一人暮らしにはWiMAXが便利!家でも外でも使えて通信料金の節約にも

一人暮らしにはWimaxが便利!家でも外でも使えて通信料金の節約にも

一人暮らしをはじめるとき、「ネット環境をどうするか」は悩みどころの1つですよね。

大学生の方だと「実家では光回線のWiFiを使っていたけど、引っ越し先のマンションは光回線に対応していない……」という人もいるかもしれません。

実は、一人暮らしには光回線よりWiMAXの方がなにかと便利なのをご存じでしょうか。

ここでは一人暮らしの人にWiMAXがオススメな理由を解説していきます。

WiMAXが一人暮らしにオススメな理由


出典:UQ WiMAX(公式サイト)

WiMAXは以下の点で、一人暮らしに便利です。

WiMAXが一人暮らしにオススメな理由
  1. 通信速度は結構速い
  2. モバイルルーターを選べば自宅でも外出先でも使える
  3. 開通までが速い
  4. 初期費用が安い
  5. 月額料金が安い
  6. 「スマホの低用量プラン+WiMAX」にすると通信料金の節約に
  7. 引っ越しの際に解約する必要がない

1,通信速度は結構速い

インターネットの閲覧や動画視聴に関係してくる「下りの通信速度」は、光回線で最大1Gbps、WiMAXで最大440Mbpsとなっています。

WiMAXの通信速度は光回線の半分程度ですが、十分な速さです。

この速さは理論上の数字なので、必ずこの速さがでるというわけではありませんが、WiMAXはエリア内であれば10Mbps~30Mbps程度はでます

YouTubeは通信速度が1Mbpsほどでていれば視聴できるので、ネットの閲覧や動画視聴といった使い方をする人のネット環境としては十分でしょう。

WiMAXは「3日で10GB」を超えると速度制限がかかるものの、YouTubeの動画視聴はできる程度の速度はでます。
また、一般的な使い方では「3日で10GB」を超えることはあまりありません。

一人暮らしで「動画視聴やネット閲覧をしたい」という人はWiMAXが便利

オンラインゲームをしない人であれば、一人暮らしのネット環境はWiMAXで十分賄えます。

逆に、オンラインゲームをする人や、数人で同じ時間にWiFiを使うことが多い人は光回線を選んだ方がいいでしょう。

数人で同じ時間に同じWiFiを使う場合、WiMAXだと場合によっては通信速度が遅くなります。
また、WiMAXは電波を利用している関係上、通信が途切れることもあるため、オンラインゲームをする人にはWiMAXは不向きです。

2,モバイルルーターを選べば自宅でも外出先でも使える


出典:UQ WiMAX(公式サイト)

WiMAXには持ち運びができるモバイルルーターと、据え置き型のホームルーターの2種類が用意されています。

  • モバイルルーター:W06、WX06など
  • ホームルーター:L02など

モバイルルーターを選べば、外へ持ち運んで使うこともできますし、家では別売りのクレードルにつないで使うこともできて便利です。

ただし、WiFiの電波を飛ばす力はホームルーターの方が強いです。
自宅でしかWiMAXを使わないという人はホームルーターを選ぶといいでしょう。

3,開通までが速い

WiMAXは回線工事が不要なので、開通までに時間がかかりません。

最短でその日から使えるので、早くネット環境を用意したい場合にも対応できます。

4,初期費用が安い

WiMAXは初期費用が無料か、初期費用のキャッシュバックを行っているプロバイダが多く、実質の負担額は契約手数料3,000円程度です

一人暮らしをはじめるときはなにかとお金がかかるので、初期費用がかからないのは助かりますね。

5,月額料金が安い

WiMAXの月額料金は3,500円~4,000円程度とリーズナブルです。

さらにauのスマホを使っている人なら、料金プランを「auスマートバリューmine」にすると、WiMAXの月額料金が最大1,000円引きになります。

6,「スマホの低用量プラン+WiMAX」にすると通信料金の節約に

ドコモやau、ソフトバンクなどのスマホを使っている人は、「スマホの低用量プラン+WiMAX」にすると通信料金を節約できます。

ドコモのスマホを例にすると、

  • スマホ(ギガライトのデータ量1GBプラン):1,980円
  • WiMAXのギガ放題プラン:3,500円~4,000円

を選べば、スマホとWiFiの両方で月5,500円~6,000円となります。

ドコモのギガホは30GBで6,980円であることを考えると、スマホの低用量プラン+WiMAXはかなりお得です。

節約を極めたい人は「格安SIMのスマホの低用量プラン+WiMAX」で運用すると、もう少し安くなります。

7,引っ越しの際に解約する必要がない

光回線を使っていると、引っ越すときには「移転」もしくは「解約」の手続きが必要になります。

WiMAXの場合は引っ越し先でもそのまま使えるので、光回線のような手続きは不要です。

とくに一人暮らしの大学生の場合、引っ越しの機会は今後も何度かあると思うので、引っ越し先でもそのまま使えるのは便利ですよ。

WiMAXの速度って実際どうなの?

