持ち運びで使える無制限WiFiのおすすめプロバイダはこの4つ

持ち運びで使えるWiFiルーターが使いたいけど無制限がいいんだよなぁ」と思っている人も多いと思います。

そんな人におすすめしたいのが、様々なモバイルWiFiルーターがある中で、通信速度が抜群に安定している「WiMAX」です。

 

WiMAXはUQコミュニケーションズの制限なしのモバイルWiFiルーターで、無制限タイプをはじめに打ち出したレジェント会社のサービスです。

ポケットに入るくらいの大きさで持ち運びのできるWiFi、制限無しで光回線に勝る速度で利用できるので多くの人に選ばれています。

ですが、現在はさまざまなプロバイダが参入しているので「実際にどのプロバイダを選んだらお得なの?」と迷っている人も少なくありません。

 

そこでこの記事ではWiMAXの各社の売り、「キャッシュバック」「月額料金が安い」「オプション加入条件なし」「短期契約」などがあるのでWiMAXプロバイダを比較して紹介して行きます。

また、無制限で利用できるクラウドWiFiの仕組みを利用したポケットWiFiについても紹介して行きます。

自分に合ったプロバイダを探してくださいね。

 

「持ち運びができるWiFi」おすすめWiMAXプロバイダ

まず大前提として、WiMAXサービスはどのプロバイダでもエリアや通信速度などのサービスに違いはありません

その中で各社の特徴や料金をご覧いただき、ご自身はどれを重要視するかでご判断していただければと思います。

GMOとくとくBBWiMAX「安さを重視する」

GMOトクトクBBWiMAX

どんなプロバイダ?
プロバイダー運営実績20年以上の東証一部上場企業GMOインターネット株式会社が運営しているWiMAXプロバイダ。
3年総額は?
16,733(税込)
特徴
キャッシュバックがあり、とにかく安い!
  GMOWiMAX BroadWiMAX カシモWiMAX
端末代金 0 0 0
登録料 3300 3,300 3,300
3年通信費総額 167,330 140,766 140,503
実質価格(÷36) 4,648 3,910 3685
キャッシュバック 33,200
キャッシュバック換算総額 134,120 140,766 140,503
公式ページ 公式「限定」 公式 公式

 

GMOトクトクBBWiMAXのキャッシュバック型は3年通信総額に対して、キャッシュバック分を引き実質価格ということで計算しています。そうすると他プロバイダよりも最安になるんですね。また、GMOトクトクWiMAXには月額還元型といって毎月の費用が安いタイプも存在します。総額が142,870円で、キャッシュバック6,000円になっています。

とよ
このページ限定最大33,200円キャッシュバックになってるよ

BroadWiMAX「キャッシュバックより毎月の料金が安いほうが良い!」

BroadWiMAX
どんなプロバイダ?
株式会社リンクライフが運営するWiMAXプロバイダ。契約する上でのわかりやすさやサポートが売り
3年総額は?
140,766(税込)
特徴
毎月の通信費が安く、独自キャンペーンを行っているので対象者は非常にお得になる
  GMOWiMAX BroadWiMAX カシモWiMAX
端末代金 0 0 0
登録料 3300 3,300 3,300
3年通信費総額 167,330 140,766 140,503
実質価格(÷36) 4,648 3,910 3685
キャッシュバック 33,200
キャッシュバック換算総額 134,120 140,766 140,503
公式ページ 公式「限定」 公式 公式

BroadWiMAXはキャッシュバックはないものの毎月から割引を行っているいわゆる月額還元型。一番お得なGMOトクトクBBWiMAXと比べれば5,000円ほどお得さに欠ける。しかし、キャッシュバック受け取りなどの手間はないのでその点がメリット。また乗り換えキャンペーンで20,900円キャッシュバック、2台目以上の契約者に対しても10,000円のキャッシュバックを行っている。

とよ
BroadWiMAXはとても人気が高いプロバイダだよ

カシモWiMAX「面倒なことがとにかく嫌だ」

カシモWiMAX
カシモWiMAX「面倒なことがとにかく嫌だ」
どんなプロバイダ?
株式会社EMモバイルが運営するWiMAXプロバイダ。他のプロバイダはオプション加入必須のなか、加入なしでもお得さがかわらない。
3年総額は?
140,503(税込)
特徴
オプション加入条件が無く、外したい人は外せるプロバイダ
  GMOWiMAX BroadWiMAX カシモWiMAX
端末代金 0 0 0
登録料 3300 3,300 3,300
3年通信費総額 167,330 140,766 140,503
実質価格(÷36) 4,648 3,910 3685
キャッシュバック 33,200
キャッシュバック換算総額 134,120 140,766 140,503
公式ページ 公式「限定」 公式 公式

