【WiMAX +5G対応ルーター】Speed Wi-Fi HOME 5G L12の実力とは?Speed Wi-Fi HOME 5G L11との比較でどっちを選ぶべきかを解説。

回線速度では光回線に引けをとらない、工事いらずで簡単にインターネット回線が引くことができるホームルーターの選択肢が一つ増えます。

NEC
NEC5G対応ルーターで最新ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」が2021年11月上旬に発売予定。

現行で発売されているSpeed Wi-Fi HOME 5G L11と比べて「なにが違う?」「L12の発売をまった方がよいのかな?」と迷うかたもいらっしゃると思います。

今回、この記事では現行の「L11」とこれから発売が予定されている「L12」の特徴や性能比較をして、どっちを選ぶべきかなどについて紹介します。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の性能

L12とL11性能比較
製品名

Speed Wi-Fi HOME 5G L12

Speed Wi-Fi HOME 5G L11

メーカーNECZTE
発売2021年11月上旬2021年8月6日
対応ネットワーク5G(sub6/NR化)
・4G LTE
・WiMAX 2+
通信速度(下り)2.7Gbps
最大同時接続数42台32台
有線ポート1000BASE-T/100BASE-TX 2ポート
無線規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz/5GHz)【Wi-Fi6対応
ストリーム(アンテナ数)4×44×4
OFDMA×
TWD
バンドステアリング未調査
重量約446g599g

新しいSpeed Wi-Fi HOME 5G L12は五角形の形状をしており、いままでのホームルーターと異なるデザインとなっています。

L11の性能と比較するといくつか優位点があります。

5G対応で通信速度は同じですが、L12は通信の効率化がなされているのでWi-Fi接続に大きな差が出てきます。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12にあって、Speed Wi-Fi HOME 5G L11にないもの

L12とL11の違いについて紹介していきます。

ストリーム数(アンテナ)

まず重要視するのがこのストリーム数、つまりアンテナの数です。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12は4ストリーム(4×4)となっています。

出典:UQWiMAX公式

4×4というのは送信アンテナと受信アンテナの数が4つあるよ!ってことです。

この数がある方が通信効率が高くなります。

とよ
違うものに例えますが、水槽に水が入っているとします。そこの水を排水する際、排水溝は2本より4本のほうが早いですよね。余計わかりづらくなったかな(笑)

複数台接続も遅延の少ないOFDMA対応

通信の仕組みもどんどん進化しており、最先端の無線通信技術です。

出典:buffalo公式

 

とよ
この技術は電波が重ならないように伝達する仕組みで、重なった波形だとお互いを邪魔しあって伝達効率が… つまり、良くなるってことです(笑)

ちなみに同じWi-Fi6対応だからと言ってすべてOFDMA対応というわけではありません

今回NECから発売されるWiMAX5G対応の持ち運び用のモバイルルーター、Speed Wi-Fi 5G X11はOFDMA非対応です。

≫≫Speed Wi-Fi 5G X11の実力とは?SCR01との比較でどっちを選ぶべきかを解説。

そのことをTwitterでも発信しているので参考までに入れておきますね。

その点、今回のホームルーターであるSpeed Wi-Fi HOME 5G L12はWi-Fi効率が優れています

 

TWT(Target Wake Time)技術で、接続デバイスのバッテリーが長持ち

これはWi-Fi6に基本として搭載されている技術なのでL11、L12ともに対応しています。

新たに登場した技術「TWT(Target Wake Time)」は、Wi-Fiルーターから接続端末に通信するタイミングを自動調整し端末の余分な接続デバイスのバッテリー消費を減らせます。

とよ
接続デバイスがWi-Fi6かつTWTに対応していることが前提となります。ただ、TWT対応スマホであることとのことなんですが、スマホを見てもそのような表記がないんですよね。これがWi-Fi6はすべてTWTに対応しているのか、それともWi-Fi6に対応していてもTWTに対応していないものもあるのか?もし、わかる方いらっしゃったらコメント頂けると嬉しいです。

バンドステアリングは空いている周波数帯を自動に選択する機能

混雑していない周波数帯にパソコンやスマートフォンからの接続を自動で振り分ける機能です。

また5GHz帯と2.4GHz帯で別々になっていたSSIDや暗号キーを一つにまとめられますので設定が楽になります。

その際はWi-Fi接続デバイスは2.4GHz/5GHz対応かつ802.11vの対応が必要になりますが、現在売られているPCやスマホのほとんどが双方に対応しているので、

よほど古い機種でない限り問題はないと思います。

補足
OFDMA・TWT・バンドステアリングを利用するには、受信側の端末も対応している必要あり

「L11」「L12」どっちを選ぶべきなの?

内容は見ての通りでL12に分があります。

だからと言ってL12を選ぶべきということではありません。

優劣をつけるならL12が良いでしょうが、

正直L11でも利用してみた僕としては全然速度も速く快適なので問題はないように思います。

 

考えなければならないことは、

発売時期

発売時期が11月ということなので先になります。

なので、急ぎの方はL11に、待てる方はL12にするとよいでしょう。

まとめ

ご覧いただいたように、

Speed Wi-Fi HOME 5G L12は通信効率が良くなっております。

もし待てる方は待ってもいいかもしれません。

 

ただ、注意しなくてはならないことはキャンペーン内容です。

発売後すぐにキャンペーン内容が良くなるということはありません。

 

WiMAXは以前よりメーカーの端末キャンペーンを変えながら、販売コントロールをしています。

なので、最初はキャンペーン内容が良いのはL11。そして徐々にL12にシフトしていくみたいな感じになっていきます。

 

なので、重要なのはいつから使いたいか?

ここが一番重要なところになるんではないでしょうか。

更新日付が最終情報となっておりますのであらかじめご了承くださいませ。各公式ページでご確認お願いいたします。

WiFiランド編集部
カフェ

■WiFiランド編集部メンバー(とよ・ユメコ・まっすー)
記事は(とよ・ユメコ)が中心に書いています。僕が書いていなくても吹き出しで参加したり監修していたりするよ^^
まっすーは裏方で、ほかのメンバーも複数いるんだ。

WiFiランドは家電量販店歴18年(主にパソコン・インターネット回線・スマホ)のトヨが初心者から上級者、学生から高齢者まで8万件を超える接客をしてきた経験をもとに発信をしているサイトです。

≫≫とよの自己紹介はこちら

Twitterやインスタのフォロー待ってるよ!そこからのメッセージとかもOKなのでジャンジャン送ってね。
それとYouTubeも始めることにしたよ♪
「※まだ準備中なのでしばらくお待ちください!」
あまり表にでるタイプの人じゃないから緊張するけど、勇気振り絞って頑張るとするので応援よろしくね!

ABOUTこの記事をかいた人

見てくれてありがとう! この記事は僕(とよ)が書いているよ。
Twitter、インスタのフォローしてね。
要望や問い合わせなどもTwitter、インスタ経由でもOK♪
それと、YouTubeも不慣れながら始めることにしたよ! 気になるコンテンツとかがあったら登録してね♪