自身の体験をもとに書いていきます。WiMAXはWX06利用中、W06も利用して比較もしています。

WiMAX利用経験は結構長く、2009年より様々な端末を利用してきました。その経験をもとにカンタンにまとめますね。

WiMAXの実測値について

(WX06 / 速度計測アプリ:RBB SPEED TEST / 計測端末:iPhoneSE(2世代)  / 5回 / 神奈川県 )

WiMAXの電波状況近くに山があり、海近い場所でそんなに良好ではない

WiFi接続   1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
2.4GHz 下り 9Mbps 38Mbps 36Mbps 27Mbps 26Mbps
上り 14Mbps 13Mbps 14Mbps 16Mbps 12Mbps
PING 57 70 51 81 49
WiFi接続   1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
5GHz 下り 50Mbps 49Mbps 51Mbps 46Mbps 58Mbps
上り 14Mbps 16Mbps 16Mbps 13Mbps 12Mbps
PING 63 55 71 67 49

WiFi接続は簡単に切り替えができます。設定→LAN設定→Wi-Fi周波数設定→個別5G→屋内/屋外を選択。

電波状況によって速度は変わります。以前住んでいたところでは5G接続したら速度は100Mbpsをこえていました。光回線よりも速かったです。

回線が太い分、安定性が高く、設定によっては高速通信となります。

とは言えPINGが高いのでオンラインゲームなどは不向きです。ですが、どのレベルを求めるかということが重要なので、

人によっては全然問題ないよと言っていたりします。

3日10GB制限について

3日10GB制限がありますが、これはデメリットとしても取れますし、メリットとしても取れます。

3日10GB制限のメリット

3日10GB制限があることで極度のトラフィックに制限をかけ、回線の安定性を確保できるということです。

つまり渋滞を起こしづらいということですね。

3日10GB制限のデメリット

これを超えるような使い方をする人には不向きです。

最近はやりのクラウドWiFと比べると?

クラウドWiFiは150Mbpsで実測値10Mbps~20Mbpsくらい。エリアは広いのが特徴。

最低限の利用ができ、毎月の費用をお安くしたい場合はGOOD!

ただ、自宅メイン回線として安心して使える品質というところではWiMAXがおススメ!

質重視か、安さ重視か自身の好むサービスを利用しましょう

近年、WiMAXを契約する人は増加中

2009年には15万人ほどだったWiMAXの契約者数ですが、2014年あたりから徐々に増加し、2019年には3,400万人以上となっています。

2013年に高速通信「WiMAX2+」の提供が始まり、サービス開始当初より通信速度が大幅に上がったことも影響していそうです。

一昔前まで、WiMAXは都市部でしか使えませんでしたが、今は対応エリアが広がり、都市部だけでなく地方でも使えるところがかなり増えました。

WiMAXの対応エリアはUQ WiMAXなどの公式サイトに載っているので、確認したい地域がある人はチェックしてみてください。

参考:スマホのテザリングはどうなの?


出典:NTTドコモ(公式サイト)

パソコンをネットにつなぐ方法として、「スマホを高用量プランで契約し、スマホのテザリングでWiFiを飛ばしてパソコンをネットにつなぐ」という方法もあります。

しかし、スマホのテザリングは以下の点から日常利用にはあまり向きません

  • テザリングは通信速度がWiMAXより遅め
  • スマホの高用量プランは月額料金が割高

テザリングは通信速度がWiMAXより遅め

スマホのテザリングでは、通信速度が下りで最大100Mbpsです。

WiMAXが下りで最大440Mbpsであることを考えると、テザリングをする場合は速度には期待できません

スマホの高用量プランは月額料金が割高

テザリングをする場合、スマホは高用量プランを選ぶことになりますが、月額料金が高くオススメできません。

たとえば、ドコモのギガホは「高速通信が30GBまで」という内容で、月額料金は6,980円かかります。

さらに30GBを超えて高速通信を行いたいときには「1GBにつき1,000円」を支払う必要があり、不経済です。

WiMAXは月額料金3,500円~4,000円程度で無制限※なので、日常的にネットを利用する人は、スマホの高用量プランでテザリングをするより、「スマホの低用量プラン+Wimax」がオススメです。
※「3日で10GB」を超えると、18時頃~翌2時頃まで速度制限がかかります。

まとめ

WiMAXは以下の点で、一人暮らしの人にはとくにオススメです。

  • 通信速度が結構速い
  • モバイルルーターを選べば自宅でも外出先でも使える
  • 開通までが速い
  • 初期費用が安い
  • 月額料金が安い
  • 「スマホの低用量プラン+WiMAX」にすると通信料金の節約に
  • 引っ越しの際に解約する必要がない

WiMAXプロバイダ比較!便利な絞り込み検索ツール

WiMAXのプロバイダは、キャッシュバックで有名なGMOとくとくBBや、月額料金の安さで人気のBroadWiMAXをはじめ20社以上あります。

WiMAXは店頭でも申し込みできますが、お得なキャンペーンはインターネット限定のところも多いです。契約の際には一度キャンペーン情報を確認してみてくださいね。

持ち運びで使える無制限WiFiのおすすめプロバイダはこの4つ

2020年7月15日
WiFiランド編集部
カフェ

■WiFiランド編集部メンバー(とよ・ユメコ・まっすー)
記事は(とよ・ユメコ)が中心に書いています。僕が書いていなくても吹き出しで参加したり監修していたりするよ^^
まっすーは裏方で、ほかのメンバーも複数いるんだ。

WiFiランドは家電量販店歴18年(主にパソコン・インターネット回線・スマホ)のトヨが初心者から上級者、学生から高齢者まで8万件を超える接客をしてきた経験をもとに発信をしているサイトです。

≫≫とよの自己紹介はこちら

Twitterやインスタのフォロー待ってるよ!そこからのメッセージとかもOKなのでジャンジャン送ってね。
それとYouTubeも始めることにしたよ♪
「※まだ準備中なのでしばらくお待ちください!」
あまり表にでるタイプの人じゃないから緊張するけど、勇気振り絞って頑張るとするので応援よろしくね!