WiMAXは本当に無制限で使える?契約前に注意するべき3つのポイント!

昔のモバイルルーターはエリアが狭かったり、速度が遅かったりして固定回線と比べると明らかに性能が低く手放しでおすすめできるようなものではありませんでした。

それでも当時は外でネットができるというだけでもありがたかったのですが。

そんなモバイルルーターも最近では性能が上がり、一人暮らしをしている人に関してはネット回線はモバイルルーターだけという人も増えています。

中でもWiMAXは速度が速い、無制限で使える、ということで人気があります。

が、しかしWiMAXは本当に無制限で使えるのでしょうか?

今回は勢いでWiMAXを契約して後悔しないために「WiMAXは本当に無制限で使えるのか?」という点を中心に契約前に気をつけるべき3つのポイントを紹介します。

 

WiMAXは完全無制限ではない

ひとつめのポイントは「WiMAXは完全無制限では使えない」ということです。

WiMAXは月間の利用制限などはないのですが、実は「3日で10GB」という制限が設けられています。

とはいえ10GBというとYouTubeのHD動画約13時間分なので1日4時間以上は視聴できます。

標準画質にすると47時間なので1日15時間以上も視聴できます。

なのでこの制限は普通に使う分には気にならないですし、実際私もこの制限に引っかかったことはありません。

しかし、日常的に大規模なデータのやり取りを行なっていて3日で10GBを超えることがわかっている人はWiMAXはやめておいた方がいいでしょう。

この3日で10GBという制限はWiMAXだけではなくワイモバイルなど他のモバイルルーターでも同じ制限が存在するので、3日で10GB以上の通信を日常的に行うと言う人には固定回線をおすすめします。

 

エリアに注意

ふたつめのポイントは「エリア」です。

WiMAXのエリアはサービス開始から比べてかなり拡大しており、感覚としてはケータイが繋がるところであればだいたい繋がるという感じになっています。

しかし場所によってはつながりにくいところも存在するので契約前にはエリア判定をしておくといいでしょう。

ピンポイントエリア判定という住所を絞っての判定もできるのでかなり参考になります。

最近、初期契約解除制度というクーリングオフに近い制度も生まれ、契約から8日以内であればキャンセルが可能になりました。

なので実際に使えるかどうかが不安で契約できないという人も安心して契約ができるようになっています。

オンラインゲームをやる人は注意

3つめのポイントは「固定回線に比べping値が高い」という点です。

これは普段ネットで調べ物をしたり、動画を見るときには気になるようなものではないのですがオンラインゲームをやるときに問題がでる可能性があります。

ping値が高いと回線が安定せず、ラグが起きる可能性があるのです。

モンハンワールドなどを試しに遊んでみた感じでは特に固定回線でやった時と遜色なくできたのでそんなに神経質になることもないと思いますが、FPSなどをガチでやりこむという人は固定回線を引いて有線で接続しておくのが無難だと思います。

 

以上、WiMAXを契約する前に注意するべき3つのポイントでした。

特に速度制限に関しては誰もが気にするポイントなので自分の使い方を考えてWiMAXが合うかどうかを確認してから契約するようにしましょう!