元販売員がdocomoのポケットwifiを徹底調査!

docomoは言わずと知れた携帯電話事業の大手です。

インターネット回線なら「ドコモ光」が有名ですが、持ち運んで使いたい、手軽に工事なしで使いたい方には、docomoにもWi-Fiルーターが存在します。

10年ほど前からルーターを発売しており、現在も2種類のWi-Fiルーターを販売しています。

※呼びやすくて馴染みのある「Pocket Wi-Fi(ポケットワイファイ)」も意味は一緒ですが、正しくはYahoo!mobileの登録商標なのでここではdocomo公式サイトに記載のある「Wi-Fiルーター」と呼びます。

格安スマホが認知されてきた世の中でもdocomo愛用者は多く、一番はじめに家族とデータをシェアする

「シェアパック」

を始めたのもdocomoですね。

  • 使っているスマホがdocomoなのでセットにしたほうがおトクそう
  • 3G時代から電波が強かったのがdocomoだから電波良さそう
  • 家族でシェアできそうだからルーターもdocomoかな…

など、様々な理由でdocomoのWi-Fiルーターが気になっている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、この記事ではdocomoのWi-Fiルーターについて解説致します。

ちなみに、docomoのWi-Fiルーターで制限なしで使えるルーターはありません。

どういう料金体系で、どんなメリットがあるのか、調べていきます。

docomoのWi-Fiルーターの特徴

docomoのルーターは現在2種類、

  • 110gと軽量な「N-01J」
  • 20時間のバッテリー持ちの「HW-01H」

を販売しています。

※お住いの地域や店舗状況などによってはこれより以前の端末の扱いがある場合もあります。

docomoの契約期間は2年間毎の自動更新が標準です。

“店頭に限り”2年縛りなしでも契約ができます。

しかし、ルーター本体の端末価格が20000円〜26000円ですので、「短期間だけ使いたい」という方に向いているサービスとは言えません。

ルーター本体の端末価格は、契約期間中は分割金と同額を月額料金から割り引くシステムになっているので、実質0円と言えます。分割は24ヶ月間ですので、それ以前に解約した場合は2年契約の解約金(9500円)に加えて端末の残債もかかります。

料金体系を除いて、全体の仕組み自体は通常のスマホなどと同じ仕組みになっています。

docomoのWi-Fiルーターの速度とエリアは?

docomoのWi-Fiルーターの電波は、スマホと同じLTEエリアに対応。

繋がるエリアが広いのが特徴です。

  • 複数の周波数帯を束ねて高速化するCA(キャリアアグリケーション)の導入
  • 2本のアンテナを4本に増やすことで4つのデータを同時に送受信し速度が向上する4×4MIMO
  • 新たな周波数帯3.5GHz(今の所提供している会社が少ないため混雑場所での利用に強い)

この3つのポイントによって高速化も進めています。

「N-01J」は最大788Mbpsですが、この最大速度は東名阪から順次対応。その他のエリアは370Mbpsでの提供です。

スマホと同じスピード感なので、有名どころのWiMAXの440Mbpsと比べても引けを取らない速度提供となっています。

docomoのWi-Fiルーターの料金体系は複雑…

docomoのWi-Fiルーターを契約する場合は、3つのパターンがあります。

  1. ひとりでdocomoスマホを使っていて、Wi-Fiルーターとデータをシェア
  2. 家族みんなdocomo、Wi-Fiルーターと家族でデータをシェア
  3. 単独でWi-Fiルーターを契約

docomoにはルーター専用のデータプランは存在しないので、スマホのデータをシェアするか、単独で契約の場合は、スマホのデータプランを基本料とともに支払う形になります。

※ずっとドコモ割という割引が存在しますが、契約年数によって割引金額が異なるため、ここでは割愛させていただきます。

1.ひとりでdocomoスマホを使っていて、Wi-Fiルーターとデータをシェア

ひとりでdocomoスマホを契約している場合は、上記のように、スマホとルーターのデータをシェアするオプションが追加できます。

現在のdocomoスマホの利用料金+1900円/月

1900円/月=データプラン(1200円/月)+moperaUシンプルプラン(200円/月)+シェアオプション(500円/月)

