【分かる】それがだいじWi-Fiはこれを読めば丸わかり|リアルな口コミや評判を大公開!

【分かる】それがだいじWi-Fiはこれを読めば丸わかり|料金やキャンペーン、評判や口コミ!

※当サイトで取り扱っている情報については、料金やキャンペーンなどを含め急に内容が変更になる場合があります。必ず各社公式サイトで最新の情報を確認するようにしてください。

それがだいじWi-Fiは、月額料金がほぼ最安値のクラウドWi-Fiです。

多くのクラウドWi-Fiではレンタル端末を使用しますが、それがだいじWi-Fiの場合は実質無料で端末を購入できる点も魅力です。

  • 大容量「月100GBプラン」がある
  • 月額料金はほぼ最安値
  • ルーター端末は購入型で、実質無料
  • 海外でも利用できる
  • 初期契約解除の対象になる

ここでは、それがだいじWi-Fiの特徴や料金、メリット・デメリット、口コミ・評判などを解説していきます。

それがだいじWi-Fiとは?


出典:それがだいじWi-Fi(公式サイト)

それがだいじWi-Fiとは、ソリューションネットワーク株式会社が提供しているクラウドWi-Fiです。

ソリューションネットワークは2007年に設立された会社で、東京都豊島区に本社が、福岡県福岡市に支社があります。

電気通信事業やMVNO事業のほか、情報処理サービス業、情報提供サービス業などの事業も行っています。

10/11放送のテレビ神奈川【TiARY TV】でそれがだいじWiFi紹介

ゲコ吉
うんうん、動画は分かりやすいね。

それがだいじWi-Fiが使えるエリアはここ!

それがだいじWi-Fiで使われているクラウドWi-Fiは、ドコモ・au・ソフトバンクのLTE回線からその都度、最適な回線を自動的に選んで接続します。

使えるエリアはドコモ・au・ソフトバンクのLTEエリアです。

LTEは以下のように、WiMAXより広範囲のエリアをカバーしています。

▼それがだいじWi-Fiが使えるエリア(例:ソフトバンクのLTEエリア)

出典:ソフトバンク(公式サイト)

▼参考:WiMAXエリア

出典:UQ WiMAX(公式サイト)

とくに都市部から離れた場所は「WiMAXは使えないけど、LTEは利用可能」という場合もあります。

LTEはWiMAXより障害物に強く、室内や地下でも繋がりやすい傾向にあるのも魅力です。

それがだいじWi-Fiは快適に使える?速度に問題はないの?

それがだいじWi-Fiの最大速度は、下り150Mbps、上り50Mbpsです。

それがだいじWi-Fiだけでなく、クラウドWi-Fiを利用しているところはすべてこの速度となっています。

WiMAXは最大速度が下り1Gbpsなので、最大速度で比較すると、それがだいじWi-FiはWiMAXに劣ります。

ただ、最大速度はあくまで目安です。実際の通信速度は利用環境や回線の混雑状況、利用端末によっても変わります。

一般的に、通信速度は20Mbpsあれば問題なく通信できるので、それがだいじWi-Fiの速度であれば十分快適に利用可能です。

速度制限はある?

それがだいじWi-Fiの「100GB保証プラン」では、データ通信量が月100GBを超えると、月末まで最大384kbpsの速度制限があります。

WiMAXのような「3日で10GB」といった日ごとの速度制限はないので、月のデータ容量を超えないように気をつければ快適にデータ通信ができます。

ただ「著しく大容量の通信を行った人には、速度制限や利用制限を課す場合がある」とのことなので、短期間の極端な大容量通信は避けた方がいいでしょう。

ちなみに、速度制限中の384kbpsの速度でできることは以下の通りです。

▼384kbpsでできること(目安)

  • テキストベースのサイト閲覧
  • テキストメール
  • LINE、YouTube視聴(240p)
  • Twitter
  • Amazon Prime Music
  • ニュースアプリ
  • ラジオアプリ

もちろん速度制限中は低速になりますが、ある程度のデータ通信は可能です。

それがだいじWi-Fiの料金プランは「100GB保証プラン」


出典:それがだいじWi-Fi(公式サイト)

