マンションのWi-Fiは遅い?マンションのインターネットの豆知識!

※当サイトで取り扱っている情報については、料金やキャンペーンなどを含め急に内容が変更になる場合があります。必ず各社公式サイトで最新の情報を確認するようにしてください。

マンションによってはWi-Fiがついていて、無料でインターネット使い放題という夢のような賃貸マンションがありますよね。

しかしよくよく口コミを見てみると、

「マンションのネットが遅すぎる!切れる!」

「一応繋がるけど遅い」

「無料マンションのWi-Fiが遅いので使えない」

というものもあるんですよね。

何故こういったことが起きるのでしょうか?

今回はマンションのWi-Fiの仕組みなどを交えながら何故遅くなったり切れてしまうのか、早くする速度解決方法も解説していきます。

Wi-Fi付きマンションを検討している方や、既に住んでいてやきもきしている方の参考になれば幸いです。

Wi-Fiつきマンションのネット環境が遅い理由

Wi-Fiつきマンションは気軽にインターネットを楽しめるので良いことばかりだと思いきや、中には「ADSLよりも低速だった!」という声も……。

何故なのでしょうか?

Wi-Fiつきマンションでインターネット速度が遅い理由は以下の5つです。

  1. 光回線をみんなで共有
  2. 光回線を各部屋に届けるケーブルが低速
  3. そもそもマンションが契約しているプロバイダが高速通信対応のものではない
  4. ルーターが古い
  5. 利用制限がある

それぞれどういうことなのか分けて解説しますね。

光回線をみんなで共有

結構ありがちな理由がこちらの「光回線をみんなで共有」です。

というのも、Wi-Fiつきマンションは部屋ごとに光回線を引いているわけじゃないので、マンションの全住民と1つの光回線をシェアという状態なんですよね。

いくら速い光回線でも、大勢でシェアして莫大な容量を必要とすればおのずと速度も落ちてしまいます。

光回線を各部屋に届けるケーブルが低速

またこちらもよくあるのですが、光回線を引いていたのに部屋に引き込むケーブルが電話回線(VDSL)のものを使用しているせいで、光回線をひいているのに低速!ということもあります。

途中までは容量の大きなケーブルなのに、途中から容量が少ないケーブルに切り替わっているせいで低速になるのです。

なので途中までは通信速度が1ギガ、2ギガなのにVDSLに切り替わることによって100Mbps前後の速度に変わってしまうことも……。

そもそもマンションが契約しているプロバイダが高速通信対応のものではない

そもそも契約しているプロバイダーの速度が遅ければ、通信速度が上がることはありません……。

契約しているプロバイダーが安いものだとこういうこともありえますから、何故安いのかはしっかり聞いておきましょう。

ルーターが古い

ルーターが古い場合、規格が古くて光回線を生かせない場合があります。

ルーターは入ってきた光回線を配る役割がありますから、配る方のスペックが低ければ小さくしか配ることができないのです。

ですからルーターが古い場合、買い替えることで解決する場合もあります。

利用制限がある

「途中から重くなった」

「インターネットが使えなくなった」

という方はこちらが理由かもしれません。

Wi-Fiつきマンションの中にはネット利用制限のある物件もあります

例えば月1.5ギガしか使えないというところもあって、そういったところは1.5ギガ使ってしまうと翌月まで使えなくなります。

1.5ギガは動画サイトを閲覧しているとすぐに超えてしまいますから注意が必要ですね。

超えても追加料金で利用可能な場合もありますが、それなら自分で利用無制限のモバイルルーターを購入した方が割安という場合もありますから制限があるかどうかはしっかり確認しておきましょう。

Wi-Fiつきマンションで遅すぎるインターネット速度解決方法

Wi-Fiつきマンションでインターネット速度にやきもきしたら、以下の方法で速度問題を解決できます。

  1. 障害が発生している場合は待つ
  2. 端末の再起動、ケーブルのチェック
  3. セキュリティソフトをチェック
  4. 許可をとって回線を変える
  5. モバイルルーターを利用する

こちらも分けて解説しますね。

障害が発生している場合は待つ

稀にですが回線事態に障害が発生していることもありますから、こういった時は回線会社の公式ホームページを見て障害が発生していないか確認してみましょう。

発生していれば待つだけで良くなりますので、できるだけ最初に行ってください。

端末の再起動、ケーブルのチェック

どんなルーターでもそうなのですが、端末を再起動するだけで状態が良くなることがあります。

なので電源を落としてコンセントを外し、しばらくしたらまた電源を入れるという工程を試してみてください。

「ケーブルがしっかり刺さっていなかった」というのもよくある話ですので、ケーブルがしっかり刺さっているかもチェックしてみてくださいね。

セキュリティソフトをチェック

中にはセキュリティソフトを複数入れていたり、セキュリティソフトが常に全開の動きをしていて重くなっていることもあります。

その場合は設定の見直しや一旦停止するなどすると速度が上がることもあります。

ただしずっと止めていると危ないので、一旦止めてもセキュリティソフトの設定の見直しをするなどして動いていても問題なく軽い状況に持っていくなどしましょう。

複数入れている場合はできるだけ1つのソフトに絞りましょう。

許可をとって回線を変える

プロバイダーに問題がある場合は、許可をとって回線を変えるのもありです。

ただし、インターネット環境の料金が管理費や共益費に含まれている場合がありますから、この場合は二重にインターネット料金を支払っているという事にもなるので要注意です。

Wi-Fiつきマンションに入居する前にここら辺はしっかりと確認しておきましょう。

モバイルルーターを利用する

固定回線に拘っていないのであればモバイルルーターを利用するのもアリです。

特に大容量ダウンロードやオンラインゲームなどをする予定がなければモバイルルーターでも問題なくインターネットを楽しめます。

ただしモバイルルーターにもいろいろありますから、しっかり選んで快適なインターネット環境を手に入れましょう。

まとめ

Wi-Fi付きマンションはとても便利で魅力的です!

遅いという口コミもありますが、しっかり選べば快適なインターネット環境を手に入れられますので、是非Wi-Fi付きマンションを選ぶ際は参考にされてください。

もし今から速度の速いストレスフリーのWi-Fi付きマンションを探したいと考えている時は、

  1. 通信速度はどれくらいか(最大1Gかどうか)
  2. 通信制限はあるのか
  3. ネットに不満があった場合は回線を後からつけられるのか
  4. 管理費や公益費にインターネット料金が含まれているのか

この4点を不動産屋さんに聞いてみると選びやすいかと思いますので是非活用してくださいね。