カシモWiMAXはbroadWiMAX同様でキャッシュバックはないものの毎月から割引を行っているいわゆる月額還元型の一つ。GMOトクトクBBWiMAX、BroadWiMAXと比べればお得さではかなわない。しかし、加入時の煩わしいオプション加入条件は必須ではないので、欲しくないオプションは加入時に外すことができる。後日の手間をかけたくない人にはおすすめするプロバイダ。

とよ
繰り返しになるけど、WiMAXサービス自体はどのプロバイダ経由でもかわらないよ。安さを重要視するのか、月額料金を安くするのか、手間をかけないか、などを考えるとプロバイダ選びは簡単だよ
BIGLOBE WiMAX 2+
どんなプロバイダ?
もともとビッグローブはNEC子会社。2017年1月末にKDDIの完全子会社になった。KDDIはWiMAXの大元でもあるため、他プロバイダのできない契約形態を行っている。
1年総額は?
52,536円(税抜)
特徴
口座対応ができる上、1年契約、その後の解除料金なし、WiMAXSIM単体契約可能
キャッシュバック 17,000円
端末代金 21,220円
登録料 3,300円
月額1~2ヶ月 0円
月額3ヶ月以降 4,378円
1年総額 52,536円
2年総額 105,072円
3年総額 157,608円
契約期間 1年契約
解除料金(1年以内) 1,100円(2年目以降は0円)
口座支払い手数料(毎月) 220円

※月額は「ベーシック」コース220円/月を含む 

※全て税込表記です。

とよ
3年など長期利用がある人からすれば割高になるんだけど、短期利用を考えている人にはピッタリなんだよね。解約金も1,000円だから、いつでも辞められる金額なんだ。そのあとにまた使いたくなったら、最初に購入したWiMAXルーターは再度利用ができるので、SIM単体のみの契約もOK!

持ち運びできるWiFiのメリットとデメリット

持ち運びできるWiFiのメリットとデメリット

持ち運びのできるWiFiのメリット

持ち運びのできるWiFiのメリットは5つ、順にみていきましょう。

持ち運びWiFiのメリット①「工事いらず、届き次第すぐ使える」

固定回線は工事が必要で、開通までの時間が1週間~1ヶ月かかりますが、持ち運びWiFiは端末が1日~届き次第すぐに利用ができる。

持ち運びWiFiのメリット②「配線がスッキリ」

固定回線でモデムとWiFiルーターの接続によりLANケーブルや電源ケーブルなどがたくさん必要でごちゃごちゃしてしまいますが、持ち運びのできるWiFiはスマホよりも小さくポケットに入るくらいのモバイルWiFiルーターが一つ。自宅にいる際はコンセントにチョコンとあるだけ。

持ち運びWiFiのメリット③「家でも外でも使える」

何といっても持ち運びのできるWiFiの良い所はコレ!自宅でも外でも、当然移動中でもWiFiが利用できる。

パソコンはもちろんタブレットにスマホに複数接続が可能になる。

更に、最近では格安SIMを利用している人も多くいるので、そのデータ量や通信の弱さをカバーできる。また大手三キャリアのドコモやAU、ソフトバンクのスマホを利用している場合も、外出先でWiFiが利用できるようになるので料金プランを下げる人も多くいます。そのことで通信料金の節約にもなる。

持ち運びWiFiのメリット④「高速ネットでサクサク利用ができる」

通信速度に関しては心配する声があるのも事実。しかし今回紹介しているWiMAXは440Mbps。高速のインターネットが可能なので、動画を見たり、WEB検索をしたり、アプリを利用したり快適にインターネットが利用できる。

とよ
WiMAXを持ち運びで通信速度を調べたんだ。その時の平均速度は移動中が10Mbps~50Mbpsくらい。

スマホと比べながらの調査で速度は場所によるんだけどスマホより少し早い感じ。あとWiFi設定で5G接続にすると飛躍的にその速度は速くなるのも確認できたよ。30Mbpsくらいしか出ていない場所で5GのWiFi接続に切り替えたところ100Mbpsくらいになった。

あと、半年前くらいに利用していたAUひかり戸建てタイプが実測値で99Mbps、WiMAXは108Mbpsとなっていたよ。つまり、光回線だと安心とは言い切れない部分もあるんだよね。その意味でWiMAXの速度は速いな!というのが率直な感想だよ