2020年10月現在、それがだいじWi-Fiの料金プランは「100GB保証プラン:月額料金3250円」です。

途中で料金が上下することはなく、ずっとこの料金で利用できます。

「100GB保証プラン」は無制限プランではないものの、月100GBあればYouTubeの標準画質を約200時間、視聴可能です。1日あたりで計算すると、6時間以上視聴できることになります。

▼100GBでできること(目安)

  • YouTube(標準画質)の視聴:約200時間
  • LINEのビデオ通話:約300時間
  • サイト閲覧(Yahoo!トップページ):約23万回
  • テキストメール:約2000万回
  • Google MAP:約8万回
出典: DTI(公式サイト)
出典: WiFiレンタル屋さん

月100GBは結構な大容量で、通常の使い方をする人にとっては無制限に近いです。

当初は無制限プランの多かったクラウドWi-Fiですが、利用者急増による通信障害などもあり、現在は多くが月100GBなどの大容量プランに変更しています。

それがだいじWi-Fiの端末補償オプション

それがだいじWi-Fiには「Wi-Fi安心サービス:月額400円」という端末補償オプションがあります。

オプションに加入していれば、ルーター端末の故障・水濡れ・紛失・盗難などがあった際に、2000円を支払うだけで別のルーター端末と交換できます。

オプション未加入の場合、ルーター端末の再購入費用は2万4000円と高いので、心配な方はオプションに入っておくといいでしょう。

オプションに加入できるのは契約時のみです。

途中から加入はできないため、迷うようならとりあえず加入しておき、いらないと思ったら外すのがオススメです。

それがだいじWi-Fiの初期費用

それがだいじWi-Fiの初期費用は、「事務手数料:3000円」のみです。

ほかに端末代や送料などの支払いは発生しないので、気軽にはじめられます。

それがだいじWi-Fiの契約解除料・違約金

それがだいじWi-Fiの解約金は4500円です。

それがだいじWi-Fiの契約期間は2年で、以降は2年ごとの自動更新となります。

更新月(契約満了月の翌月)に解約すれば解約金はかかりません。

それがだいじWi-Fiの支払方法

それがだいじWi-Fiの支払方法はクレジットカード払いのみです。

口座振替やデビットカード、プリペイドカードは受け付けていません。

ポケットWiFiで口座振替ができる、おすすめの9社を解説!

ポケットWiFiで口座振替ができる、おすすめの9社を解説!

2020年10月19日

それがだいじWi-Fiで購入できるルーター端末のスペック

それがだいじWi-Fiで取り扱っているルーター端末はU3です。

 U3
本体
最大通信速度下り150Mbps
上り50Mbps
バッテリー容量3,000mAh
重さ約125g
大きさ126mm×66mm×10mm
対応SIMクラウドSIM
同時接続台数10台
連続通信時間最大12時間
無線LAN規格IEEE 802.11b/g/n
通信方式(バンド)
  • LTE-FDD:1/2/3/4/5/7/8/9/12/13/14/17/

18/19/20/25/26/28/29/30/66/71

  • LTE-TDD:34/38/39/40/41(194M)
  • WCDMA:1/2/4/5/8
  • GSM:850/900/1800/1900

参考:それがだいじWi-Fi(公式サイト)

ほかの会社はU3のほかにU2s、JT101などの取り扱いもありますが、このなかではU3がもっとも高性能です。

ルーター端末は申込から2~4日で届く

それがだいじWi-Fiでは申込後、最短で翌日に端末を発送してくれます。

端末が届くまでの日数は、申込から2~4日程度です。

商品はいつ届きますか?

お申込後、最短で2~4日程度でのお届けとなります。

お届けする地域により到着日が異なります。

引用:それがだいじWi-Fi(公式サイト)

契約特典:新刊雑誌14誌や漫画無料読み放題1万冊『ビューン@サービス』詳しくは公式ページで!

