国内旅行・帰省のときには大容量のWiFiレンタルが便利!数日の短期間でも利用可能!

※当サイトで取り扱っている情報については、料金やキャンペーンなどを含め急に内容が変更になる場合があります。必ず各社公式サイトで最新の情報を確認するようにしてください。

「国内旅行をする予定だけど、宿泊先にWiFiがない」

「帰省するつもりだけど、実家にWiFiがない」

このように、国内旅行・帰省先にWiFiがないケースは意外と多いかもしれません。

そんなときはポケットWiFiのレンタルが便利です。

初期費用や解約金・違約金はかからず、レンタルした日数分だけ料金を支払えばいいため、とくに半年未満の短期利用では安く済みます。

ここでは「国内旅行や帰省でポケットWiFiが役立つシーン」や「WiFiレンタルの特徴」などを解説していきます。

 

国内旅行や帰省でポケットWiFiが役立つシーン

国内旅行や帰省では、車の移動中や宿泊先、観光中などさまざまなシーンでポケットWiFiが役立ちます。

車の移動中

車での移動中は、家族や友人など同乗者が暇つぶしに動画をみたり、ゲームをしたりすることも多いですよね。

移動が数時間に渡る場合、ポケットWiFiがあるとデータ容量を気にせずインターネットを利用できるため便利です。

宿泊先

最近はWiFiを完備しているホテル・旅館も増えてきています。

それでも地方にはインターネット回線のない宿もまだまだ多い印象です。インターネット回線があっても有線LANのみといったケースもあります。

宿泊先にWiFiがない場合も、ポケットWiFiがあれば複数人で自由にインターネットを利用できます。

帰省先

実家にインターネット回線がない、あっても有線LANのみでWiFiを使えないといったケースは多いかもしれません。

また実家にWiFiがあっても「兄弟家族が跡をとっているとSSIDやパスワードを聞きにくい」という声もあります。

帰省するときにはポケットWiFiを用意しておくと、気兼ねなくインターネットを使えて便利です。

帰省先でも仕事をしたい方、動画視聴やゲームを心置きなくしたい方は念のためポケットWiFiを持っておくと安心でしょう。

観光中

観光中はフリーWiFiを使う方法もありますが、WiFiがない場所もあります。

また「フリーWiFiはセキュリティが不安だからあまり使いたくない」という方もいるかもしれません。

ポケットWiFiを持っていれば、エリア内ならどこでも安全にインターネットを利用できます。

観光中に地図アプリでルート検索をしたり、写真を撮って共有したりするときにも便利です。

 

スマホのギガ数を短期間だけ上げるのはあまりおすすめできない

スマホのギガ放題プランを契約している方は、国内旅行・帰省中にスマホを活用するのもアリです。

ただ、スマホの契約ギガ数が少ない場合、プラン変更やギガの追加に以下のような注意点があります。

短期間だけスマホのギガ数を上げる場合の注意点
  • プラン変更は翌月1日からの適用となるケースもある
  • プラン変更で違約金が発生する場合がある
  • ギガを追加する方法もあるが、1GBあたり1,000円など割高

スマホのギガ数が少ない方は、プラン変更やギガの追加ではなく、ポケットWiFiレンタルを別に利用した方が費用を安く抑えられることも多いです。

 

外出先でWiFiがなくて困った人の声

→国内旅行の宿泊先でもWiFiがないケースは意外とあるようです。

→新幹線や飛行機にはWiFiがあることも多いのですが、フェリーにはWiFiがない場合もあるようですね。

→実家にWiFiがないというのはよくある話ですね。

 