持ち運びWiFiのメリット⑤「たっぷり使える」

今回紹介しているWiMAXはギガ放題というプランで月間制限無しでたっぷり使える。

また3日10Gの制限を作ることで回線の安定度を高めている。

持ち運びのできるWiFiのデメリット

持ち運びのWiFiのデメリットはあります。ここに該当する人にはおすすめしません。

持ち運びWiFiのデメリット①「通信エリアが存在する」

持ち運びのWiFiは電波で受信しているのでその通信エリアがある。もし自宅がそのエリア外や電波の入らない場合は利用ができない。

あらかじめエリア検索を行うことが大切です

提供エリア

よく利用されるエリアについては「ピンポイントエリア判定」での確認をおすすめします。

※WiMAXのエリアは、「WiMAX」タブをクリックして、画面を切り替えてご確認いただけます。

持ち運びWiFiのデメリット②「3日10GB制限がある」

もし、自身の利用が3日で10GBをこえるのであればやめときましょう。

内容 データ量 15GB 1日平均
メール送受信(添付ファイル付き含む) 約500KB/1通 約94,050通 約31,350通
ニュースサイトなどの閲覧 約300KB/1ページ 157,050ページ 52,350ページ
音楽のダウンロード 約4KB/1曲 約3,750曲 約1,249曲
高画質の動画 約60MB/5分 約19.5時間 約6.4時間
標準画質の動画 約3.5MB/5分 約70.5時間 約23.4時間

 

とよ
実はこの3日10GB制限はあった方が良いものなんだ。これは通信の品質を守るためには必要なもので、一部のヘビーユーザーが垂れ流しで利用していたとしたら周辺の人の回線は著しく影響を受けたりするんだ。

他のWiFiサービスでは完全無制限をうたっているのもあるんだけど、その回線はトラフィックが上がる、つまり通信の利用者が多くなって渋滞を引き起こして回線の品質が守れなくなるんだ。そんな話はチラホラ出ている情報でもあるので知っている人もいるんじゃないかな。なので3日10GB制限はないに越したことはないんだけど、通信の仕組み上あったほうが質を守れるって話なんだよね。

もし、それでは足りない場合は光回線などにするのをおすすめするよ。

持ち運びWiFiのデメリット③「パソコンやPS4などのオンラインゲームには不向き」

通信状況や行うゲームによりますが持ち運びのWiFiは不向きです。オンラインゲームは「Ping値」が重要になっています。Ping値とはサーバー間で行われる情報伝達の「往復時間」です。例えばドラゴンクエストを行っていて、メラを出したとしたら、そのコマンドをゲームサーバーに送られます。そのコマンドに対してレスポンスが返ってくる。速度が光回線より早いこともありますが、この「Ping値」はどうしても遅くなりがちなので、がっつりゲームを楽しみたいという人は光回線をえらんでいたほうが無難でしょう。

WiMAXでPS4(PS5)やニンテンドースイッチなどのオンラインゲームを快適に遊ぶことは可能?おすすめのネット回線も紹介!

とよ
何を重要視するかだと思うよ。

持ち運びWiFiのいい所は、何といっても自宅に縛られず利用ができるところ。ですのでスマホの通信量対策やパソコンなどの機器を外出先で利用ができます。

もしお仕事などで電車などでの移動が長かったり、自宅にいる時間より外でも時間が多かったりする場合などで、自宅に回線を引いたとしても利用する時間が限られてしまいます。であれば、家に縛られない持ち運びができるWiFiがおすすめです。

反対に最近はテレワークなどで働き方も変わりつつあります。そして、ネットフリックスやAmazonプライムなどのFODサービスの利用者も増えたので、映画などを多く見る人も増えました。もしそのような場合は固定回線、光の方が良かったりするのかもしれません。ご自身の用途を見極めてご判断してみてください。

WiMAX以外の無制限の持ち運びWiFiって実際はどうなんだろ?

速度は150Mbpsが一般的

WiMAX以外の無制限の持ち運びWiFiって実際はどうなんだろ?