それがだいじWi-Fiのメリット

それがだいじWi-Fiのメリットは以下の4点です。

  • 月額料金はほぼ最安値
  • ルーター端末は購入型で、実質無料
  • 海外でも利用できる
  • 初期契約解除の対象になる

内容を簡単に見ていきましょう。

月額料金はほぼ最安値

それがだいじWi-Fiの月額料金は、クラウドWi-Fiのなかでもほぼ業界最安値です。

通信費用を抑えたい人にオススメのWi-Fiです。

ルーター端末は購入型で、実質無料

それがだいじWi-Fiではルーター端末を購入して使うため、解約しても返却の必要はありません。

ルーター端末が手元に残るので、解約後にほかの会社のSIMカードを入れて使うことも可能です。

端末代は「月1000円×24回払い」ですが、毎月値引きがあるため実質無料です。

海外でも利用できる


出典:それがだいじWi-Fi(公式サイト)

それがだいじWi-Fiは海外でも利用可能です。

海外で利用する際も特別な手続きは不要で、端末をもっていくだけでそのまま使えます。

海外利用料金も「1日500MB:900円」「1日1GB:1200円」と割安です。

世界134ヶ国に対応しています。

初期契約解除の対象になる

それがだいじWi-Fiは初期契約解除の対象となります。

「使ってみたら繋がらなかった」という場合も、「商品到着日を含めて8日以内」に電話で申告すれば、解約金を支払うことなく契約解除ができます。

それがだいじWi-Fiのデメリット

それがだいじWi-Fiのデメリットは以下の4点です。

  • 初月の月額料金は日割りにならない
  • 契約後は料金プランを変更できない
  • 何年使っても、更新月以外に解約すると解約金がかかる
  • 2年以内に解約すると端末代がかかる

内容を確認していきましょう。

初月の月額料金は日割りにならない

それがだいじWi-Fiは初月の月額料金が日割りになりません。

月途中で申し込んでも1ヶ月分の月額料金がかかります。

開通を急いでいない人は、申込時に備考欄へ「翌月利用開始希望」と記入しておくのがオススメです。

「翌月利用開始希望」と書いておけば、月途中の申込でも翌月1日から利用開始ができるので、通信費を節約できます。

契約後は料金プランを変更できない

それがだいじWi-Fiは契約後に料金プランの変更(端末の変更)ができません。

現在、申し込める料金プランは1種類なので問題はありませんが、今後、新しい料金プランができてもプラン変更はできないと考えられます。

何年使っても、更新月以外に解約すると解約金がかかる

それがだいじWi-Fiは2年契約の自動更新です。

そのため何年使っても、更新月(契約満了月の翌月)以外に解約すると解約金4500円がかかります。

それがだいじWi-Fiの解約金は安いためさほど気にならないかもしれませんが、解約金を支払いたくないという人は、「2年使えば解約金0円」のTHE WiFiなどを選んでもいいでしょう。

2年以内に解約すると端末代がかかる

それがだいじWi-Fiはルーター端末が実質無料です。

しかし実質無料なのは毎月割引があるためで、内訳では「月1000円×24回払い」の分割払いとなっています。

そのため、2年以内に解約すれば、解約金4500円に加えて「1000円×残った月数」の端末代の残債を支払う必要があります。

短期で解約する可能性があるなら、どこよりもWiFiなどの端末レンタル型の会社を選んだ方がお得な場合もあります。

それがだいじWi-Fiの問い合わせ先

それがだいじWi-Fiの問い合わせ先は以下の通りです。

公式サイトの「よくあるご質問」を確認してもわからないことがある場合は、電話で問い合わせてみるといいでしょう。

それがだいじWi-Fiの問い合わせ先

050-3733-6446

営業時間:10時~18時

※土日祝日・年末年始、指定休日を除く

出典:それがだいじWi-Fi(公式サイト)

【口コミ・評判】それがだいじWi-Fiは実際どう?

それがだいじWi-Fiの評判を調べてみました。

口コミ数は多くありませんでしたが、通信速度やサポート対応に満足している人が多い印象です。

まとめ

それがだいじWi-Fiには以下の特徴があります。

  • 大容量「月100GBプラン」がある
  • 月額料金はほぼ最安値
  • ルーター端末は購入型で、実質無料
  • 海外でも利用できる
  • 初期契約解除の対象になる

それがだいじWi-Fiは「端末はレンタルではなく購入したい人」「月額料金を安くしたい人」にオススメのクラウドWi-Fiです。

契約特典:新刊雑誌14誌や漫画無料読み放題1万冊『ビューン@サービス』詳しくは公式ページで!