています。

WiMAXを提供するUQコミュニケーションズは、既存周波数帯の5G化の進捗を見ながら、親会社のKDDIの持っている周波数帯と合わせて5G化を進める方針のようです。

WiMAXといえば、周波数帯は2.4GHz帯と5GHz帯のイメージが強いですが、

  • WiMAX2+:2.4GHz帯と5GHz帯
  • WiMAX:2.5GHz帯

となっていました。

WiMAXの方は2020年3月31日で提供を終了し、2.5GHz帯は順次WiMAX2+へ割り振られているところです。

5G対応のWiMAXはいつ発表される?

現時点で、5G対応のWiMAX R3.0(いわゆるWiMAX3)に関する情報の発表時期は未定です。

総務省の資料をみると、2020年度中には何かしらの発表があるかもしれません。


出典:総務省

対応ルーターはある?

5G対応のWiMAXができても、5Gに対応したルーターがないとWiMAX R3.0(いわゆるWiMAX3)を利用することはできません。

5G化後のWiMAX R3.0(いわゆるWiMAX3)の対応ルーターは発売されているのかというと、現在のところまだ発売はされていません。

アメリカや中国でも日本と同じく既存の2.5GHz帯(バンド41)を5G化しているため、対応ルーターの調達自体は難しくないようです。

5G化が進んでも、しばらくは既存の4Gが残る見込みです。
WiMAX R3.0(いわゆるWiMAX3)が登場しても、しばらくの間はWiMAX2+は利用可能と思われるので、急いで移行する必要はないでしょう。

補足:新しい周波数帯と既存の周波数帯を組み合わせることで、5Gの早期普及が可能に


出典:総務省

5Gの新しい周波数帯には、電波の届く範囲が狭く、基地局がたくさん必要というデメリットがあります。

一方、既存の周波数帯は電波の届く範囲が広いです。

5Gの新しい周波数帯と、既存の周波数帯の5G化を組み合わせることで、上図のように5G社会の早期実現が可能になります。

国際的にも、既存の周波数帯の5G化が進行中です。

参考:WiMAXの5GHz帯について

補足になりますが、5Gと5GHz帯は別のものを指しています。

  • 5G:第5世代の通信規格
  • 5GHz帯:周波数帯(主にWi-Fiルーターが利用する)

WiMAX2+では、2.4GHz帯と5GHz帯の周波数帯が利用されています。

2.4GHz帯と5GHz帯は、以下のようにそれぞれ異なる性質があります。

2.4GHz帯

メリット
  • 障害物に強く、ルーターとスマホなどの通信機器の間に壁や床があっても電波が届きやすい
  • 電波が遠くまで届く
  • 基本的にどのルーターも対応している
デメリット
  • 2.4GHz帯はパソコン、プリンター、スマホ、ゲーム機、電子レンジ、電話機、Bluetoothなどいろいろな製品で利用されているため、混雑しやすく、速度低下や通信が切れるなどが起こりやすい

5GHz帯

メリット
  • 2.4GHz帯とは違い、一般的にルーター以外で利用されていないため、つながりやすく通信が安定している
  • 2.4GHz帯より通信速度が高速
デメリット
  • 2.4GHz帯より障害物に弱く、ルーターとスマホなどの通信機器の間に壁や床があると電波が届きにくい
  • 電波が遠くまで届かない
  • 古いルーターは5GHz帯に非対応のものもある

Wi-Fiがつながりにくいときには、2.4GHz帯→5GHz帯、5GHz帯→2.4GHz帯など、周波数を切り替えてみるのもオススメです。

スマホやパソコンで無線接続するときに、下記のどのWi-Fi規格を選ぶかで周波数帯を変えられます。

Wi-Fi規格最大通信速度周波数帯名称
IEEE 802.11a55Mbps5GHz帯 
IEEE 802.11b11Mbps2.4GHz帯 
IEEE 802.11g54Mbps2.4GHz帯 
IEEE 802.11n600Mbps2.4GHz帯 / 5GHz帯Wi-Fi4
IEEE 802.11ac6.9Gbps5GHz帯Wi-Fi5
IEEE 802.11ax9.6Gbps2.4GHz帯 / 5GHz帯Wi-Fi6

出典:エレコム(公式サイト)

まとめ

5Gとは、「第5世代」の通信規格のことです。

5Gの大きな特徴は以下の3点です。

  • 高速・大容量:5Gの通信速度は4Gの20倍
  • 低遅延:5Gの遅延は4Gの10分の1
  • 多数同時接続:5Gの同時接続台数は4Gの100倍

現時点で、5G対応のWiMAX R3.0(いわゆるWiMAX3)に関する情報の発表時期は未定となっています。

総務省の資料をみると、2020年度中にはWiMAX R3.0(いわゆるWiMAX3)について何かしらの発表がありそうです。

参考:
第5世代モバイル推進フォーラム
ケータイWatch
ケータイWatch
総務省
総務省