※2年縛り無しの場合は合計3200円/月

この費用が追加発生しますが、現在のスマホとルーター全体で使えるデータ量が増えるわけではありません。

ひとりでdocomoを利用されている方のパケットパックは上記の通り(月額合計はルーターを足した場合)ですので、かなり高い印象です。

また、ご覧の通り、最大でも30GBまでの契約なので、月間速度制限ナシはありません。

2.家族みんなdocomo、Wi-Fiルーターと家族でデータをシェア

家族がみんなdocomoユーザーで、すでにシェアパックを利用されている方がルーターを持つ場合、いまのデータシェアにルーターを追加することで利用ができます。

料金はひとりの場合と同じ料金の、

現在の家族のdocomoスマホの利用料金+1900円/月

※2年縛り無しの場合は合計3200円/月

同じくシェアするデータ量が増えるわけではありません。

家族でシェア中の方のパケットパックです。よくありがちなのが、ひとりの人がものすごくパケットを使ってしまい、家族全員で速度制限にかかるパターン…避けたいところです><

3.単独でWi-Fiルーターを契約

docomoユーザーでなければdocomoのWi-Fiを考えることはまずないと思うのですが、理由が

めちゃくちゃに料金が高いからです。

データSパックの容量は2GBですので、1GBあたりなんと2750円!!!

速度制限時の追加データ購入(一般的には1000円/1GB)より高い金額ですね…

docomoのWi-Fiのメリット・デメリット

docomoのWi-Fiルーターのメリット

  • エリアがdocomoのスマホと同じPREMIUM 4Gで広い
  • スマホとデータをシェアできる
  • 修理対応がdocomoショップで受付可能

docomoのWi-Fiルーターのデメリット

  • ルーターを持つだけで+1900円/月。データ量は増えない。
  • もはやデータパックを増やしてテザリングでいいのでは…
  • 料金が圧倒的に割高
  • 月間速度制限ナシがない

docomoのWi-Fiはこんな人にオススメ

docomoのWi-Fiルーターは、

  • 速度がPREMIUM 4Gで最大788Mbps
  • docomoスマホと同じエリア

という点が魅力ではありますが、

「どう考えても、どう見積もっても高い!!!」

「月間速度制限があると動画がたくさん見れない!!!」

これではテザリングの方がいいのでは…と思ってしまいますし、それでも、自宅の回線を全てスマホでまかなうのは無理があります。

利用の少ない方なら、

  • NEXT mobile(ネクストモバイル)の20GBプラン2760円/月

の方がオススメです。

  • 料金の安さ
  • 月間データ制限なし
  • サービスエリア
  • 品質・速度など

の総合的判断であれば、筆者もオススメしているWiMAXの方が快適で安く使えます。

よろしければ他の記事もご覧ください。

docomoのWi-Fiの口コミ

→あまり力を入れていないのかなぁ?と思ってしまいますね。

→端末代金が解約時にかかることが認識されていなかったのかもしれませんね…

→バッテリー持ちは重要ですよね!

 

Twitterを見る限り、あまりユーザー自体が多くない様子…

まとめ

docomoのWi-Fiルーター徹底解説いかがでしたでしょうか?

docomoはシェアパック方式なので、公式ホームページ上でも、わかりにくく、筆者自身も改めて店頭で聞きにいかないと訳がわからなかったほどです…

機種自体のスペックは魅力な部分もありますが、主に料金が割高なのが現状です。

もし、年数の経ったdocomoのWi-Fiルーターを利用されている方がいらっしゃれば、エスカレーター式に機種変更するのではなく、是非この機会に他のWi-Fiルーターも検討してみてください。大きな節約になる可能性大です。

ルーターの基礎知識として、この記事を参考にして皆様が快適なネットライフを過ごしていただければ幸いです。