どんなときもWi-Fiは新規受付STOP

新規受付を停止中です。立て直しを期待したいところです。

どんなときもWi-Fiは新規受付STOP

THEWIFIの速度低下について

データ通信の速度低下が発生している問題があるので改善策を施している状況となっています。

THEWIFIの速度低下について

どんなときもWi-Fiを利用していた人がこんなことを言っていました。

「全然使えなくなって、WiMAXに変えたい」

「回線速度自体は満足しているわけではないけど、まーなんとかなる」

とよ

クラウドSIMを利用しているサービスは今回の外出規制により、軒並み回線のトラフィックがあがり、速度低下をしてしまったんだ。どんなときもWi-Fiはいまだ新規受付は行っていないのよね。無制限としてうたうのはユーザーを集めるにはメリットにはなるんだけど、3日10G制限などをかけていないと制御が効かなくなりキャパをこえてしまうんだ。その意味でWiMAXは専用回線としてインフラを整えていることや3日10GB制限で過剰利用をおさえることで回線の品質を守っているいるんだよね。あとは現在利用しているユーザーは速度は適度って言っていたよ。その意味でもWiMAX回線がどれだけ良いかが分かるはずなんだ。

安くても、無制限でも、使えなくては意味がない。そんな考え方もあるよね。

今回の外出自粛やテレワークなどは契約数が伸びた反面、トラフィックが増大するかねあいでクラウドSIMを活用したタイプのWiFiルーターの弱みが表に出てしまったね。

とは言え、あくまでサービスの弱み部分が出てしまったということで、現在もすべてのサービスの新規受付をしていないわけではないので、気になるのであれば詳細記事もあるから見てみてね。

持ち運びのWiFi データ通信量 詳細ページを見る
どんなときもWiFi 無制限 詳細へ
THEWIFI 無制限 詳細へ
よくばりWiFi 無制限 詳細へ
縛りなしWiFi 端末による 詳細へ
無限WiFi 無制限 詳細へ
限界突破WiFi 無制限 詳細へ
FUJIWiFi 最大100GB 詳細へ
STARWiFi 無制限 詳細へ
ゼウスWiFi 無制限 詳細へ
ギガゴリWiFi 無制限 詳細へ(停止中)
メッチャWiFi 無制限 詳細へ
ネクストWiFi 無制限 詳細へ(停止中)

 

※各ページ修正や税込表記修正が追い付いてないなのもございます。

ほとんどのクラウドSIM利用サービスは新規契約を停止していたり、注意を促していたりします。

この現象は格安SIMなどでも同様に起きやすい問題で「回線レンタルの弱さ」が露呈したんだろうと思います

その点WiMAXは専用回線として安定度などは高いので安心して申し込みができますよ

まとめ

いかがでしたでしょうか

持ち運びのできるWiFi、無制限タイプでおすすめなのはWiMAXです。

あとはご自身が重要視することで選ぶとよいですね。

とにかくキャッシュバックを受け取って、安さ一番!

そんなあなたは>>GMOトクトクBBWiMAXキャンペーン対象ページへ

 

月額を安くして、さらに独自キャンペーン対象者は激烈にお得!

そんなあなたは>>BroadWiMAXキャンペーン対象ページへ

 

とにかく面倒は嫌だ!

そんなあなたは>>カシモWiMAXキャンペーン対象ページへ

 

短期利用だから契約期間短いのが良い!SIM単体契約もOKプロバイダがいい

そんなあなたは>>BIGLOBE WiMAX 2+カシモWiMAXキャンペーン対象ページへ

WiFiランド編集部
カフェ

■WiFiランド編集部メンバー(とよ・ユメコ・まっすー)
記事は(とよ・ユメコ)が中心に書いています。僕が書いていなくても吹き出しで参加したり監修していたりするよ^^
まっすーは裏方で、ほかのメンバーも複数いるんだ。

WiFiランドは家電量販店歴18年(主にパソコン・インターネット回線・スマホ)のトヨが初心者から上級者、学生から高齢者まで8万件を超える接客をしてきた経験をもとに発信をしているサイトです。

≫≫とよの自己紹介はこちら

Twitterやインスタのフォロー待ってるよ!そこからのメッセージとかもOKなのでジャンジャン送ってね。
それとYouTubeも始めることにしたよ♪
「※まだ準備中なのでしばらくお待ちください!」
あまり表にでるタイプの人じゃないから緊張するけど、勇気振り絞って頑張るとするので応援よろしくね!

ABOUTこの記事をかいた人

見てくれてありがとう! この記事は僕(とよ)が書いているよ。
Twitter、インスタのフォローしてね。
要望や問い合わせなどもTwitter、インスタ経由でもOK♪
それと、YouTubeも不慣れながら始めることにしたよ! 気になるコンテンツとかがあったら登録してね♪