短期の国内旅行や帰省なら、年間契約ではなくWiFiレンタルがおすすめ

半年未満など短期の国内旅行・帰省なら、年間契約でなくWiFiレンタルの利用がおすすめです。

費用を抑えて利用できる

WiFiレンタルの料金は「ルーターを受け取ってから返却するまでの日数分」です。

初期費用や解約金・違約金などがかからないため、とくに半年未満の短期利用では費用を大幅に抑えて利用できます。

家族や友人みんなでインターネットを利用できる

WiFiレンタルで取り扱っているルーターには、同時に10台など多くのスマホ・PCを接続できるものもあります。

無制限プランや大容量プランを選べば国内旅行・帰省の同行者みんなでインターネットを利用でき、経済的です。

端末は最短当日発送

WiFiレンタルには申込をした当日に端末を出荷してくれるレンタル会社もあります。

当日発送なら最短翌日にはルーターが届くため、急いでいるときにも便利です。

旅行先・帰省先でも端末を受け取れる

WiFiレンタルの受取場所には自宅以外の住所も指定できます。

国内旅行先・帰省先でも受取ができるため、「到着してからWiFiがないことに気づいた」ときにも利用可能です。

空港受取やコンビニ受取に対応しているWiFiレンタルもあります。

宅配や郵送で返却できる

WiFiレンタルは郵送(ポスト投函)や宅配で返却できます。

端末と一緒に専用の伝票が同封されてくるため、返却時はルーターを梱包して伝票を貼るだけで済みます。

送料は受取・返却で合計1,000円程度です。

WiFiレンタルの会社では「レンタルWiFiどっとこむ」がおすすめ

WiFiレンタルのなかでは「レンタルWiFiどっとこむ」がおすすめです。

ソフトバンクの無制限プランがあり、ほかのレンタル会社より割安な料金で利用できます。

レンタルWiFiどっとこむの特徴
  • ソフトバンクの無制限プランがある
  • レンタル料金は1日450円~とほかのレンタル会社より安い
  • 15時までの申込で当日発送
  • ポスト投函で返却可能
  • 1日40円で端末補償に入れる
  • 手続き不要・通常料金で延長できる

とよ
今ならWiFiランド限定のキャンペーンで通常よりさらに安くレンタルすることができるから特におすすめだよ!

WiFiレンタルを利用する際の注意点

WiFiレンタルを利用する前に、利用上の注意点を確認しておきましょう。

旅行先・帰省先がエリア内かを確認してから申し込む

申込前には、国内旅行先・帰省先が対応エリア内かを事前に確認しましょう。

WiFiレンタルではWiMAXやLTE(ドコモ・au・ソフトバンク)の取り扱いがあります。

以下を確認して旅行先・帰省先に対応しているものをレンタルするようにしてください。

通信速度にこだわるならWiMAXを、地方・山間部ではLTEを選ぶのがおすすめです。

契約するデータ容量の目安

WiFiレンタルでは通常のポケットWiFiと同様、月ごとまたは日ごとの利用制限があります。

利用制限の例
  • WiMAX:3日で10GB(月最大100GB程度)
  • LTE:月に20GB・50GB・100GB・無制限など
  • クラウドSIM:月に100GBなど

この制限を超えて利用しても追加料金はかからないのですが、速度制限で通信速度が大幅に下がります。

WiMAXの場合は最短翌日には速度制限が解除されますが、LTEやクラウドSIMは月末まで速度制限が続くため注意してください。

 

データ容量の選び方

WiFiレンタルでデータ容量を選ぶときには、「動画視聴やビデオ通話をどの程度するか」を基準に選ぶのがおすすめです。

WiFiレンタルで契約するデータ容量の目安
  • 動画視聴やビデオ通話をあまりしない:月20GB以下
  • 動画視聴やビデオ通話を1日2時間程度する:月50GB以上
  • 動画視聴やビデオ通話を1日3時間以上する:月100GB以上
動画をたくさん見る予定なら、あらかじめ家でダウンロードしておくと通信容量を節約できます。

電波不良のときの対処法

WiFiの電波が弱いと思ったら、ルーターを窓際に置くといいでしょう。

電波は10m程度届くため、ルーターを窓際においてもスマホやPCは別の場所で利用できます。

国内旅行・帰省の期間が長い場合は、ルーター本体が正常に動作しているかをこまめにチェックしておくと安心です。

 

まとめ

国内旅行の宿泊先でもWiFiがないケースは意外とありますし、実家にWiFiがないというのもよく聞く話です。

国内旅行や帰省ではポケットWiFiをレンタルしておくと、車の移動中や宿泊先・帰省先、観光中も手軽な料金で大容量の高速通信ができます。

WiFiレンタルには以下のようなメリットがあります。

WiFiレンタルのメリット
  • 費用を抑えて利用できる
  • 年間契約のポケットWiFiと同じ回線を利用できる
  • 家族や友人みんなでインターネットを利用できる
  • 旅行先・帰省先でも端末を受け取れる
  • 宅配や郵送で返却できる

とくに半年未満の短期利用なら、年間契約ではなくWiFiレンタルを利用した方が費用を節約できます。

WiFiレンタルではWiMAXやLTE(ドコモ・au・ソフトバンク)を選べるため、通信速度にこだわるならWiMAXを、地方や山間部ではLTEをレンタルするといいでしょう。

国内旅行・帰省の期間が1カ月以上になる方や、よりつながりやすさにこだわる方は、ドコモ・au・ソフトバンクのLTEを自動的に切り替えて使える「クラウドWiFi」の検討もおすすめです。