【最新】全WiMAX機種比較|専門家の教えるルーターの選び方

「WiMAXで決めた!」

でも、

「WiMAX端末はどれ選んだらよいのかな?」

「WiMAXルーターのそれぞれの違いって?」

結論から言うと2020年1月に発売したばかりの最新機種「NECのWX06」がおススメです。

このページでは通信関連15年の経験と様々な機種を使ってきた私が、

全WiMAX機種の比較とWiMAXルーターの選び方について紹介して行きます。

ユン
他サイトではW06がおススメとあるけど、実際に使ってみたうえで「WX06の方がいいんじゃない?」って言う理由も話していくよ。

【2020年】選べるWiMAX機種のスペック比較表

WiMAXモバイルルーター機種スペック比較表

発売日2020/1/302019/1/252018/11/82018/1/19
モバイルWX06(new)W06WX05W05
端末
メーカーNECHUAWEINECHUAWEI
カラーライムグリーン
クラウドホワイト
ブラックブルー
ホワイトシルバー
ソニックレッド
ピュアホワイト
ブラックライム
ホワイトシルバー
最大通信速度WIMAX(下り)440Mbps558Mbps440Mbps558Mbps
最大通信速度LTE(下り)440Mbps1.2Gbps440Mbps758Mbps
最大接続数16台16台10台10台
連続通信時間最大約14時間最大約9時間最大約10.5時間最大約9時間
電池容量3,200Ah3,000Ah3,200Ah2,750Ah
電池パック着脱着脱可能不可交換可能不可
サイズ約111×62×13.3㎜約128×64×11.9㎜約111×62×13.3㎜約130×55×12.6㎜
重さ約127g約125g約128g約131g
付属品USBCケーブル有りケーブル無しUSBCケーブル有りUSBCケーブル有り

WiMAXホームルーター機種スペック比較表

発売日2020/1/302019/1/25
ホームHOME 02L02
メーカーNECHUAWEI
カラーホワイトホワイト
最大通信速度WiMAX(下り)440Mbps558Mbps
最大通信速度LTE(下り)440Mbps1Gbps
最大接続数20台40台
サイズ約50×118×100㎜約93×93×178㎜
重さ約218g約436g

WiMAXルーターの選び方

何をポイントとして選べばよいのかについて話していきます。

ホームルーターとモバイルルーターの違い

持ち運びをしないのであれば、ホームルーターで良いかもしれません。

ただ、家でも移動中でも外出先でも利用できるモバイルルーターの方が利用幅は広いと考えます。

有線LANがほしい場合はクレードルを購入すれば利用可能です。

まず前提として現在プロバイダで取り扱いのある機種は複数はありますが、

NEC、Huaweiの新しい機種が改良がおこなわれているのでおススメしています。

新モバイルルーター(NEC、Huawei)

発売日2020/01/302019/01/25
モバイルWX06(new)W06
端末
メーカーNECHUAWEI
カラーライムグリーン
クラウドホワイト
ブラックブルー
ホワイトシルバー
最大通信速度WiMAX(下り)440Mbps558Mbps
最大通信速度LTE(下り)440Mbps1.2Gbps
最大接続数16台16台
連続通信時間最大約14時間最大約9時間
電池容量3,200Ah3,000Ah
電池パック交換交換可能交換不可
サイズ約111×62×13.3㎜約128×64×11.9㎜
重さ約127g約125g

新ホームルーター(NEC、Huawei)

発売日2020/1/302019/1/25
ホームHOME 02L02
メーカーNECHUAWEI
カラーホワイトホワイト
最大通信速度WiMAX(下り)440Mbps558Mbps
最大通信速度LTE(下り)440Mbps1Gbps
最大接続数20台40台
サイズ約50×118×100㎜約93×93×178㎜
重さ約218g約436g

プロバイダによって取り扱いのない所もあります。

ユン
旧端末と新端末を比べると世代を超え端末はブラッシュアップされ良い製品に変わっていくもの。できるなら新端末がほしいけど、メーカー側からすれば旧端末在庫から販売していきたいんだよね。だからそういった意向がキャンペーンやセールスに反映されていたりするよ。一部プロバイダでは旧端末の方が安く提供していたりするんだ。少しでも安く使いたい!という場合は旧端末を選ぶのもいいかもね。

【重要】WiMAX機器選びで知っておくべきこと

モバイルルーターを選ぶ上でまず気になるのがその速度です。

  • 2020年1月30日に発売したNECの新端末WX06の速度が440Mbps
  • 2019年1月25日に発売したHuaweiの端末W06の速度は1.2Gbps

「んっ!?後に出たNECのWX06が速度で負けている?

これだけ見ると速度はW06の方が圧倒的に速い!!その数字だけを単純にみると、「これでいいじゃん!」となると思います。

でも、ちょっと待ってください。

ちゃんとかみ砕いて解説していきますね。

紹介する立場ではその速度だけで比較をすれば、結論を出しやすいのでどうしてもそう言った提案になりがちです。

Wi-Fiランドでは、良いことばかり言わずあえてマイナスポイントを出すことも、ユーザーが正しく判断する上では重要なことだと考えています。

実は、W06の1.2Gbpsは実際に使うシーンは少ない

1.2Gbpsの利用での条件はまず対応エリアであることが大前提、設定などができていなければそのエリアであっても非対応となります。

  • モバイルルーターの注意事項一部

    東京都、埼玉県、愛知県、大阪府>の一部エリアとなります。対象エリアは今後拡大予定です。ハイスピードプラスエリアモード(有料)、ハイパフォーマンスモードおよび4×4MIMO設定オンでご利用時。Wi-Fi接続時は下り最大867Mbpsです。USB3.0以上対応のType-Cケーブル(別売)が必要です。本サービスはベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、お客さまのご利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。通信速度は機器の能力に依存します。

