SIMカードでWiMAXルーターを再利用をする全手順

SIMカードでWiMAXルーターを再利用をする全手順

※当サイトで取り扱っている情報については、料金やキャンペーンなどを含め急に内容が変更になる場合があります。必ず各社公式サイトで最新の情報を確認するようにしてください。

ゲコ吉
今はWiMAXの契約はしていないんだけど、WiMAXの端末は持っているんだよね。WiMAXのSIMだけの契約ってできるのかな?
とよ
できるよ!ゲコ吉さん同様に、WiMAXの端末を持っている人はSIMのみで考えている人は結構多いんだよね。以前まではWiMAXのSIMのみの契約は出来なかったんだけど、今はできるようになったんだ。

WiMAXや格安SIM(データ専用)でSIMカードのみ契約すると、手持ちのルーターを再利用できます。

手持ちのルーターを使えると、端末代がかからないため初期費用を大幅に抑えることが可能です。

ここではWiMAXのルーターを持っている方に向けて、「WiMAXと格安SIM(データ専用)のどちらのSIMカードを選んだほうがいいか」を解説してきます。

WiMAXと格安SIM(データ専用)で「SIMカードのみ」の契約内容を比較

まず、WiMAXと格安SIM(データ専用)の「SIMカードのみ」の契約内容を比較すると、主な違いは以下の通りです。

▼SIMカードのみの契約内容

 WiMAX格安SIM
(データ専用)
データ容量/
月額料金
月間無制限(3日で10GB)/
4000円程度
月3GB/
980円程度
通信速度
  • 下り最大440Mbps(一部エリアは1.2Gbps)
  • 上り最大75Mbps
  • 下り最大225Mbps程度
  • 上り最大25Mbps程度
回線の安定性比較的安定している混雑しやすく不安定
※キャリア回線の一部を借りて運営しているため
速度制限1Gbps程度
※3日で10GBを超えた翌日の18時~26時
200kbps程度
※データ容量を超えたら月末まで
※データ追加(0.5GB/500円程度)で解除可能
初期費用3000円程度3000円程度
解約金0円~0円~
※UQモバイル(データ専用)には無制限プランもありますが、下り・上り最大500kbpsと動画の視聴が難しいほどの低速です。月額料金も1980円~と安くないためおすすめしません。

WiMAXと格安SIMはどっちがお得?

WiMAXと格安SIM(データ専用)のどちらがお得かは、インターネットの利用度合いによって変わります。

▼格安SIM(データ専用)がおすすめ

  • 通信速度は遅くてもいい
  • 月7GBまでしか使わない

▼WiMAXがおすすめ

  • 通信速度は速いほうがいい
  • 無制限で使いたい

通信速度にこだわりがなく、月7GBまでしか使わないなら格安SIM

格安SIM(データ専用)の月額料金は月3GBで980円~です。データ容量は500MB(0.5GB):500円ほどで追加できます。

契約しているデータ容量を超えると月末まで200kbpsの速度制限がかかりますが、データ容量を追加すれば速度制限を解除できます。

月7GBまでの利用ならWiMAXより安く済むので、そこまでインターネットを利用しない方には格安SIM(データ専用)はおすすめです。

ただ、通信速度には注意が必要です。格安SIMの最大通信速度は下り225Mbps程度、上り25Mbps程度ですが、実際の利用でこの速度が出るわけではありません。

格安SIM(データ専用)はドコモやau、ソフトバンクの回線の一部を借りて運営しているのですが、最近は利用者が増えていて回線が混雑しやすく、通信速度は低下しやすい傾向にあります。

格安SIM(データ専用)では、UQモバイルの通信速度は比較的評判がいいです。

通信速度が速い回線を、無制限で使いたいならWiMAX

WiMAXの月額料金は3000円~4000円で、月のデータ容量は無制限です。

3日で10GBを超えると1Mbpsの速度制限があるものの、速度制限は翌日18時~26時の6時間だけで済みます。

WiMAXの最大通信速度は下り440Mbps(一部エリアは1.2Gbps)、上り75Mbpsで、格安SIM(データ専用)と比べると約2倍です。

最大通信速度はベストエフォート型なので、実際の利用でこの速度が出るわけではありませんが、下り440Mbpsの対応エリアであれば通信速度は安定している傾向です。

また多くのエリアが下り440Mbpsに対応しています。

通信速度が速い回線を月間無制限で利用したい方は、WiMAXを選ぶのがおすすめです。

WiMAXのルーターに格安SIMのSIMカードを入れて使える?