  • ホームルーターの注意事項一部

    ハイスピードプラスエリアモード(有料)ご利用かつLANケーブル接続時。LANケーブル接続時は下り最大1,000Mbps、Wi-Fi接続時は下り最大867Mbpsです。<東京都、埼玉県、愛知県、大阪府>の一部エリアとなります。対象エリアは今後拡大予定です。本サービスはベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、お客さまのご利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。通信速度は機器の能力に依存します。UQ公式ページより

この速度を得るために必要なこと

  1. 関東だと東京、埼玉の一部
  2. USB接続ないし有線LAN接続であること
  3. ハイスピードプラスエリア、つまり月間7Gまでの利用となる
ユン
エリアはあまり期待できないかな(笑)2019年公式発信エリアと現時点の対応エリアが広がってなさそうだし。また、この回線はUSB、LAN接続時ということはパソコン接続が前提なんだけど、月間で利用できるデータ量が7Gまでということから考えると正直微妙かな。パソコン利用だとデータ消費量がスマホと比べて大きいんだよね。

つまり、この速度で利用するにはとても制約の強い条件があるってこと。実際はその恩恵を受けられない人の割合が多いんだよね。

こんな細かいことは言いたくはないんだけど、昔から通信業界はその最大速度っていうことに拘るんだよね。理由は一部エリアを対応させることで最大とウタエルからなんだろうけど。

WX06とW06をどっちも使ったうえでの感想

W06が悪いというわけではありませんのであしからず。

速度比較

先日地下街(地下2階)あったカフェでWX06とW06でWiMAX回線で速度比較を行いました。

そうすると、WX06の方が速度が速いという結果となりました。

(速度計測方法はハイスピードモード(HS)で2.4G接続、速度計測アプリはRBBSPEED)

W06が19Mbps、WX06が28Mbpsとなりました。

おそらくWX06にはWiMAXハイパワーが入っているので受信感度が高いのだと思います。

ユン
つまり理論速度が違っていてもそんなに気にすることはないって話だよ!僕はWX06とW06を使ったうえでその速度、受信感度、バッテリー持ちやそのほかの機能などを相対的に判断してWX06がいいなと思って選んだんだよね。

WiMAXのNEC「WX06」を実際に使った感想レビュー|評判と口コミまとめ

WiMAXルーターを選ぶ上で大切な4つのポイントで比較

 

  1. 速度の違い
  2. 受信感度の違い
  3. バッテリーの違い
  4. 本体の価値

1.速度の違い

速度の違いについては前項でお話したように実測値ではそんなに差はないと感じます。ただご自身の利用場所が東京・埼玉・愛知県・大阪府などに入る場合やパソコンで動画などの利用が無い場合などはW06の方が速度は期待できます。

ユン
W06はそのメニュー画面の操作性や丸みのあるデザインということもあり持ちやすいんだ。この点はWX06よりも良い点かな

2.受信感度の違い

受信感度についてはW06は高性能ハイモードアンテナ搭載で受信感度は向上しているようです。ただどれくらい上がっているかは明記無しです。

WX06に搭載しているWiMAXハイパワーについては期待ができます。

WiMAXハイパワーとは

電波が弱い時に送信パワーを上げて通信速度を約20%改善させる技術

従来機と比べても自宅内や建物内などの電波が届きにくいエリアにおいて通信速度が改善します

ユン
受信感度はとても満足度に直結するんだ。スマホなどに接続して利用して使えるから電車の中などでも使うことあるよね。そんな時の繋がり具合はとても大切な要素なんだ。

3.バッテリーの違い

バッテリーはWX06が14時間、W06が9時間。持ち運びでのバッテリーは結構重要です。

またWX06の良い所はバッテリー着脱式だということです。バッテリーが劣化した際はUQアクセサリーショップにて購入することができます。

4.本体の価値

メルカリなどではWX06は高値で取引されています。反面W06の値段は低いですね。

おそらく理由としては新しいということもありますが、WX06はバッテリーが着脱式で別で購入できるのもその価値が高くなっている要因だと考えます。

W06に関してはバッテリーが一体型ということもあり、バッテリー交換にも費用や手間がかかるので価値としては低くなるのでしょうか。

また、UQ公式ではWiMAXのSIM単体契約ができるため、再利用が可能ということもあいまってWX06の価値が高いのだと思います。

(あくまで個人的見解です(笑))

WiFiランドでおすすめするWiMAX機種はコレ!

Wi-Fiランドをおススメする端末はWX06です。

  1. 速度がW06と大差無い
  2. バッテリー持ちが良い
  3. バッテリー着脱式で価値が高い
  4. 受信感度が高い
  5. WiMAXルーター初、2.4G接続と5G接続ができる
  6. W06にはないWiMAXクレードル対応だから有線LANがほしい人も対応可
  7. 3日10G、LTE7Gのデータ量を一目で見ることができる
ユン
以上の理由からWi-FiランドではWX06をおススメしているよ!その他のサイトがなぜW06を進めているのかは十分理解はしているけど、僕がWX06を購入しているのにW06を勧めることはできないよね(笑)

 

※当サイトで取り扱っている料金、キャンペーンなどの情報は最新の情報に更新するようにはしていますが、更新が漏れていたり内容が急に変更になったりしている場合があります。必ず公式サイトで最新の情報を確認するようにお願いします。