公式で認められているわけではありませんが、WiMAXのルーターに、格安SIMのSIMカードを入れて使うことは可能なようです。

条件としては、au系の格安SIMであること、ルーターが格安SIMの会社で動作確認済みの端末であること、SIMカードの大きさが同じであることの3点があります。

条件1. au系の格安SIMであること

WiMAXではau 4G LTEが使えるため、au系の格安SIMであれば使えるケースがあるようです。

au系の格安SIMにはUQモバイルやLINEモバイルなどがあります。

条件2. ルーターが格安SIMの会社で動作確認済みの端末であること

手持ちのルーターが、格安SIMの会社で動作確認済みであるかは事前に確認しておきましょう。

動作確認済みの端末は、格安SIMの公式サイトなどで確認できます。

動作確認済みでも必ず使えるわけではありませんが、利用できる可能性は高くなります。

条件3. SIMカードの大きさが同じであること

WiMAXや格安SIMのSIMカードにはnanoSIMとmicroSIMがあり、それぞれ大きさが異なります。nanoSIMの方が新しく、小さいです。

WiMAXのルーターに格安SIMのSIMカードを入れる場合は、どちらのSIMカードに対応しているかを確認し、同じ大きさのものを使ってください。

WiMAXのルーターに格安SIMを入れて使うことは、公式では保証されていません。そのため、条件を満たしても使えないケースはあるかもしれません。

またWiMAXのルーターに格安SIMを入れて運用してもあまりメリットがないため、とくにおすすめはしません。

WiMAXでSIMカードのみ契約し、手持ちのルーターに入れて使うとお得

手持ちのWiMAXルーターは、WiMAXプロバイダでSIMカードのみを契約して再利用するのが無難です。

通信速度にも期待できますし、インターネットをよく利用するなら料金面でもお得になります。

SIMカードのみで契約できるのはUQ WiMAXとBIGLOBE WiMAX

現在、SIMカードのみで契約できるのはUQ WiMAXとBIGLOBE WiMAXです。

2社を比較すると、以下のようになります。

 UQ WiMAXBIGLOBE WiMAX
月額料金
  • 3880円 【2年契約・自動更新あり】(解約金1000円)
  • 3880円 /26ヶ月目以降4050円 【2年契約・自動更新なし】(解約金1000円)
  • 4050円 【契約期間の縛りなし】(解約金0円)
  • 3980円【1年契約】(解約金1000円 ※2年目以降は0円)
契約事務手数料3000円3000円

SIMカードのみの契約だと、初期費用は契約事務手数料3000円で済みます。

どちらも解約金は基本的に1000円なので気軽に試せますが、BIGLOBE WiMAXは1年使えば解約金が0円になり、縛りがなくなるためより手軽です。

BIGLOBE WiMAXの月額料金は、UQ WiMAXの縛りなしプランより70円安い3980円なので、長期的に見てもお得になります。

BIGLOBE WiMAXならSIMカードの種類をnanoSIMとmicroSIMから選べる

現在、WiMAXのSIMカードにはnanoSIMとmicroSIMがあります。

それぞれのSIMに対応しているルーターは以下の通りです。

■nanoSIM(Ver.4)

・NECプラットフォームズ製
Speed Wi-Fi NEXT WX04
Speed Wi-Fi NEXT WX05
Speed Wi-Fi NEXT WX06
WiMAX HOME 01
WiMAX HOME 02

・HUAWEI製
Speed Wi-Fi NEXT W05
Speed Wi-Fi NEXT W06
Speed Wi-Fi HOME L01s
Speed Wi-Fi HOME L02

■microSIM(Ver.3)

・HUAWEI製
Speed Wi-Fi NEXT W01
Speed Wi-Fi NEXT W02
Speed Wi-Fi NEXT W03
Speed Wi-Fi NEXT W04
Speed Wi-Fi HOME L01
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14※(1)
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15※(1)

・NECプラットフォームズ製
Speed Wi-Fi NEXT WX03
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11※(1)
Speed Wi-Fi NEXT WX01※(1)
Speed Wi-Fi NEXT WX02※(1)

・シンセイコーポレーション製
novas Home+CA
URoad-Stick※(1)
URoad-Home2+※(1)

※(1) WiMAX通信がご利用できる端末です。WiMAXサービスは2020年3月31日をもって終了します。ご了承の上、ご利用ください。

引用:BIGLOBE WiMAX(公式サイト)

UQ WiMAXはnanoSIMしか取り扱っていませんが、BIGLOBE WiMAXではnanoSIMのほかにmicroSIMも取り扱っているので、手持ちのルーターが少し古い場合にも対応できます。

まとめ

WiMAXと格安SIM(データ専用)で迷ったら、以下のように選んでみてください。

▼格安SIM(データ専用)がおすすめ

  • 通信速度は遅くてもいい
  • 月7GBまでしか使わない

▼WiMAXがおすすめ

  • 通信速度は速いほうがいい
  • 無制限で使いたい

WiMAXでSIMカードのみを契約すると、手持ちのWiMAXルーターを再利用できてお得です。

BIGLOBE WiMAX はnanoSIMのほかにmicroSIMも取り扱っているため、古いルーターにも対応できます。

月額料金は3980円で、初期費用は契約事務手数料の3000円のみ、解約金も1000円と安いため、気軽に試してみるといいでしょう。